読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

【総選挙怪文書騒動まとめ】なぜネット怪文書が出回り、何を目指しているのか?


今回の選挙ではあまりにも奇抜なサイト・政治活動が多く報告されてる。

とりわけ特徴的なことは「幼稚な怪文書」が多くネットで出回っていることだ。

 

有名どころには「どうして解散するんですか?」がある。(サイトが謝罪文に変わってるので、画像をどうぞ)

f:id:TM2501:20141207165810j:plain

「選挙をやるのに莫大な税金がかかるのにどうして解散するの?」という内容もサイトだったわけだが、内容以前にNPO法人によるなりすましサイトであることが発覚して炎上。更には関係者が対応を誤り逃亡する始末に。

ちなみに、内容としては「国民が民主主義を示す機会が選挙なのに、それに文句をあれこれ言うのは変では?」と突っ込みたくなる次第の内容。

 

このサイトを主導した慶應義塾AO入試で入った青木大和くんは謝罪したっきりネットから逃亡。「政治家を目指してる」と豪語しておきながら、ちょっと炎上しただけでFBもTwitterも更新が絶えるという軟弱ぶりをネット中に見せつける

 

よく知られてるのはここまでだが、実は似たような連中が今回の選挙では他にも出現してる。

 

例えば、「さよなら安倍政権」と題したこのサイト。

f:id:TM2501:20141207171812p:plain

内容以前に悪趣味!幼稚!内容について言及するなら「この政局でそんなこと言って盛り上がる・実現すると思ってるの?」というズレズレ感。

 

誰がやったか調べた所、どうやら仕掛け人は山本太郎議員だそうだ。

野良犬からの提案|山本太郎オフィシャルブログ

ちなみに、本人は野良犬気取り、政治団体も「今はひとり」言ってるけど、新左翼団体「中核派」から支持されている極左である。(ここ、重要!)

 

ここまでは野党有利な内容ばかりだが、与党陣営だって負けちゃいない!直接手を下したかはわからないが、明らかに与党有利なサイトもある。

 

それが「黙ってないで、NO!と言おう。| 日本未来ネットワーク」という白票を薦めるサイトだ。

 

f:id:TM2501:20141207181715p:plain

 当然、白票にそんな効果はありません!

投票しない分だけ組織票有利になる。特に、地方の地盤が強く、業界団体などからの組織票がある体制派の政党や(本当はいけないんだけど)宗教による組織票がある政党が有利になる。

 

 

幼稚かつ相手にする気も起きない怪文書だが、こういう「自分の評判も下げなかねないリスキーな攻撃」にこそ事の本質がある

これらのキャンペーンはそれぞれ違う所がやっているが、紐解いていくと1つの方向に向かって行くのでは?と思えて仕方がない。

 

その「1つの方向」を僕なりに書いていく。

今回の選挙の争点は「躍進する野党はどこか」というもの

今回の選挙の争点をベーシックに振り返ってみよう。 

 

まず、今回の選挙は政権交代選挙ではない

前回の選挙で民主党が壊滅的な打撃を受け、維新の会・みんなの党は分裂状態。

そのため、「自民党の過半数は揺るがない」前提で300以上の議席を取ると言われている。

自民、300議席うかがう 衆院選序盤情勢 自民、300議席うかがう 衆院選序盤情勢  :日本経済新聞 

 

独走態勢の中で、今回の注目は野党の新党や瀕死の民主党がどこまで戦えるかという野党第一党・今後自民党と戦っていく相手を決める選挙となっている

特に争点となっているのは共産党の躍進で、議席が倍に増えるのではないか?とも。

  共産が躍進の気配、比例倍増も…非自民受け皿に  Yahoo!ニュース - 共産が躍進の気配、比例倍増も…非自民受け皿に (読売新聞)

 

なぜ共産党に票が集まると予想されているのか?

 

それは、今回の選挙では「今の政治に対してNo!を突きつけられないから」である。 

 

自民も民主も増税不況を起こした戦犯だ! アベノミクスという物価上昇政策は自民単体で主導してきたところがあるが、消費税増税を決めたのは野田政権での三党合意だ。

 

思い出して欲しい!

消費税増税については、まず麻生政権で「景気対策を徹底し、3年間の政策の後に」と増税の話が出た。

鳩山政権で景気対策増税の両方を凍結。しかし、菅政権で震災復興の財源確保などを口実に増税だけ議論が再燃。結局は野田政権で増税される予定ができてしまった。 

 

経緯としては最終的な増税こそ自民だが、民主党にも今回の増税不況の責任はある。増税による不況、官僚が主導してきた財政再建路線に加担していた責任があるため、不況や今の政治にNoを突きつけるには難しい投票先となっている。

特に、民主党の場合は(良くも悪くも)官僚が決めた既定路線を相次いで凍結した鳩山政権が、だんだんと官僚の言いなりになって自民党と大差ない政党になっていくさまが見られたため、民主党に入れれば、今の政治にNoがつきつけられる!」という2008年まで民主党が主張してきたことが通らなくなってしまった

ちなみに、これは社民や生活の党など、民主党政権下に参加してた議員がいるところも然りである。

 

一方で、第三勢力である「維新の会」「みんなの党」「次世代の党」については今回の選挙に至るまでに内輪もめしたり、党首や幹部によるワンマン政党であることが発覚したため、強い地方こそあれど全国的な受け皿にはなれない政党になった。

 

残るのが共産党議席のないものの存在感だけはある幸福実現党であるが…この2つの政党が議席を伸ばすと官僚に取っては既定路線が通らず、与党政治家としても折り合いがつけにくい相手であるため、実に厄介である。

 

その主たる理由は「潤沢な資金源」である。幸福実現党は(本当はいけないんだけど)宗教で、共産党赤旗新聞の売り上げがある。

下手な地方紙よりもずっと新聞の売り上げがいいことから共産党は政党というよりも新聞屋」という意見さえある。ちなみに、共産党のお金の話はここが詳しい。

日本共産党の資金源と、彼らを潰す方法。 - デマこい!

 

ここまでお金があると次のような行動に出られるから共産党は特殊なのだ。 

まず、政党助成金の返還・企業献金をもらわない政党運営など、お金に対して税金依存な部分が無いため比較的クリーンにしやすい。(議席をとってもお金のことで攻撃されにくい)

野党の中でも人気になって票を確保した時に票がそのまま議席になる(候補者をそれだけ山のように確保できる)という強みがある。たとえそれが赤字でもガンガン候補者を投入してくる。…まぁ、最近はこれでも減ったのだけど。

 

それだけの基盤があることから、一度力を持つとそれが赤旗の読者や確かな資金力となって蓄積し、さらには民主党自民党のように官僚や経団連からつつかれたら折れてしまうようなことも少ない。

よく共産党はブレないと言われるが、ブレないのはつつかれてもびくともしないからだ。

怪文書は共産党躍進を阻止し、二大政党を守る流れ?

では、まとめに入ろう。冒頭で紹介した怪文書と共産党の関係について話す。

幸か不幸か冒頭の3つの怪文書の中には「共産党に有利なもの」が1つもない。1つもないどころか共産党に敵対する勢力から出されているものばかり。

 

まず、青木大和氏の「どうして解散するんですか?」は当時の民主党寄りの主張。(少なくとも自民批判)

 

重要なのは、山本太郎さんが仕掛け人の「さよなら安倍政権」だ。投票先の野党から共産党が除かれているのが大きなミソである。

山本太郎さんは中核派に支持された議員であり、革マル派のページにも画像が出てくる人。しかし、その中核派共産党と仲が悪く、赤旗の中で批判している

「革マル派」「中核派」とはどんな団体?

躍進されては面白く無いから、「野党に入れよう(ただし共産党は除く)」という言い回しになる。一見自民党へのネガティブキャンペーンのように見えるが、実は共産党の躍進を阻止するために、政治への関心を削ぐのがポイントとなっている

 

「政治への関心を下げることで投票率を下げる」という意味では、「白票を突きつけよう」という言い回しも、実は共産党に票を回さないための言い回しとなっている。

有志の方の調べによると、サイトを作ってから「与党支持への誘導が消えた」という報告があること、本当に白票を入れられた時に最も有利に働くのが与党と幸福実現党であること(今回は無党派層が共産に多めに流れると踏まれてる)から、与党もまた共産党へのネガティブキャンペーンをしていると考えられる。

日本未来ネットワークとやらについて

 

先程も申した通り、共産党は一度力を持つと、資金源があること・主張や立場で他の政党にくみしない独自のものがあることから「与党や官僚にとって折り合いをつけるのが難しい政党」である。

 

そのため、反自民の中でも最も交渉が困難な共産党に入れられるのは自民にとっても、少数の過激派左翼にとっても、それまで大きい顔をしてきた中途半端なリベラルにとっても面白くなく、利害が一致しているのかもしれない。

 

共産党の主張や日頃の振る舞いも恐ろしい所があるが、自分達の姿も見せずに、それもよく相手のサイトを読まないとわからないような所に相手への攻撃を仕込んでくる各党・各団体の怪文書戦略もまた、恐ろしい物がある。

ネットという便利でスマートなツールができても、怪文書という古典的で下卑たものが出回る風景を見てると「政治の世界は足の引っ張り合いだなぁ…」と僕の血の気が引いていく限りだよ。

 

 日本共産党(新潮新書)

 もちろん、共産党は現状のNoを突きつける選択肢にはなりえても、共産党には共産党の弱点もあるし、前科もあるし、内輪もめもあるからね…そのことを研究した上で選択すべきだと思うよ

 

・ 関連記事

青木大和事件に学ぶ炎上回避術 

慶応大の人が炎上した理由とどうすればよかったかという回避術について

なぜユーチューバーはブームしたのか?

「見た目にはわからない高度さを分析したもの」繋がり。意外と深い

右翼と左翼は空気です、イデオロギーだと思って喋るから頭が悪く見えるんです! 

右翼と左翼について分析したよ!