読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

デブが品川区の商店街を大学生と一緒に歩き回ってダイエットに協力させた話


こんにちは。

最近のプロ野球のニュースで「パワーを付けるために体重を増やします」とか選手が言ってるのを見ると「俺の体重を分けてやりたい」と切に思う三沢文也です。

 

今回も例のあいつを連れて、街の探索にでかけました。

 

ご登場いただきましょう、たっけくんです!

f:id:TM2501:20160218204134j:plain

 

…いいでしょ、このアイドル路線。

はてなアイドルと呼ばれる僕よりもずっとアイドルらしいですね♪

 

今回はそんな彼と一緒に品川区の4つの商店街を歩いてきました。

 1,武蔵小山商店街

東京都内最長のアーケードがある商店街。屋根とか古い看板が800メートルほど続いてる。(チェーン店が多いから、商店街商店街した感じを期待してるなら若干期待はずれかも)

f:id:TM2501:20160218204825j:plain

 

ただ…今は再開発中で最も商店街らしいガヤガヤしたお店が締まってるので、あんまりおすすめしにくいかな…。

 

上級者向けの楽しみ方としては…最近、見かけづらくなったものが色々見られること。

 

例えば、自転車が駐輪場が整備されず、山のように通りから外れた所に駐輪されてたり…

f:id:TM2501:20160218204555j:plain

 

最近じゃ見かけなくなった「通り沿いにある小さくて怪しげな地下にあるゲーセン」が商店街にはあったり

f:id:TM2501:20160218204721j:plain

 

一本外れたところを歩いていると、なんとも言えない味な看板がたくさん立ってたり…。

 

f:id:TM2501:20160218204757j:plain

個人的に好きなのはこの「手ごろな食通の店 ドイツパブ」ですね。

 

せっかくなので、武蔵小山でお昼もいただきましたよ。

f:id:TM2501:20160218204046j:plain

なんか、高級そうでしょ?

 

2,戸越銀座商店街

「日本一長い商店街」と紹介されるけど、実際には大阪の天神橋筋商店街の方が長いというなんとも名前負けな商店街。

 

それでも、全長1.3キロというやったらと長い商店街。

 

そして、歴代のマークを見ただけでも歴史を感じるこのクオリティ。フォントマニアにはたまらないんじゃないかな?

f:id:TM2501:20160218205030j:plain

 

戸越銀座では、今話題の塩の専門店におじゃま。看板は「塩」と素朴なあの文字ですが、

f:id:TM2501:20160218205106j:plain

 

中身はかなりハイカラ。入浴剤とかが入ってそうないかにもな瓶に塩が入ってる。

f:id:TM2501:20160218205117j:plain

「塩小賣所」の文字と高級な入浴剤みたいな色と写真で一緒になると「何屋だよ!」と突っ込みたくなるのは写真の魔力か、それともこのお店らしさか…。

f:id:TM2501:20160218205134j:plain

 

3、戸越八幡神社

戸越公園駅の方に向かう前に個人的な趣味で戸越八幡神社へ。

f:id:TM2501:20160218205228j:plain

季節柄敢えて隅っこだけを撮影。

 

この神社は夏に行くとなんか…ひと夏の恋が始まりそうな涼しげで濃ゆい緑が迎えてくれます。

鳥居から神社までが木の緑に隠れながらも、神社の社にだけはちゃんと光があたってるから遠くからしっかりと見えるあの真昼なのに、神秘的で夏を感じる風景が僕は好きです。

 

そんな絵に描いたような涼しげかつ時間の流れがゆったりとした場所で、柑橘類のような明るさと、純白さが似合う女の子と恋に落ちてみたい…そういう風景が広がってるので、戸越八幡神社は夏に自分の目で見に言って欲しい。

 

あとは、お祭りの前とか後とかに行くと風流だね。

この神社は何かしてるよりも、時間が止まってるか動いてるかわかんないぐらいの時に行くと、ノスタルジックで泣ける。(別に品川育ちでもなんでもないけど)

 

4、戸越公園

戸越公園駅の商店街は特に紹介するものがない(写真にすると驚くほど何の変哲もないんだけど、行くとその変哲もなさのいい場所だから敢えて写真では伝えない)で、戸越公園を紹介しよう。

 

戸越公園は「これをタダで一般に開放してるの?!」と驚くような場所なのに、スポットを浴びにくい場所だから是非とも言って欲しい。

 

ここは細川家が使ってた邸宅で、その後いくつかの松平家を経て、三井家が戦前に江原町(後の品川区)に寄贈。1935年に公園として開放。

 

その一部には、純和風なお庭もあったり、

f:id:TM2501:20160218205419j:plain

 

公園とは思えないかっちりとした門があったり、(なんか写ってますが気にしないでください)

f:id:TM2501:20160218205305j:plain

広々とした広場からは池が眺められたり…(逆行で見えにくいけど、柵の向こうは池です。)

f:id:TM2501:20160218205503j:plain

 

池に水が流れるまでには川が音を立てて流れ…

f:id:TM2501:20160218205253j:plain

 

風情ある風景ですね〜

f:id:TM2501:20160218205332j:plain

いいでしょ♪アイドルっぽくて。

 

5,中延商店街

最後は中延商店街なんだけど…こっちも結構大きいアーケード商店街です。

f:id:TM2501:20160218205435j:plain

 

でも、戸越銀座・武蔵小山という2大巨大商店街があるせいでものすご~く存在感の薄い(規模の割にはチェーン店も進出してこない、周囲があまり高層化しない)。

 

一番個人店が賑やかで、なおかつ東京を代表するラーメン屋「多賀野」があるのもここなんだけど…存在感薄いのよね。

 

かくいう私も、疲れてしまったからここではほとんど写真をとってません。

 

最後に

 

巡ってきたコースはこんな感じ。

f:id:TM2501:20160218205656p:plain

 

グーグルマップは7.5kmとおっしゃってますが、実際にはこれよりもさらに回り道・言って戻ってしてるから、ではないでしょうか?

 

最後に、中延商店街の適当な喫茶店に入って、たっけにブログ指導をつけて帰りました。1月には見るに耐えなかったブログがかなーり進化してるから、多分今後伸びてくると思います。

 

僕はやぎろぐさん、イケダハヤトさんがサロン参加者を育てて輩出してるらしいから、僕もたっけくんを育てて、ちゃんと結果を出してからサロンでも始めちゃおうかしら♪

儲けの技術では彼らに負けるが、育ての技術・ブログとしてアドセンスが毎月取れるまでの基本的なライティング・運用の技術なら僕も彼らに引けをとらないし…。

  

そうだなぁ〜試しに添削とか、ブログデザインのアドバイスからバラ売りしてみようかしらね〜。僕がたっけくんにして、たっけくんが進化したのもそこからだし。

 

 

ちなみに、ブログでは師匠ズラしてますが、フィジカルは遥かに強いです。

僕はヘトヘトでしたが、たっけくんは毎朝1キロ泳いで体力をつけてるから「このぐらい余裕っすよ?」 と言ってました。しかも、僕よりも遥かに重いかばんを担いでました。

 

 

恐るべしタッケ。

サンキュー、タッケ。 

 

・関連

今日一緒にでかけたたっけくんのブログです。グルメ記事とラストキスに関連するが特に強いです。 

 前回、たっけくんと歩いた記事です。前回はもう少し、プロレス調でしたw