読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アンチへの対応/通報する基準について


この記事が話題になってたので、ちょっとだけ事情を説明しておきます。

はてなから追い出されましたはてなから追い出されました - Togetterまとめ 

もう消えちゃったけど、この人は僕にずっと絡みついてきた批判者で、あまりにもしつこかったので通報させていただきました。

 

前々から僕とアンチの間にいざこざが絶えず、時には通報・時には放置・言及はいいけどご法度に触れるモノはダメ…と言って来たので、僕への批判に対するルールや判断基準みたいなものを書いておきたいと思う。

 

 原則、アンチは否定しないスタンス

僕はアンチという存在自体は否定しない。僕だって嫌いなやつはいるし、そいつの話になると思考がぶっ飛んで直情的に怒りたくなるようなやつはいるので、ネットで僕の書き込みやブログを見てそんな怨念を僕や僕以外の誰かに向けたくなる時はあると思う。

 

可能な限り論理的な否定であることが望ましいが、コミュニケーションが人間同士で行われる限り、「論理的にどうであろうと、私はこうであることが許せない」とキレて人の積み上げてるもの・やっていることをちゃぶ台返しのごとくなぎ倒す人には山のようにお会いしてる。

 

だから、僕に「躁うつ病が誤解されるから許せない」「アイツのここがダメだ」「あいつのニートの自己満足だ」「広告収入でハムを買おうが、ビデオを借りようが彼は単著もないくせに態度がでかいんだよ!」と言われても(※全部言われたことがあるんだけど)…まぁ、個人の意見だから仕方ないんだよ。僕には止められない。

 

ましてや、こんな風刺漫画まで書かれてもね。

 はてな村奇譚15 - orangestarの日記 はてな村奇譚15 - orangestarの日記

世間的に名の知れたマンガ家さんに1ニート風情が風刺された事実を喜ぶべきか、それとも「見ちゃダメ」な存在に成り果てたことを悩むべきだけど…ネタにしてもらったり、ダメだと思ってることを指摘することについては全然構わない。

 

批判が面白かったり、批判した相手がビックネームだったりすると多少なり達成感があるので、気に喰わない所があれば(できれば現実的な改善点や、笑い飛ばせる風刺、癒されるイラスト等を付けて)批判して頂いて構わない。

 

批判されることであれ、失敗することであれ突き抜けて人並み以上になることがほとんどの人はできないからね。ある一線を越えた時にそこまで行けば才能だ。

文章を書くにせよ、ましてマンガにするなんて時間のかかることだ。そうまでして風刺や皮肉に僕を使ってもらえるというのはありがたいことだし、そういう風に時間をかけてる相手なんて、意外にいないよ。

 

その時間や手間のかかることを僕に対してしてくれてる・他の人にはそこまでの熱意も湧かないけど、僕の言動をちくいち監視して狙ってる奴や、旬が来ると野次馬となって飛びかかってくる人がたくさんいる…と言うのはすごいことだ。(すごいんだけどさ、お金になってくれないんだよね(´・ω・`)…みんなができる事ではないことをしてるし、できるつもりではいるんだけど)

 

それがもっと、僕を煽り立てて冷やかしに来る人であれ、僕のログを集めてる人であれ、もっとまともなファンで、素直に尊敬してくれる人であれ、共通してるのは「僕の発信したことにお時間を使ってみて頂いて、ああだこうだとしゃべっていること」なんだ。

 

だから、そういう人を可能な限り無碍にしちゃいけないと僕は思ってるんだ。

まして、言葉で人に見られ・繋がる人はね。東浩紀さんみたいに口ではゲンロンといいながら、気に食わないことをTwitterで送った人を片っ端からブロックするようなのは言論じゃないんだよ。…というのが基本スタンス。(僕だって、忙しくて返せない事もあるし、気乗りしなくて塩対応することもあるけどさ…)

ブロックや通報に値すると判断する基準 

よく「嫌なら見るな」という言葉があるけど、あれって「見ない権利」があって、初めて成立する言葉だよね?テレビではどの局も同じような番組や報道が被ってしまう日があるから「嫌なら見るな」が成立してない日があるけど。

 

一方、「嫌なら見るな」ができる部分が大きく、だからこそ僕も僕の批判をする人を許していられる。

僕だって、いちいち街宣車に載って僕のうちに向かってメガホンで四六時中僕の悪口を晒しに来る・言いに来る人がいたら、凹みます。

 

僕が冒頭で述べた「通報した人」が許せなかった大きな理由はTogetterで僕についてまとめてる時も、はてなブログで匿名投稿をまとめる時も僕に通知が来てしまうことが理由として大きい。

 

Togetterでは非表示機能があったからよかったが、はてなブログで言及してくるところに対して非表示にするすべがなかったため、誹謗中傷目的のアカウントによるリンク飛ばし・攻撃的なタイトルが山のように目に入るとなると…もう通報する以外に僕がそれを聞かないで済む方法はない。

 

しかも、内容もご法度だから何も弁護できない。

悪口や皮肉は前述したとおり構わない。

 

だけど、悪口が個人情報に触れ、しかも見た限り根拠の無い断定をいくつか含んでいて誤解や風評被害を伴う内容であれば?

悪口だとしても、今現在ではなく2年も3年も前に特に注目されたわけでもなくて、忘れてしまってるような内容の話であれば?

忘れていなくたって、蒸し返してほしくないものを強引に「あの時こうだったじゃないか」と言って、今自分が書いた記事や考えを遮る目的で話し合うこともできないような嫌がらせでしかない内容であれば?

 

悪口や皮肉がダメだとは言わないが、その人を精神的に追い詰める目的・さらにその人が見える場所に無理やり送りつけるやり口で行われたとしたら?

…そんな悪口を僕が弁護する理由も、言ってる人を放っておく理由もない。

 

僕だって不愉快だし、書かれた悪口から「もっとアレな人かと思ってました」という誤解の声も良く聞くし、僕を昔から知ってる人も「なんでこんな不愉快な悪口に対応しないんだ」とご立腹だし…要するに、僕周辺の誰がどう見てもダメなものでしかなかったら僕だって通報するよ。

 

僕への人格的・あるいは今現在の考え方の「ここが良くない」「あそこは変えるべき」という内容は僕が不愉快に思っても、「実はみんな思ってることかも」と1息入れて聞く価値があるものもあるし、そういうをいい意味で僕のファンの人が好評化してたものは僕だって読むよ。

 

人の悪口は相手が嫌いならどこが嫌いかを理路整然とちゃんと伝わるように書くべきで、僕というキャラを皮肉りたい人は面白くやるべきだ。

 

いじられキャラであることを否定しないが、いじられ高校生だって好きな人を大声で晒されたり、卒業した中学での思い出(中3の担任に頭が上がらない、こういう悪事をしたことがあるなど)を言われたら、それって誰が面白いの?とキレるだろうさ。

 

面白くしたり、良くしたりする批判、僕を許せないと思う理由…どうぞ言って下さい。でも、人を貶めるための攻撃でしか無く、なおかつ僕や僕の読者に「見ない権利」が与えられないやり方にはどんどん通報する。 

 

 ナマハゲ―その面と習俗 (男鹿半島史)

 悪い子はいねーかー。好き嫌いを超えて相手を貶めようとネットを使う悪い子はいねーかー

 

 

・関連記事

 心理の専門家になっても、立つものも立たねーんだよ! 心理の専門家になっても、立つものも立たねーんだよ! - 言いたくないけど、僕が青二才です

 →アニメーターもだが、技能極めても金銭で報われないとなんだかなぁ…と思う

 アンチとはファンの最終形態の1つ~ドラマ「世界一即戦力な男」を見て、叫びたくなったこと~  アンチとはファンの最終形態の1つ~ドラマ「世界一即戦力な男」を見て、叫びたくなったこと~ - 言いたくないけど、僕が青二才です

→たまには、僕がアンチを演じてるシーンでも。

 なぜfeitaさんは粘着されてしまったのか?~炎上ブロガーが語るネットコミュニケーション論~ なぜfeitaさんは粘着されてしまったのか?~炎上ブロガーが語るネットコミュニケーション論~ - 言いたくないけど、僕が青二才です

→嫌がらせ目的のかまってちゃんには「見ない権利」 で逃げ切るべし!