読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

個人ブロガーのためのアフィリエイト講座(アドセンス・SEO編)

ブログ論

昨日に引き続きアフィリエイト講座をする。

 

第二回の今回はGoogleアドセンス検索エンジンについて言及していきたい。

第一回を見てない人でもわかる内容ですが、第一回から読みたい人はこちらをどうぞ。

個人ブロガーのためのアフィリエイト講座(基礎編) 

3万円より上を狙うかどうか、それが問題だ!

この話をする時には初級者と上級者に分けないといけない。

 

初級者…グーグルアドセンスで月に1万円ぐらいまでなら別にソーシャルメディアからアクセスされようが、検索エンジンからアクセスされようが、関係ないからまずはアクセス数のことから考えた方がいい。

 

一方で1~3万円のラインでより高い収入を高い収入を出したい中級者・3万円以上グーグルアドセンスだけで上げたい上級者はアクセス数よりもむしろ広告の単価やクリック率に気を使わないといけない。

 

よく「ブログで食べていくには○○万アクセスが必要」と言うフレーズが出まわるが、そのアクセス数を満たすよりも「広告をクリックしてくれるユーザーが来る媒体」「単価の高い広告が表示されやすいページ作り」を意識しないと上がらない。

 

具体的な例を出す。

初級者…つまり、月に1万円前後の広告収入を出す上ではソーシャルメディアとの親和性が高い・読者と盛んな交流ができるはてなブログは優秀だ!

 

しかし上級者…アドセンスだけで3万円以上を狙いたい人には広告をクリックしてくれない、ヘタすれば広告自体をブロックするユーザーが多いはてなブログはアフィリエイターと相性が悪い!

 

これが、はてなブログからアフィリエイターやプロブロガーは育ちにくい理由だ!

 

はてなブログの場合、同じアクセスが達成できても、広告の表示率・クリック率が他のブログ(ライブドアWordPress)でサイトを作るよりも悪くなるから高収入が狙いにくくなる。アクセスを達成するサポートが手厚いはてなだが、アフィリエイトにはそれが裏目に出る!

 

もちろん、固定の読者との関係性・自分と興味が近い人を他のブログよりも多く読者に取り込めるため、楽天/アマゾン/一部ASPアフィリエイト・プロバイダ・サービス)ならはてなブログでもアフィリエイト自体はできる。

 

だけど、グーグルアドセンスを主軸にするタイプのアフィリエイターははてなだと絶対に不効率だから、アフィリエイト優先で考えるなら人気が出たあとにはWordPress独自ドメインへの移設をオススメする。

 

グーグルアドセンスに限らず、商品広告以外を中心に据えたい場合はクリックを割けるソーシャルメディア(特にクリック率が悪いはてなブックマークを避ける)意味でも検索エンジンからの流入を強化すべきだ。

 

かくいう僕も今は検索エンジンに力を入れている。

 

…だって、はてブからハブられてた時のほうが毎日の広告収入が安定してたんだもん!飛び抜けて高い数字もないが、クリック率が低すぎて収入がだだ下がりすることがないんだもん!!!

 

はてなブックマークとグーグルアドセンスの相性が良くなるのは50はてブ以上…はてなブックマークツイッターアカウントが「ホットエントリー」としてつぶやいてくれた時だけで、ホットエントリーまで行かない場合は逆に「ブクマされたほうが赤字」なぐらいだから!そして、赤字な時のほうが黒字の時よりも多いから!!

 

というわけで、アフィリエイトに力を入れたい個人ブロガーさんは検索エンジンに力を入れるようにしましょう!

 

検索エンジンのコツは特化とニッチ!

ざっくりと言えば、「大手が言及しない競争相手の少ない分野にいち早く言及し、さらにはその関連記事もブログで言及して脇を固めて読者を囲い込め!」検索エンジンの基本戦略である。

 

わかりやすく具体例から行く。

 

青二才ブログ三種の神器

僕のブログは雑記ブログだが、周りには「このブログは三種の神器で構成されてる」と説明する。三種の神器とは

・時事ネタ

フリーゲーム

うつ病発達障害)体験記

であり、実はどれも検索エンジンに強い。

 

時事ネタは検索される時間が短いから「鮮度」が求められるネタだが、大手マスコミが言及しないようなネットの時事ネタを扱うと事あるごとに検索される。

 

例えば、やりがい搾取。例えばゆるい就職…今でこそテレビや新聞でも話題の「すき家人手不足閉店問題」もマスコミの3ヶ月前にまとめ記事を作っていたからYahoo!ニュースの隅っこにリンクが掲載されたこともある。

 

基本的には「鮮度勝負の漁師めし」だが、漁師めしの文化が時々大衆化するように、時事ネタも鮮度が良いうちに作った保存食や鮮度が良い時だから綺麗にさばくことができたネタが話題再燃してアクセスの柱になることがある。

 

効率は悪いが、僕のブログの基板の強さは「ネット発・ネットで話題の時事ネタを多く抑えていること」にある。

 

時事ネタでの強さが「フリーゲーム」を基板にする時の強さにつながった。

僕のブログのなかでも「フリーゲーム検索エンジンに強い」と言える理由は2つある。

1つは「フリーゲーム専用サイトよりも圧倒的にアクセス数があるため、同じゲームのレビューを書いた時には僕のブログが勝つ」というところ。(大手の不在)

もう1つは「旬に左右されず、名作は5年先までプレイされ、検索され続ける」というところ。検索数自体は少ないし、大きなブームも来ない代わりに、ずっとずっと検索され続け、しかもほとんどは1ページ目に自分のサイトが出てくる。(蓄積力)

 

…時事ネタが「鮮度命の漁師めし」なら、フリーゲームは「単価が安いが、天然の冷蔵庫を使っていつでも出荷できる根菜/穀物」のような強さを持ってる。

検索エンジンとの相性の強さで、うつ病も似たような性質があり、「うつ病自体はブームしないけど、うつ病体験・うつ病の人がうつ病というフィルターを通して映画や社会を見たコラム」は一定のニーズがある。そのため、検索エンジンからの訪問が後を絶たない。

 

この3つのおかげで、今月はまだ4000PVを下回った日がないというほど強固な検索基板を確保している。

 

僕のブログがアドセンス向けじゃない理由

ここまで読めば「検索エンジンにもはてブにも強いこのブログはきっと儲かっているのだろう」と思う人もいるかもしれない。しかし、検索エンジンとの相性が良くても「広告の相性が良い」とは言ってない!

 

アフィリエイトの世界には高収入な広告にはいくつかのジャンルがあり、それを張りやすいサイトほど高収入が上げやすい。

主な高単価なネット広告(アドセンス)のジャンル

・金融(カード、FXなどの口座開設など)

・就職/転職

・美容/サプリメント 

・通信(WiMAXEMOBILESIMカードなど)

もちろん、ゲームの広告もなくはない。だが、低い上に広告を出してるゲームが画一化されているため、ゲームサイトは基本的に収益化が難しい。もっと絶望的なのはうつ病でうつ患者に合った広告は…ほぼないと言っても過言ではない!

 

そのため、僕のブログで高単価な広告が表示される、自分で貼っても広告として機能するようなネタは時事ネタの中でも転職やビジネスに関係があるネタだけなのだ。

 

それも、僕のブログは「無職の僕が世の中のおかしなニュースをぶった切る!」とか「こんなブログでも収入が得られる時代だからもっと自由に色んな事をすればいいじゃん!」という種類のブログなので、有り体の転職系サイトを掲載するとチグハグ感が生まれやすい。

 

いや、ちょっとぐらいの小遣い程度でいいなら広告の単価なんか関係なしに検索エンジンだけを最適化してニッチなワード、他のアフィリエイターと喰い合いにならないところで儲けてやればいい。

 

でも、個人ブログで高い収益を実現するにはこの「広告と本文のチグハグ感をいかになくしていくか」が常に課題になる!これは商品広告やASPを手動で貼り付ける場合はより一層その課題と向き合わないと高い収益を狙うことはできなくなるのが実に悩ましいところだ!!

 

 

 もっと色んな業種が広告を出稿してくれないとブログで食べられる人の種類・彼らが出せる情報の種類は画一化していくんだよなぁ…。現状だと莫大なアクセス数稼ぐよりも銀行口座やSIMカードのレビュー書くのが「アフィリエイト」になって、文章力や情報の有用性は二の次になってるからね~

 

 ・関連記事

個人ブロガーのためのアフィリエイト講座(楽天/アマゾン編) 

第3回も更新しました。