読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

WordPress街からはてな村に「2015年に印象に残った記事を書け」とバトンが回ってきた!  #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

ブログ論

WordPressでブログをやってる奥野大児さんからバトンが回ってきました。

 

HyperlinkChallenge2015とは?

震源地である鳥居さんのブログに書かれてるのをほぼそのまんま抜粋する。

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

 

では、行ってみよう!

 

はてなと精神的決別ができたのはこの記事がきっかけ。

僕が書いた記事で、自分自身に印象に残った記事はWordPressの人が中心になって開いたオフ会「ブロガーフェスティバル2015」に参加した時のオフレポだ。

精神的にも、結果的にもターニングポイントになった。

 

まず、精神的な方から語る。

僕はこのオフ会に参加したことで、はてな以外のブログの世界に触れた。

「自分はブログでこんな活動をしてる」「社会とブログをこうつなげている」

といったEdge Rankのメンバーのようなネットははてなブックマークでの優劣にこだわってるブロガーにはない「世界観」があって面白かった。

 

自分のブログにも「世界観」はあったけど、世界観をどう広げていきたいか、そもそもどれだけ見られているのかについては自信が持てないでいた。

 

世界観に触れたと同時に自信を取り戻すきっかけにもなった。

自慢話に聞こえるかもしれないが、この集まりで「実績でみると僕よりも優れてる人」とたくさん喋った。…が、全員僕のブログのことは知ってた。

社交辞令もあるだろうけど、敬意を持って接してくれるブロガーさん・ライターさんがたくさんいて、「これだけちゃんと認知されてる・読まれてるなら正々堂々と横綱相撲を取っていいな」という自信をもらった。

 

知っての通り、僕は社会的にはあんまり成功してない。

だから、僕が「世界観があるブログ」「人気があるブログ」だと思ってても、正直言って他人が褒めてくれるまで自分のことなんか信じられないほどには僕は荒んでるし、情けない人間だ。だから、僕に伊東ライフ的おねショタのノリで「がんばれがんばれ」してくれる彼女がほしいと言い続けてます。…はい、意外とじゃなくてガチガチに甘えたい人です。

 

その情けない人間が「がんばるために必要な応援」と「がんばって実現したい楽しそうな世界」をブロガーフェスティバルの世界で見た気がした。

 

しかも、この後ウチのブログでは始めてになる「ウェブメディア(LIGブログ)への寄稿」が実現する。…転載なら1度だけあったけど、編集してもらって企業のために新作を書き上げたのはこれが始めて。

会場の中で、1年ぶりにLIGに在籍中のツベルクリン良平さんと再開したり、元LIGの朽木さんと少し話したことは決して無関係ではないだろう。

 

LIGだけではなく、奥野さんからPR記事を書くための集まりに誘われたり、ブロガーフェスティバルとは関係なく色んな人から誘われる機会が増えた。ブログについてのアイデアもいくつかもらったから、随時実行していく予定!

 

自信を持ったり、やりたいと意識したら、向こうからチャンスが来たから本当に驚いてます。

 

はてなも変わってしまったなぁ」と思った瞬間

僕が書いたもの以外で印象に残った記事はこれ。(ちょっとゲスいけど、ごめんね)

昔のはてなではこういう記事を書く人気ブロガーはほとんどいなかった。

 

そもそも、ニコ生が発達したニコ動を見下すニコニコ動画の古参・懐古厨みたいな人が多くてニコ生というシステム自体に興味が薄い…というのがはてなユーザーの傾向だった。

 

また、出会いだの、パコだのという話も都市伝説かネタでしか言われてなくて、はてなの中ではこういった生々しい記事が出回ることは稀だった。書いてる人はいると思うのだが、ユーザー層の関係で、そういう人が人気ブロガーになることは稀。

しかも、ブロガー同士のオフ会は平均年齢が高いこと・伴って既婚者が多くなることが相まってオフパコはめったにない。特にはてなのオフ会は、女の子の割合も少ないからパコ以前に女の子と会う可能性すら低い。

 

話を戻そう。

 

こうした経験があるとか、友達がいるとか、そういう話が出てくるようになったところに「あー僕はもう若くないのか」「はてなの世代交代が始まって若返っていく」という衝撃を受けた。

 

こんな書いてるとヒトデさんが嫌いみたいに思われそうですが、僕とヒトデさんとは仲良しですよ。

「劇場版クレヨンしんちゃんの大ファン」という共通項があるし、読者も共通してるので、いつか一緒になにか作ってみたいなぁ…と思ってます。

 

WordPressからのバトンをはてなが誇る女傑が繋ぐ!?

僕の話は終わったので、バトンを3人に回します。

けいろーさんです。僕と同じ歳でかつ、同じくLIGブログでマンガの記事を書いてます。イケダハヤト・ツベルクリン良平などがいる86世代がブログの世代は黄金世代として有名ですが、僕やけいろーさんも含め89年生まれのブロガーにも色々います。

 

上記のブロガーフェスティバルでも、それをきっかけにPR記事を書く時もご一緒した鈴木さん。最近、運営方針を変えたらしく、アフィリエイトやガジェットについての情報が日に日に早くなってる…。

 

はてな女子といえば、実はこの人!

はてなの古参の女性ブロガーで名前が挙がるブロガー自体が少ないが、その中でもostune氏・cyberglass氏の両名が絶賛するのはこの人だけ!

 

ブログのタイトル通り、モノ寂しさや心を揺さぶる繊細な文章を書く人。

今いるブロガーの中で最もはてならしいブログが書ける人で、僕よりもはてなを体現できる数少ない逸材。

 

皆さん、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

P.S

メルマガやってます!是非、購読して下さいね