読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

暇人なら「ゲーム廃人ダイエット」をやるべし!

ゲーム-週刊フリーゲーム ゲーム

あたまがおかしいけど、結果が確実に出るから特に暇人にはオススメしたいダイエットを見出したのでオススメしてみたい。

 

何しろこのダイエット、暇人にしかできないデメリットはあるけど「好きな事を我慢した」という被害者意識がほとんどなくて、ストレスが溜まらないのだ!

 

ダイエットの敵は節約してるという意識だが、根本的にそれがないのだ。

もちろん僕のやってることは邪道だが、もしもこれがもっと生産的なことで実現できたら…ということでメカニズムを中心に、私が考案した「(暇人と発達障害者の)ゲーム廃人ダイエット」を提示したい。

 おもちゃダイエットの進化系かもしれない…

元々はダイエットと呼ぶつもりはなかったのだが、僕よりももっと無茶苦茶な理論で、ダイエットと呼ぶ人を見つけた。

 島本和彦さんの「吼えろペン」の1シーンだが…この方法に限らず、僕の経験上「金欠を理由にしたダイエット」は正直言って成り立ちにくい。

 

理由は3つ存在する。

1つは「太る食材の方が安い」からだ。具体的には炭水化物の麺類よりも、野菜や果物をバランス良く摂った食品の方が安く、油と塩と化学調味料で味をごまかしたファーストフードの方がダシや香辛料で丁寧に味付けした料理よりもずっと高く付く。

 

 2つ目が「好きな事であってもお金が残らないこと」で、おもちゃダイエットにかぎらずあらゆる先払い系ダイエットは財布に大きな負担をかけるため貯金も、臨時の出費にも対応できない。

 3つ目が「空腹の時間を意識してしまって苦痛に感じる」こと。仕事中ならともかく、余暇に空腹を意識してしまうとこれはとにかく苦痛になる。

 

 1つ目については「食事を1食か、自炊で栄養のあるものを作る」で解決できるが、2つ目。3つ目のお財布への負担や節約を実行してる時の苦痛を和らげる方法が先払い系ダイエットでは難しくなる。

 

 そこで、私は「ゲーム廃人ダイエット」を提唱したい。

 

「ゲーム廃人ダイエット」とは、ゲーム廃人として余暇を過ごす・クリアする時間を決めてそこまでは丸一日・寝る間も惜しんでプレイすることで、ゲームをひたすらゲームをクリアする…という期限付きの「ゲーム廃人」になることで、食事や外出をすっ飛ばし、お財布をゲームに取り組んだ数だけ節約してしまうというもの。

 

特に大学生や暇な人はより大作のゲームに取り組んで、ゲーム以外のことをしない時間を作ることで、ゲームをしている日以外に使えるお金が増えて、結果的には充実する。

 

この方法は10年前には難しかったが、今は無料でできるゲームが多く存在するので、

この方法でのダイエットが可能になった。

 

ソーシャルゲームの無料プレイでも構わないが、よりゴールが設定しやすいフリーゲームブラウザゲームスマホアプリを使ってゲームをやりこんで時間を潰してしまうのが適当だろう。

 

勉強や創作に没頭して結果が出るまでやり続けるでも理論上は可能だけど…このダイエットを成功させるコツは没頭しすぎて時間さえ忘れてしまう「過集中」「躁状態」に自分を持ってきて、時間も忘れるほど打ち込むことなんだ。

 

運動では空腹になるし、創作で朝から晩まで頑張るのはなかなか難しい。だけど、ゲームは打ち込み続けられるような仕掛けがなされているため、ゲーム自体の生産性は少ないものの、手を動かし・頭を動かしてるのにほぼ疲れないで丸一日続けていられる。

 

そして、丸一日経過するとさすがにお腹が空くけど…まともなうちは空腹だけど、そんなにたくさん食べられないんだ。運動したわけではなく、単に集中しすぎて神経がすり減っただけなので食事は1度だけ普通の量を食べれば、1日分の食事が終わる。

 

1日の中で「過集中」→「虚脱」を繰り返し、出費を促すようなウェブサイトにもお店にも行かない。過集中はゲームによって擬似的に促し、脳みそや肩腰を疲れた状態に追い詰めつつも運動はしてないから体は食事を受け付けない。食事を受け付けない代わりに集中した分の睡眠時間を欲しがる。

 

我慢しているという感情が一切湧かない。ゲームがしたい・ちょっと胃袋に入れたい・疲れたから寝る…お金にまつわる衝動から見事にシャットアウトされた環境の中で自己完結する時間を作ることで、その時間はお金を使わないで済む…というメカニズムだ。

 

まぁ、このダイエットに敢えて弱点を挙げると

躁うつ病や依存症の自覚がない人がやると生活が手加減なしに崩壊すること

・過集中に陥りやすいアスペルガーADHD以外の人はそんなにゲームに没頭できない可能性があること

・本人の問題ではなく、没頭したいゲームが見つからずにダイエットがご破産になること

 

などの可能性があるのが悩ましいところである。

 

吼えろペン(1) (サンデーGXコミックス)  

 昔の作品だからあるかな?と思って探してみたら電子書籍であった。古典を保存したり、ボロくなったから買い直すという意味では電子書籍はかなり有意義だよね。

 

 

 ・関連記事

フリーゲーム「らんだむダンジョン」で一週間ほど、ゲーム廃人になって来た!

→実際にゲーム廃人になってきたゲーム。一週間ぐらいは廃人できるよ!

 フリーゲーム「巡り廻る。」をゲーム廃人になるほど遊びつくした! フリーゲーム「巡り廻る。」をゲーム廃人になるほど遊びつくした! - とある青二才の斜方前進

 →ゲーム廃人ダイエット向け。…夏休みがまだ残ってる大学生向け

フリーゲーム「Ralf un Real」にフリゲの真髄を見た! フリーゲーム「Ralf un Real」にフリゲの真髄を見た! - とある青二才の斜方前進 

 →3日ぐらいまとめた休みがある人は裏ボスまで是非やってみてね