読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

「身内ブクマ」が問題ではなく、内輪ネタをスパムのように拡散する事が問題


読んだ。

身内ブクマ否定よりも観測範囲のシフトやカスタム、新着エントリの細分化やフィルター機能が望ましい  身内ブクマ否定よりも観測範囲のシフトやカスタム、新着エントリの細分化やフィルター機能が望ましい(今日からジャンプ)・禁煙882日目・今日のはてブ。 - 団劇スデメキルヤ伝外超 

僕が「身内ブクマ」について前から思ってることをいい加減、話していくよ。

 

僕がはてなブックマークについてアレコレ語るのは珍しいけど、今日ははてブについてガッツリ語る。

身内ブクマ論争の歴史と今

はじめに、身内ブクマが問題になったのは1年前にはてなブログでブームになった「トマト文学」以降の話である。 

元の作品がなくなってしまったが、「僕はトマトが嫌い」というヤマネショウさんの記事が数多くインスパイアされ、ブックマークされた。そのため、一時期「僕はトマトが嫌い」「僕はトマトが好き」「僕はトマト」などの記事がはてブの1カテゴリーをジャックすることとなった。

 

その際、ブックマーク上の新着エントリーを内輪同士のブックマークとブログ記事が覆ったことから「身内で相互的にブクマする文化が行き過ぎるとはてブが機能不全を起こし、スパム行為に近いタチの悪さがある」とされて、知り合いの記事を足あとがわりにブックマークする「身内ブクマ」は批判された。

 

「身内で同時多発的にブックマークする」 という事態は新しくはてなブログ・ブックマークを始めたユーザーが「LIKEボタンと同じ感覚」でブックマークした結果としてこういうことが起こってしまった。

悪気はなかったものの結果的にはスパム行為による妨害と同じような事態を招いたため、「身内ブクマ」に批判が集中した。

 

「内輪のノリ」は昔からあったが、批判された理由としては「身内しか笑えないような内容の記事が、はてなブックマークの1カテゴリを占拠してしまったこと」にあり、足あと・イイネの感覚でブックマークする人達のせいでブックマークを楽しめなくなったユーザーが出てしまったことにある。

 

ただ、この件以降は個々人がお互いのブログをブクマするのを自粛したり、同時多発的に記事を書くことも無くなったので、「身内ブクマ問題」は鎮火した。

 

しかし、近年になって問題が再燃した。

きっかけははてなブックマーク上の「テクノロジー」というカテゴリで、ユーザー同士の内輪もめや、交流の様子ばかりが話題になって、肝心のITに関する記事が読めなくなっていることからこうした批判が上がった。

 

本来、はてなブックマークにあがる記事の区分けは次のように別れる。

・IT・家電・Webに係る技術や話題については「テクノロジー」

・他の科学技術や学術的な記事は「学び」

・ビジネスに活用される記事は「政治経済」

・科学の知識を活かして生活や舵を改善する記事は「暮らし」

 

という感じで別れる。これはプログラマWebデザイナーはてなのユーザーの中で多数を占めることからの配慮であり、その特殊性から「はてなで儲けたかったら、アフィリエイトやクリック広告よりも、エンジニア好みのガジェットが良い」と語る人に(非技術系の僕でさえ)複数お会いしてる。

 

ところが、そのテクノロジーカテゴリの中で1つだけ異色な存在がある。

それが「ネットコミュニティ」であり、ユーザー間の交流についての記事が掲載されてしまうのだ。

 

この構造が特に問題視されたのがこの辺から。

はてなブックマーク・ユーザー会のオフ会を7月12日に開催します! 

netcraft氏のオフ会以降、夏のオフ会ラッシュが開催されるのだが、オフ会がスタートする前から、オフ会を行ったあとまで次々とユーザー同士の揉め事が勃発。

 

しかも、オフ会の準備会による身内ブクマが横行したため、オフ会のレポートを書くとほとんどの場合は10ブクマ以上はブクマされてしまう。それも揉め事や深い考察がなくても、次々とテクノロジーカテゴリに投げ込まれる。

 

…と、ここまでなら多分、はてなユーザーに興味ない人はキレなかったと思う。

 

問題はコウモリ氏がオフ会の場でプロポーズをしたことである。それを予告するブログが掲載された事はもちろん、僕がプロポーズを批判。僕が切り込むとプロポーズをよく思ってなかった人達が次々と「コウモリ氏のプロポーズの是非」を議論し始めたのだ!

 

こうなると身内だけではなく、オフ会に参加してない野次馬まで「火事と喧嘩は江戸の華」で「コウモリVS○○」「オフ会でプロポーズ」という内容の記事は次々とブクマされた。

 

中でも僕が250はてブアンビバレント女々さんが300はてブなどテクノロジーカテゴリで技術系の話題を押しのけてしまうほど盛り上がってしまう記事が飛び交うと、もうエンジニアはカチン!である。

 

当初は台風・季節風の部類だと思って苦言も病んだのだが、コウモリ氏が1ヶ月以上炎上し続けたり、揉め事を起こす人がテクノロジーカテゴリを侵食したりするため、エンジニアも怒り心頭である。

どう変えるのがいいか?何を気をつけるべきか?

…念のため言っておくが、「揉め事がいけない」のでも「身内でブクマするのがダメ」なのでもない。

「得たい情報を得られない」「得たい情報を遮って妨害する内輪のノリ」がダメなのである!

 

そもそも、エンジニアだって身内同士だし、僕のゲームの記事・うつ病の記事だけは読んでくれる人だって身内といえば身内だ。

僕に関係なく「イケダハヤト」とか「はてなでお茶を出された」という内輪にしか通じないネタでヒットを狙うのも広義には「身内ブクマ」に近い内輪ノリと言える。

実際に、昔から揉め事をやりあい、小ネタを言い合ってるコミュニティなので「身内同士でブックマークすること」「ファンだからブクマすること」自体は別に悪いことじゃない。

 

だから、大事な論点を「身内ブクマ」と「そこから生じている問題」とで分けて次のような対策を取る必要がある。

・カテゴリを適切にわける(自動振り分けするはてなの問題もあるし、おかしいと思っても振り分けないユーザーの問題でもある)

・身内でも、「もっと読まれて欲しい」「もう一回読みたい」と思うモノ以外はブクマークしない。(足あとやLIKEボタンの役割ははてなスターがある)

・面白半分に同時多発的に記事を書かない。はてブを蹂躙するのはスパム!

 

…ユーザー側が機能を使い分けたり、節度をわきまえれば済むだけのことで、身内だからいい・ダメというのはちょっと論点がズレてる。

 

もちろん、運営者が良いしかけを考えてくれるのが理想だよ?

ただ、面白い書き手がいて、合いの手を打つユーザーがいて、探したい情報が見つかって…はてなの面白さを活かすような使い方を多くの人が心がけたほうが、はてブも人のブログもより面白くなっていくよ?

はてなブロガーの多くははてブでネタを探すのだから、はてなブックマークがつまらなくなることはブログがつまらなくなることに直結するもの!

 

僕は「ルールを守れ」「(書いてないけど)マナーだろ?」と人に言うのは嫌いで、言われるのも嫌だ。でも、それが面白くする・面白くなるために必要なことだったら、誰かが言わないとダメだろうな?とも思う。

 

その「なんで?」「どうして?」「どうしたいの?」がある批判が聞きたいし、説明がほしいかな?身内ブクマ批判にしろ、世間一般のルール論争にしても、そこが欲しいところだ。

 

 モテる!ソーシャル恋愛術~女心を虜にするSNSテクニック~

はてなブックマークはてなブログでモテても何の意味もないですけどね…。やたら男勝りなアラサー女子か主婦ブロガーしか女性がいないので。

 

 

・関連記事

 はてブオフに行ってきたよ… はてブオフに行ってきたよ… - とある青二才の斜方前進

 →身内ブクマ問題に絡んだ僕の記事。オフ会当時の話が色々書いてる

 「公然わいせつ」とか「社会的法益」なる概念がわかりにくいから調べたよ! 「公然わいせつ」とか「社会的法益」なる概念がわかりにくいから調べたよ! - とある青二才の斜方前進

 →ルール繋がりで法律ネタ。公然わいせつ罪について。

 なぜ凶悪犯は死刑にされるのに、苦しまないように配慮して殺されるのか? なぜ凶悪犯は死刑にされるのに、苦しまないように配慮して殺されるのか? - とある青二才の斜方前進

→ルールつながりで法律ネタ。こっちは死刑の話。