読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

今病んでるけど、基本的に俺のせいだからあなたは気にしなくていいよ?


久々に鬱ってます。

根源的に…躁うつ病を発症した原因は親のせいとか、先生のせいとか、ブラック企業のせいとか、相談できる友達が進学ごとにいなくなってしまう(転勤もあれば、転勤先で合うやつがいないくて、友達作れなくなった)社会や運命や世界のせいだ…とか色々言いたいことはあるよ??

 

でもでも、今僕が…一週間以上アマゾンプライム見てるか、シコってるか、寝てるか、体に悪そうな食事を不機嫌に摂取してるか…そういうことしかしてないのは、別に誰のせいでもなく、僕がてめーに希望を持てないってだけだよ…。

 

豊かそうな幸せそうな他人を見かけるたびに、
自分のどこが劣っていて、
何が悪いことをして、
目の前のカップルや機嫌のいいやつのようになれてないかと無意味に思索してしまうのはカップルのせいでもなく、機嫌がいいヤツのせいでもなく、俺自身だ。

 

嫉妬も逆恨みもなく、ただただわびしいってだけ。
金がないこと?
彼女がいないこと?
健康体でないこと?
おしゃれじゃないこと?

うーん、全部です。

 

そして、持ってるやつはだいたい全部持ってるから「なんで、それができるだけのリソース配分ができるんだろう?」と不思議に思います。

全部って言うのは本当はないんだよ??でも、全部持ってるようにみえるというか、本当に持っていっちゃう人が一定数いるから、「どれも持ってない俺、マジで今まで何やってたんだろう?」モードなんですよ…ホンマに。

 

でも、それって持ってる人への妬みじゃなくて、僕が勝手に病んでるだけだから…他人は悪くないですよ?

でも…世の中で当たり前だとか、幸せだとか言われているものの大半を持ってないから、僕って客観的には不幸なんですよ…。

 

実際わびしいとは感じているし…。

夢とか希望とかないです。あるフリしてるだけ

人と同じことを真面目にやっても誰からも評価されないから、自分が気持ち良いと思っててなおかつ他人の邪魔が入らないブログとゲームだけはちゃんとやったら、それなりに伸びただけです。

 

…そういうどうでもいいところにだけは才能が…あったとは思ってないんだよ。

マイナースポーツだから勝ち抜けたというか、むしろマイナーだからこそ勝っても意味がない時代に勝ててただけというか…そういうのが最近鮮明に出てきたのよねぇ。

 

競歩の選手はマラソン崩れが中心で、マラソンで伸びた人はほとんど入ってこないか、入ってきたら競歩でも一番。
ソフトボールのトップ選手がプロ野球に入団したけど、メジャースポーツの野球では未だに芽が出ず、二軍ぐらし。

本当に才能がある人がブロガーにならずにラノベ書いたり、ウェブデザイナーやエンジニアしている時にブログなんてコツコツ積み上げて勝っても、人気をマネタイズするにはデザイナーやエンジニアの手法…または彼らが会社で培ったようなコミュ力や実務能力が必要になってくる。

 

…そういうふうに世の中できてるんだよ。

 

 

学歴のいい子、実社会でデキる子にブログ教えたら素直にできるし、そういう子が僕よりも客観的に幸せでかつ、僕を飛び越えていくこともあるから

「あーできるやつと戦ってないから勝てたんだ…」

ってだけ。

 

…できないやつ何人倒したって、別に嬉しくないんだよ。

それは自称進学校で、自称大学で、さんざん雑魚を痛めつけてきた僕にしてみたら、別に…そのぐらいの実力があるってことぐらい知ってますよ…。

 

で、そういうやつを何千・何万と蹂躙しても世間の評価は変わんないし、客観的な幸せが手にはいらないのも知ってる。

 

…最近、ブログの世界で世代交代が起こったり、自分が教えている場所に優秀な子が来たことで気づいたのは「僕がブロガーとして話題になるまでに戦ってたのは雑魚だった」ってこと。

 

別に作家になりたいとか夢追い人してるつもりとかないです。

元々は作家になりたい願望もあったけど、躁鬱病になってからの僕は「作家にならないといけない」であって、なりたいとは思ってません。

 

なりたいのは健康で平凡で幸せな大企業の定時かそこそこの残業で帰ってるサラリーマンです。
小学校の時から父の生活を見てそれをいい続けてたし、母親もそれを望んでましたが、僕にとって一番向いてないものだと大人の発達障害を契機にわかってから「僕は客観的な幸せを手にするためには、何やってもできる天才を、育てた上で超えていくぐらいじゃないとだめなんだ。」って、気づきました。

 

天才が悪いんじゃないよ?

子どもの時からいつも前にいるやつと結局は勝負しないと客観的な幸せは勝ち取れないって気づいただけ。

 

そう思うと、幸せがまだ自分に来てないと気づいてしまった瞬間はわびしくてわびしくてしょうがないのさ…。

それは、他人のせいじゃなくて、自分のせいさ。

 

自分が考え込むから悪いし、自分が勝てないから悪い。

 

 

やりきれなくなって、一時停止中。

…嗚呼、そんな自分さえ疎ましい。