読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

音楽業界が衰退しているのは「プラットフォーム」をちゃんと確保できてないからだよ


興味深い記事を見つけた。

新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件 新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件 

 

音楽業界の衰退について元記事では

Youtubeにやられた説

・ダンスや振り付けがついたものが主流になったから

・若者の車離れでCD聞く時間が減った(車の中を盛り上げる必要がなくなった)から 

という要因が挙げられている。

 

それらを読んでさらに書き加えたくなったことを幾つか掘り下げてみたい。

そもそも、知らない音楽を聞かせる場所自体が減った

読んで気づいたが「車離れ=CD離れ」なら、同時に「車離れ=ラジオ離れ」でもある。ラジオなんかCDやラジオのプレーヤーを買わなくなった現在では車でのほうが聞くんだから。

「ラジオ」というメディアは音楽業界にとってかなり重要なプラットフォーム。

どの時間でも音楽を流してくれる枠があるため、興味が無い人に流行りの音楽を聞かせる数少ないチャンスが「ラジオ」だ。

 

ラジオをよく聞いていた(聞くと想定されていた)主な層としては

・ドライバー(自家用車/業務用車両問わず)

・主婦(一部主夫も含む)

・受験生/中高生

だが…この中でも特に離れているのが自家用車のドライバーと中高生だろう。中でも深刻なのは中高生で、中高生がラジオもCDも聞かなくなって流行が入れ替わらなくなった。

 

それが特に顕著に現れているのがカラオケだ。

f:id:TM2501:20150823124636j:plain

10代~40代がカラオケで歌う曲の中で急増しているのがアニソンやボーカロイドで、それらのジャンルを除いたJ-popのランキングを見ると僕(20代半ば)が「懐かしい」と感じるようなアーティストの名前が並ぶ。

浜崎あゆみとか、ポルノグラフィティとか一青窈とか…僕が子どもの頃から聞いてたようなアーティストがカラオケランキングだと未だに現役で入れ替わってない。

 

カラオケという娯楽の中に、ネット発でブームした音楽が食い込んでいるから「音楽そのものから人が、若者が離れた」というわけではない。

 

ただ、J-popの元々商業化されることが目的で作られた音楽については、AKB48の曲が幾つか入るようになったことを除けば、00年代後半とほぼ変わってない!

 

どうしてこうなったかというと「流行が上書きされなくなったから」だ。

かつては「音楽番組」だけではなく、「ラジオ」が若者の流行をかなりの頻度で上書きしてた。音楽番組は興味がある人しか見ないのに対し、ラジオは受験生が音楽に興味がなくても聞いてるのがとても良い!

 

アニソンが未だに話題になり続けるが、アニソンを聞くオタクは声優やアニメに興味はあるかもしれないが、別に音楽家目当てではない。(ヘタするとアニメの曲を歌ってくれるまでは音楽家を知らない知らないことも…)

それでも、自分の見るアニメの曲だと聞く。特にアバンがある場合は確実に音楽もセットで見る優秀なプラットフォームだ!

 

アニソンが流行る要因の1つは「音楽を探さない人に音楽を売り込んで行くことができるから」だ。

ラジオも音楽を宣伝するという意味では同じような機能を持ち、映画館も大事な宣伝のプラットフォームだった。だから、車離れも映画離れもラジオ離れも…全部音楽を聞かせるプラットフォームを失うことへと繋がっているのだ!

 

音楽や特定のアーティストに「特別な思い入れがない人をどう抱き込んでいくか」を考えていたからこそかつて邦楽・J-popはブームしたが、今は音楽に興味がなかった人を巻き込むがプラットフォームがごっそりとなくなってしまい、昔のような形で色んな人を巻き込んだブームは作りにくくなってしまった

 

 

 ネットを邪険にした報い/小林幸子の狙い

「だったら、音楽のプラットフォームをもっと積極的に人通りが多い場所に作ればいいじゃないか!」

と思うでしょ?それをわかってるネット出身の音楽家やアニソンを手がけた経験のある人は商業化してもなおニコ動にPVを上げたり、商業化した音楽を公開し続けてネットとの共存を図っている。

 

たしかに、ネットに上げたら「mp3に変換して保存すれば」「いや、そもそも持ち歩かなくていいや」とお金にならなくなってしまうリスクはある。

でも、それ以前に新しく音楽を聞かせる場所がなくなった今、PVがある曲だけでも上げないと宣伝基地さえ確保できない。

 

Youtubeではなく、ニコ動とかいた理由はランキングや新着動画をジャンルにかかわらず気にかける「フリーク」が存在するから。

特にランキングに関連する「フリーク」は多いんじゃないかな?

 

JASRACやテレビ局が主だが、音楽業界各社もこの「動画サイトをプラットフォームとして活用すること」にとても否定的だった。(それどころか、彼らの対応はJ-popを「触ると傷つく腫れ物」に変えてしまった。そのことが権利関係で揉めにくいボーカロイドや東方の曲、あるいはゲーム音楽やフリー素材に流行がシフトしていく大きな要因になったことはネットの中では有名なお話)

 

一方で、権利を管理する側よりもアグレッシブだったのが、音楽家の方。

具体例では、70歳を過ぎた作曲家が実はボーカロイドで作曲してたことや大御所の小林幸子さんがコミケに出てくることも話題になった。(その他にも「プロの犯行」と呼ばれる和楽器のセッション動画やピアノ奏者のコラボ動画なども幾つか話題になってる)

 

コミケにガチガチの大御所が出てくることに懸念を示す人もいて、僕自身も小林幸子さんのファン層とコミケの親和性は最低だろう。

 

ただ、小林幸子さんの熱意は本物!

彼女はポケモンやしんちゃんなど数々のアニソンを歌った実績も、ニコ動での活動歴もある。ネットというプラットフォームを理解しようとアレコレ試行錯誤している人であることはよく知られていて、付け焼き刃の媚びへつらいではない。

 

コミケまで来る必要があったか、企業ブースではなくサークルで参加する必要があったのか?はとても疑問だが、先細って行くばかりの宣伝拠点から新しい拠点を確保する・モデルを作ることに積極的なのはとても興味深い。

 

僕は音楽よりもコミケの存続と自由を応援してるから小林幸子さんを応援しない。でも、動向は気になるし、今後も目が離せない話の1つだろうね。

 

 NIPPON

 最近、面白かったのは椎名林檎のNIPPONという曲で「PVを前半・後半に区切ってアップロードする」というやり方。前半と後半の間にハーフタイムが入ったPVしかネットでは見られない…という小粋で憎い演出をかけてアップされてるのが斬新で面白かった。

 

ちなみに、椎名林檎関連のネットの使い方は面白くて、YouTubeでPV付きの曲は消されないんだけど、ニコ動にはPVのある楽曲も消されちゃって演奏してみたしかないの。(CDに入ってる曲の不法アップはどちらのサイトでも削除される)

 

その代わりに、林檎自らの裏話を公式から上げてるほか、YouTubeでもニコ動でもなぜかそういう番組系・対談モノはほとんど削除されてない。…という不思議な基準で運用されてる。どこまでが意図的かわからないけど、面白い!

 

・関連記事

あとはネタのマンネリ化も大きいのかも。歌うテーマが似通ってるとかさ…。

音楽繋がりであり、Nippon繋がり。あの曲をきっちり解釈して報じたところが少なすぎ

ネット文化が栄えて商業的な文化がマンネリ起こしてるジャンル繋がり。これは海外のゲームだけど、こういうものが世の中に出回って欲しい。ニーズがあるのに広める人・作る人がいない。