かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

【 #バチェラー 8話感想】恋の経験が浅い男には「本気の好き」と「依存の好き」の違いがわからない

スポンサーリンク

もう3回目になるバチェラーの感想…もとい、男目線での解説。

1回目:バチェラーから学ぶ「金持ち男がロリコン化する」理由 
2回目:【 #バチェラー 7話感想】男は表面的にはサディスト。でも潜在的にはマゾヒスト 

 

前回には、こんな嬉しい感想をいただきました。

【 #バチェラー 7話感想】男は表面的にはサディスト。でも潜在的にはマゾヒスト - かくいう私も青二才でね

毎週全話の感想文を書いて欲しいです(熱望)

2017/03/25 08:11

時間セレブという人気ブログの運営者で、「女子力強化」なんてカテゴリがあるようなブログをやってる人に、バチェラーの感想を読んでもらえているのは非常に嬉しいです。

 

そもそもバチェラーとは何ぞ?

バチェラーと呼ばれる一人の男性を25人の女性で奪い合う「恋愛リアリティショー」。
毎回1~3人づつの女性をバチェラーが落としていく。

 

元々は海外の番組だが、その日本版ということで、「バチェラー・ジャパン」という名前で呼ばれてます。

テレビではなく、アマゾンプライム会員のAmazonビデオの見放題で見られるコンテンツなので、アマゾンプライム会員に入っていない人はアマゾンプライムに入ってから御覧ください。

 

番組はこちら:バチェラー・ジャパン

 

 

今回は、

「男が女の子から嫌われているメンヘラ気質の子を選んでしまう理由」

について解説していきます。

 

バチェラーを見た人なら、もうわかると思いますが…今回のバチェラーでデートした女の子はメンヘラ気質の強い子が多いんですよ…。

女の子や恋愛経験がある子からすると「その子はいい子だけど、危ないよ」という子ばかりを優遇して、残っている女性の中でもかなりまともな人を切っている。

 

ただ…恋愛経験の薄い男はそういう女の子になびいてしまう。
…僕も僕で、そういう女の子といい関係になって恋愛を教えられた。
だから、「危ない子を選んでしまう気持ち」もわかるし、「危ない子を選ばずに済む方法」も説明できる。

そもそも、男は恋愛に何を求めているんだろう??

…一貫としているのは

「ここではないどこかへ連れて行ってくれる子・一緒に行ける子」

を求めていること。

 

そして、女の子が連れて行ってくれる世界はざっくりとこういうふうにレベル分けしてくれると思います。

ここで言うレベルは、女の子とつながりの濃ゆさ。
濃ゆく繋がれた経験があるほどレベルが高く、違う世界を見せてくれる。

 

レベル0(女子と話す)…同性と話すより、すこし意識する。

--------------コミュ力と縁の壁-------------------

レベル1(女友達)…女の子が当たり前のように利用してる食べ物・文化を味わうことができる

-------------面倒見の良さの壁--------------------

レベル2(友達以上彼女以下)…女の子からすご~く頼られる。ここで言う頼るは依存心またはビジネス。

-----------------思いっきりの壁-----------------

レベル3(肉体関係以上同棲以下)…肉体的な世界に興味が湧いてあれもこれも人の体で試してみたくなる。

------肉欲以外の女性らしさに気づく-------

レベル4(肉体関係なく、知己・信頼関係の繋がり)…自分にズバッと言ってくれる、男が思いつかないことを言う女性を大切にし始める。
一目置ける女性を素直に大事にできる。

----あなたにふさわしい人になりたい--------
レベル5(関係にかかわらず、本気で好きな子ができる)…その子またはその子が付き合えない場合はその子のいる世界に自分から歩んでいく。ふさわしい男になろうとする。
もし、自分がその子と繋がってるなら「その子のためになんでもしてあげたい」と常に思ってるし、行動に出てる。

自立した…ちゃんとした恋愛観を持ってる人は、4とか5…へたしたら僕がもっと知らない精神状態で恋愛している。

が、バチェラーはそんな高尚な番組ではないから、ここでは2,3について解説する

 

 

ただ、男の場合は、女友達に連れ回された経験がない・頼られたことや承認されたことがない時、人格的に信頼しあえる相手かどうかよりも、承認されたという形を求めて行動してしまう。

 

でも、承認や肉体や瑞々しさを求めているうちは…男の方から「本気で好きでいてくれる女の子」と、「好きとか嫌いとかじゃなくてただ依存したいだけの女の子」を区別することはできない

 

…この理論、男が聞く分には納得できると思う。

でも、女の子に説明するためには男が普段どんな生活をしてるかを説明せねばなるまい。

スタバ女子と同じ頻度でラーメンの写真ばかり上げるインスタ男子

男が一人で入りやすい飲食店って、ラーメン屋や牛丼屋やら

「炭水化物!肉!脂!マシマシ!!」

なものばっかりなんです。

 

女の子から見たら一人で入りづらいのは、男が普段いる「雑な店」「雑な食事」「ガッツリ」だから、連れていくと喜ばれることも多い。(そういう意味では、女の子にとっての男性も「(普段いる)ここではないどこかへ」連れて行ってくれる存在が男で、男友達や恋愛しないと味わえないことを求めているのよね…

 

でも、毎日食ってると、ラーメン食ってもありがたみがないんですよ…。

 

マシマシだろうが、魚介豚骨だろうが、黒マー油だろうが知ったこっちゃない!!
ラーメンはラーメンなんだよ…。

 

Instagramでは「違うもの食べてます」アピールしてても、女の子が食べてるカラフルな食事とはぜんぜん違うんですよ…。

そして、それは食事だけじゃなくて、オシャレも行く場所も全部女性の方が洗練されてるから女の子に連れ出されるだけで生活がみずみずしくなる。 

 

だから、男が女友達できると、女の子が行くところ、遊ぶところ、持ってるもの、話す話題…それら1つ1つが新鮮。

相手が美人かブスか以前に、まずそこが面白くて「女の子ともっと遊びたい」と思うところから、男はどっぷりとハマっていく。

 

つまり、男にとっての女の子は、「知らない世界への鍵」であり、「ここではない、どこかへ」連れて行ってくれる妖精なんです。存在が尊いんです!

それは、男とつるむと行くところが「普段B級だから行けないところに行くのが楽しい女の子」とは違う!
「女の子がいないとA級のところに、A級な生活に踏み入れにくい」男は、女の子と過ごすと世界がA級になるかもしれない…という希望がある!
そこが女の子が神聖化されてしまう大きな理由の1つになっている!!

 

 ましてや、A級な文化の住人から依存欲求で頼られたら、慣れてない男はイチコロ

女の子の文化や生活習慣や仕草に慣れてしまうと、「A級の文化の住人」とまでは思わなくなる。

…いや、自分もA級の場所に抵抗なく入れるようになるから男が普段の生活で立ち寄るB級な場所にそんなにコンプレックスを感じなくなる。そこに閉じ込められているような閉塞感・被害者意識もなくなる。

 

でも、意識しているうちは「A級の場所に出入りさせてくれる新世界の鍵であり、楽園を案内してくれる妖精」みたいな位置づけで女の子を定義してしまう。

 

そういう男と、メンヘラ気質な女の子は需要と供給が噛み合ってしまう。

男は自分よりハイカルチャーなことを教えてくれる、一緒に行ってくれる女の子を手に入れて、女の子は自分を裏切らないし呼んだら来てくれる男が手に入る。

 

すごい雑に言うと、お互いがお互い

「ちょろい!」

と無自覚に思いながらつながってるんですよ…。コンプレックスとコンプレックスで繋がっちゃってるから…。

 

しかも、メンヘラ気質な子の場合は「肉体的なこと」も【女の子が連れて行ってくれる世界】に含まれてくる。

文字通り体験がないことだし、体験があるほど人に自慢できることだから、ますます女の子の虜になる。

 

でも、ここに愛はない。

 

だって、相手のことが好きなんじゃなくて、依存してくれる女…もっと言えば、(女の子の世界を見たいという)好奇心を満たすためにそういう連れ回したり、おもちゃになってくれる女なら誰でもいい…ってだけ。

 

恋人ごっこ
エゴとエゴ、利害の一致。
女の子になれなかった男の変身願望スタンプラリー。

 

…呼び方はおまかせするけど、男がメンヘラ気質の女の子…依存欲求が強い女の子と繋がってしまう理由はそういうことだ。

 

好きなんじゃなくて、男って言うジェンダーが持ってるコンプレックスや足りなさを満たすためのスタンプラリーで、たまたま通りかかっただけ。

 

だから、多くのメンヘラ気質な女の子は恋愛や人付き合いを続けるのが下手
だって、通りかかっただけの男に依存しちゃうし、逆に頼られることに慣れてなくてそこから逃げ出したり、負担感を感じてしまうから「関係が瑞々しかった時」「一番面倒を見てくれた時」を求めて彷徨う。

 

甘えるのが上手な子って、「たまに会ってやられるとかわいいけど、毎日されるとウザいか、こっちがドライに振る舞わないとバランスが取れないこと」で気を引くから、女の子同士でみたら、第三者が映像で見たらひどい女に見えるんだよ…。

でも、男が…それも経験もないし、男であることや男が出入りするお店や生活にコンプレックスを感じてるうちは…「ウザいほど甘えてくる女」はかわいい…。

 

甘えるために、冷たくしても言いなりになったり、犬のように従順に追いかけてくる子は、スタンプラリーを満たしてくれる。

 

遊ぶ・ちやほやされるのが目的だったらそういうのもありだと思う。
でも、本当にずっといたい子、頼りにしてる子と繋がりたいなら、ちょっと考えたほうがいいと思う。

 

メンヘラ気質の強い子っていい子、かわいい子、男性にとって一緒にいて話しやすい子多いから僕も好き。
「地雷だから付き合うな」とは思ってない。


ただ、したい恋愛と噛み合わないこともあるから、関係をもつ時には、切り方や続け方を考えるべき相手でもあることは男はもっと知った方がいいし、意外と知られてないことを女の子は抑えたほうがいいかもしれない。

 

…性格のいい子から切っていくバチェラーにはお付き合いの難しい子を、わざわざ25人の中から選ばなくても…と思うんだけどなぁ~。

 

 

 

 フラノ寶亭留

 

 前回に続いてバチェラーの舞台になっている施設。
番組としてはゲスでナンセンスだと思いつつも、映像としてはホンマにいいんだよなぁ…バチェラーって。