読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

「から紅の恋歌(ラブレター)」は知れば知るほど切なく、愛おしくなるから2回以上見てほしい


今年も見てきました。

f:id:TM2501:20170417171428j:plain

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』公式サイト

 

・あらすじ

毛利小五郎が、百人一首の団体「皐月会」の会長と対談をすることになり、一行は大阪のテレビ局へ。
そこに、服部平次・遠山和葉の所属する開放高校のカルタ部員がテレビに出る関係で、和葉や平次とも一緒になる。

 

ところが、そのテレビ局が爆破される。
コナン・服部は事件の捜査へ、遠山和葉は爆破事件で負傷したカルタ部員の代わりにカルタ大会に出るように頼まれて思い悩む。

そこに、部員とライバルで、なおかつ服部平次とも因縁のある枚本未来子が出てきて、和葉を煽り立て、その成り行きでカルタ大会で勝ったほうが服部平次に告白する権利を奪い合うため、カルタ大会の特訓を始める。

 

・備考:久しぶりに、いつもとは違う脚本家

昔からのコナン映画の多くは古内一成さんという方が手がけていたが、この方が高齢で(今はお亡くなりになって)、今は櫻井武晴さんという人が担当することが多い。

 

でも、今回は大倉崇裕さんというミステリー作家が脚本を手がけている。

ちなみに、シナリオライターではなく、ミステリー作家側にかなりウェイトを置いている作家さんがコナンを手がけたのはベイカー街の亡霊以来。*1

 

作家さんならではのネタの細かさ、2回3回見たくなる凝った感じが出ているので、ぜひとも「いつもと違う感じ」を楽しんでほしい。

 

…いや、「いつもとは違う」けど、むしろ作品としては原点回帰してるのか…。

本来の、コナンはラブコメです。推理とアクションがおまけです。

再確認の意味も込めて言わせてもらうけど 、コナンはラブコメです。
特にコナンの映画は、初期のものほど面白いものほどラブコメです。

 

時計じかけの摩天楼、瞳の中の暗殺者、14番目の標的、世紀末の魔術師ぐらいまでは、事件の解決のピークとラブコメのピークがほぼおなじところに来たり、事件が終わっても恋の問題が片付かないと映画が終わらなかった。

 

 …そういう意味では、古きよきコナンファンが好きなコナン映画に原点回帰した作品こそが、今回の「から紅の恋歌」。

・事件が終わっても恋の問題が片付かないと映画が終わらないし、
・本当に死ぬんじゃないかという時になって、やっと主人公が恥ずかしくなるような本音を言ったり、
・事件の現場に居合わせたヒロインが、吊り橋効果でキュンと来ている時に本音をぶつけられて惚れ直したり、

…そういうシーンが要所要所でキチッと刺さる形で入ってきたから、見ていてとにかく気持ちがいい映画だった。

 

加えて服部平次特有のバイクのアクションや新一とは別の意味でのダサさ、蘭よりは露骨にヤキモチを焼いたり、はっきりと問いただす和葉との掛け合いがいい意味で活きてるから、「コナン×蘭ではやり尽くしたラブコメ展開」が新鮮に見えて良かった。

 

珍しく、推理も恋愛も同じテーマ(百人一首)で作り込まれてる

コナン映画にしては珍しく(下手したら、1回目の時計じかけの摩天楼以来となるぐらい久々に)推理要素とラブコメ要素が同じファクターで話が展開されていく。

 

推理要素としても百人一首が出て来るし、恋愛の方でも百人一首が出てくる。
特に恋愛の方で百人一首には恋の歌が多いことを蘭が引き合いに出して、恋バナを始める。

 

詩歌に詳しいブロガーさんが解説してくださっているので、もし興味がある人・映画を見終わってネタバレOKな人はよかったら読んでみてください。
【ネタバレ】「から紅の恋歌(ラブレター)」の和歌のまとめ+解説 - 魔法使いに向いてる

 

…もしもこれが、実際に何の前触れもなくやると死ぬほど恥ずかしいし、死ぬほどめんどくさいと思われるだろう。
でも、ちゃんと意味やタイミングが通る形でやると、本当に恋愛でやってみたい形で百人一首を応用して、話の中に盛り込んでいるため、キュンキュンしながら見させてもらったし、いつか映画みたいなことをやってみたい…と割りとマジで思った。

 

ただ、内容が全体的に詰め込みすぎだから1回で全部理解するのは難しい

僕は、子どもの頃大好きだったコナンの良さを、大人向けに作り込まれている作品だから、今回の映画には大満足している。

 

ただ、「人を選ぶ作品」だとは言っておかないといけない。

 

アクション、恋愛、推理(犯人のサイドストーリー)などどれをとっても、2回3回見る価値がある面白さだと思う。

ただ、全体的に詰め込みすぎているから、駆け足になったり、雑に見えるシーン、わかりにくいシーンも混じっている。

 

でも、駆け足だから「雑」かと言われると、「雑」に見える中に小ネタが詰まっていたりするから、侮れない。

 

映画として(百人一首の知識や舞台となってる場所の知識をつけてから)2回3回見る価値があるぐらいに面白いと同時に、2回3回見ることを前提に説明を少なくしたり、小ネタを詰め込んでいるようにも見える。

 

だから、1回見て満足できなかった人は2回3回見ても良いかも。

そして、その時に、昔のコナンの映画も見てから行くと、なおさら「そうそう、コナンってこういう作品なんだよ」と言いながら楽しめるからおすすめしたい。

 

 

 コナンを見るんだったら、huluがおすすめ。

 

日テレ系なので、他の動画見放題よりもコナンのTV版・劇場版ともに多く配信している。
特に、テレビ版のコナンをガッツリ配信している見放題サービスはhuluぐらいだから、テレビ版のコナンを見たい人にはおすすめ。

 

◆関連記事

【私選】名探偵コナン映画作品ランキング【ベスト10】

 今年の作品も含めて21作品のコナン映画をランキング方式で紹介してます。

名探偵コナン映画作品ワーストランキング 

 21作品の中でもベスト10入りしなかったコナンを紹介。本当に見るに耐えない作品もあるけど、惜しくもランク外になった意欲作も多数。

*1:そして、調べてみて気づいたのですが、彼ははてなダイアラーhttp://d.hatena.ne.jp/Muho/20170416