読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

つぶやきブログ「勝手に観測、無慈悲に掲載」を開設してわかったこと

告知とか

前からちらほら告知してきたが、2つ目のブログ「勝手に観測、無慈悲に掲載」をはてなに開設した。

 

もうちょっと続けてから正式な告知をしようかと思ったが、いかんせん注目を浴び始めちゃったから正式にどういうブログなのか、なぜにこのブログと平行して「ほぼ毎日更新のブログ」なんぞ作っちゃったのかを語る。

新たにブログを作った5つの理由

あんまり長いと誰も読まなくなりそうなので、先に理由を羅列しよう。

1、ブログのネタを探すために、僕ははてなブックマーク/まなめハウス/TBN/かーずSP/TBN/ニコニコニュース/Yahooニュース/はてなブログの「購読中のブログ」を順番に巡回することにしてるのだが…これを全部巡ってもネタのアイデアが見つからないことが出てきた。いや、正確には見つかってるのだが、ブログですでに言及したテーマが多くなり、たいていの情報には「それ前に書いた」となることが増えた。

 

2、ツイッターでネタが見つかることもあるが、Twitterはネタを探してもお気に入り欄に入れておくと整理がしにくい。おまけに、タイムラインを追いかけるのが大変だし、タイムラインの質は不安定でいつも面白いわけじゃない。

そこでブログのネタをストックしておくための「倉庫」とつぶやきの質を均一化させるために自分の興味にあった「特選リスト」の作成が急務だった。

 

3、リストはTwitterに面白い人は100人ごと、絵師さんだけは150人区切りで作ったもの、「倉庫」をどこに作るかで悩んでいた。

一般におもしろつぶやきをまとめる倉庫を作る時には「Togetter」か「Tumblr」にまとめる人が多いが、それらに満足できない理由として「人気になっても個人単位で注目されない」「人気が出てもお金にならない」という欠点があったため、広告収入が比較的入りやすいブログに。

 

4、ブログにつぶやきをまとめる「倉庫」を作る以上、やるからには人気ブログを作るために培ってきた今までのノウハウやツテを活かして行きたい。いや、そもそも「長くやってきただけじゃない」ってところを見せてやりたい!

どうせ倉庫を作るなら「さまざまなめりっと」みたいな人気サイトになりたいし、そのための差別化もあれこれしてみたい。(これに関しては試行錯誤中)

 

5、時事ネタ/考察系のブログを計画的に記事を毎日出すという本家のブログをもり立てる目的と同時に、別の形式のブログをやることで「似ているけど少し違うノウハウ」を会得することで、個人ブログやネタ好きなネット民のノウハウを隅々まで自分でできる・語れるようになりたい。

…また、僕が幅広く実践することではてなの中で10年以上にわたって蓄積されてきたネットウォッチ・キュレーションの文化を若い世代にバトンタッチしていきたい。

 

大事なのはモデルを作るということ

はてな村的なブロガーが減り、やれSEOだ?やれ子育てだとブログに関するカラーがはてなブログの世代になって変わってしまってもやっぱり「ネットが好きな人のためのネット文化」は残し続けないといけない。

 

現実が充実してる・忙しい人の予備ではなく、友達がいなくてもできなくても、会いに行けなくても楽しめる場所…それが元々のネットだったはずだ。

 

もっと踏み込んでいけば、病んでしまった人や事情があって社会参加できない人に対してもネットは平等にチャンスをくれる。その面白さもノウハウも落ちてる。

面白さをつぶやきまとめサイト「勝手に観測」で拾い、ノウハウ自体はこちらのブログで月ごとのまとめ以外にも昨日から始めた「はてな的ブログ塾」で人気を得る書き方やテーマの作り方などについて紹介していく。

 

僕は…少なくともネットであれこれやってる時はネットの中だけでわいわいがやがやネタを共有して盛り上がる楽しさや、そこで居場所を作るノウハウ・快感を今の時代に継承していきたいし、自分自身がそうなれたおかげで救われたり、人に会うチャンスがもらえた。

 

できれば、本を出したり、ブログだけで会社に雇われることなくうつ病になった体・そのために没落した状態からちゃんと生計を立てるところまで行きたいが、まずは「ネットがあること・ネットにいることで楽しめる・救われる文化」「無理せず好きなことだけやって小遣い稼ぎ程度のノウハウ」ぐらいの所までは語ったり、広げたり、自分自身もまだやったことのない媒体ややり方を研究してみたい…。

 

ブログもつぶやきもまとめも全部で人気のコンテンツを作ったことあるが、「つぶやきまとめブログ」はやったことない。どうなるのかノウハウが活きるのか・個人的におっかなびっくりしながら毎日やってる。

 

やり始めた結果、バテちゃったけどね。

 

2つのブログを作ると労力が3倍かかる

2つのブログだから時間的も文字数も2倍しかかかってない。しかし、労力は3倍かかる。

 

まず、それぞれが相乗効果で上がっていくために別々の試行錯誤をする。

次に、慣れてることと慣れてないことを混同していくので、時間がどの程度かかり、どれだけ自分ができるかの「ペース配分」がわかりにくい。

最後!このブログのアクセス数は平均して5000前後、最低でも3000PV/日だ。それだけのブログを持ってた人が毎日毎日2桁とか100程度のブログを同時に更新して、両方で一喜一憂するのは精神的に辛い。

 

労力が倍になってるのに「報われない感じ」が心にのしかかって辛い。

そして、普段更新してるブログの方を考える時間が減りなおかつ労が報われないことで疲れてるので、このブログもアクセスも今月はかなり地味なものになってる。

 

1つのブログでもアクセスや広告収入に一喜一憂するがそれが2倍になってなおかつやることも倍になると疲れたままやるので2倍以上疲れる。

 

半年もかけて面白いユーザーをリストにまとめたり、ネットウォッチが好きなフォロワーさんに恵まれたり、つぶやきまとめの作り方をTogetterで練習したり…色々と準備を重ねてもこのように手こずってる。

 

楽しいけど、やっぱりブログってエネルギーがいるんだなぁ~と思い知らされた。伸び続けるブログを作る、ある程度アクセスのあるブログを作る苦痛さは楽しさや読まれているという前提がある辛さだけど、「まず読んでもらわないといけない」というプレッシャーはその何倍も辛い。

 

半年ぐらいかけて1日に1000アクセスぐらい、コメントや言及・ツイートなども時々してもらえるぐらいにまではお仕上げたいね。そこまでやるのに前は1年少しかかったけどさ