読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

俺の誕生日は「パンツの日」だそうです。覚えやすいけど、恥ずかしいなぁ…


というわけで、満26歳となりました。

 

f:id:TM2501:20150802092832j:plain

 

今年はどんな年にしたいか、ブログをそれにともなってどうするかという正月みたいな話を少し書いておきたい。

…とりま、モテることしましょw

最近、野郎としか会ってないから飢えたケモノと化してる…ことは否定しないw

 

が、主要な目的は彼女を作るとか、パコるとかそちら側の話ではなく

「精神的に健康そうだから、モテようがモテまいがどちらかと言うと女性と共通の話題になりそうなことをやった方が精神的に健康じゃない?」

というわけでございます。

 

おっさん臭い生活は精神に良くない

今まではお金がないとフリーゲームをしたり、ネットの話題についていくことで楽しさを見出してきた。だが、それらはあまり健康的な趣味ではない。

食事も、自炊はともかく「安いから炭水化物をつめ込むような食事」は健康に良くない。「入りやすいからとりあえずラーメンやうどん」というのも良くない!

 

おっさん臭い生活はお金もかからないかもしれないが、健康に良くないし、刺激もなくて殺風景だ。自分の世界しかないから人と会っても話が盛り上がらないし、趣味が広がってないから他人の話題を楽しく聞けない。

 

そこでだ!

筋トレしたり、新しい物を見るべく歩き回ったり、食事一つも開拓して面白いお店に行ってみたり…お金かけなくてももっと健康的な過ごし方をしていこうと考えてる。

体調が良くなってきて、徐々に見切り発車してたことだが、今年はむしろおっさん臭い自分と、女子的な自分が半々になるラインを目指してがんばってみたい。

 

精神的・身体的な健康もそうだが何しろ、人と共通する話題がない。

一応フリーゲームをする女性はそれなりにいる(作者は男性率が多い印象だが、初期のゲーム作家で商業デビューした人は多くの女性向けを作ってる人だ)が、ネットの話題に食いついて理屈っぽい話やネット上でしか通じないアイドルの話をしてるところに女性はいるだろうか?

 

…もう、この際だからはっきり言おう!

 

はてな村に合わせてると、どんどんおっさん化していくから!おっさん化していくと精神的な健康を損なうし、女性を含めた人の話に興味がなくなって自分の世界にしかアンテナが立たなくなっていくから!

 

だから、おっさん臭い部分を減らして、女子っぽい部分を作ってみたい。

 

できれば、きっちり痩せて服の話とかにも進出できればいいが…それは来年以降だろうね。服の話なんかし始めたらお金なくなるし。

 

とりあえず今年は減量すべく筋トレ・色んな所を歩いて写真とって地元を紹介する・不健康なものを食べに行かないように色んな物を食べる言い訳としてメシ屋を紹介するためにランチ探して歩く。

 

他にも「女性との話題作り、モテ作り、精神的健康」のためにやりたいことはあるけど、まだナイショ♪

これからは女性向けにブログを書く時代

女性っぽいことをするメリットははブログを書く上での戦略でもある。

むしろ女性向けの話題を書くことを推奨されているし、自分が興味のあることの中から女性に近いことを書いたら実際に女性が読んでくれる。

 

筋トレや減量の話、温泉や川崎の飲食店の話などはネット歴が長いおじさま方も好きですが、女性の方も読まれるようです。

良くも悪くも女性の方々が強い時代、メディア運営側も女性向けの情報を優遇する時代が来ちゃったので「いい機会だし、そっち側に流されてみよう」という。

 

もう一つ、時代の流れとしてスマートフォンで読む人がここ2年でパソコンでブログを読む人と完全に逆転した。そのため、長い文章・難しい言い回しと言ったはてなで人気があったスタイルが下火になりつつある。

これから人気のあるブログを維持したいなら、理屈っぽいネット民よりもっと短い文字数で情報を取りたい人に向けて書いた方が当たる。

 

女性向け戦略…というより、スマホの先にいるのがパソコンに向き合ってるおっさんと違う人種で、おっさんと違う人種が見やすい記事作りをしていくとそれは女性向けになるよね…といったところか。

 

全面的に金髪美少女を目指すのは僕のおっさん臭さだと難しいし、はてなブログなんて趣味をしてる時点で女子力が-20されるから、現実的なラインとして「半分おっさん・半分女子…足して2で割ると若い男子」という感じになればええと思います。

 

最後に、せっかく誕生日なので

ほしい物リスト貼らせてください。

 

 

では、今年もがんばっていきましょう!