読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

特に意味のない業務連絡/もとい質問・ふれあいスペース


なんか、大昔のブログ記事が伸びたので消した。

 

自分でも「あの時の記事が伸びてほしくはないなぁ」と思うほどの昔の記事だったから消した。

 

僕のアンチで、嫌がらせでちくいちはてブで誤解を招く発言をして嫌がらせしてくる人がブクマした記事なので消した。

 

基本的にアクセス数取れることは歓迎する主義だけど、あからさまな嫌がらせに笑顔振りまくほど、僕は人気がないわけでもないし泥水すする必要もないので消した。

 

今後もこういう対応を取る。その第一号として消した。

 

僕のブログはたしかに、300とも400とも言われる駄作・ダメ記事があったから今、100はてブ、10000アクセスができるのは事実だ。だから、その記事を残し続けてきているが、もしも嫌がらせのために吊るしあげられるなら…消す。そして、晒しあげられたから消した。

 

業務連絡ですので、中身はありません。

「僕のブログに中身なんかないとバカにしている人」「うんちをつっつく感覚で君が思っている・伝えようとしているメッセージなんかおごりとエゴ」「君が出している数字のほとんどは嘲笑だ」と言いたい人はいると思いますが、それを言った人間で僕よりも数字を出しているのはカノセさんとしのさんだけです。

 

カノセさんとしの(raf00)さん以外で僕の批判を一丁前に言いたいなら僕よりも数字を出して、僕が読んで頭がさがるものを持ってきてからどうぞ。

そのぐらいになったら僕は頭ごなしでくだらない、人格的に劣るような批判にも相手をしてあげますが、僕が隣り合った時にお酌もお辞儀もするレベルじゃない人に深々と頭を下げて、嫌なことを言われても咬み殺す義理はありません。

 

こういう記事を書くのは良くない兆候だと思うのですが、あんまり頭ごなしに僕に対して嫌がらせをする人がしつこかったので「あなたがその気なら、僕は僕で措置をしますよ?」という意思表示で描かせていただきました。

 

いつも、青二才を楽しんでいただいている方、三沢文也の投稿を楽しみにしている方には大変申し訳無いことをしていると思います。

僕の書き物をいい意味で楽しみにしてくださってる方のご期待に添えるよう頑張りますので、この記事の事は水に流して、次・その次の投稿を楽しんでいただけると幸いです。夏らしい清涼感のある企画・顔が真っ赤になるような官能的な企画も用意しています。体調が良くなってきたら随時書いていきますので、その時はよろしくお願い致します

 

※この断り書きは特に反応がなければ消す予定です。言いたいことがあったり、議論になったりすれば、多少放置する時間を設けるかもしれませんが、それは僕の気まぐれで判断いたします

 

質問くれたから一応返しておきます。

okachan_manはてなが倒産したらどうしますか?」

 

あんまり考えたことなかったですね…。僕個人的にはTwitterがなくなるほうが困るんですよね。はてなはなくなっても似たようなサービスは出てきそうですが、Twitterほど火力を持ったサービスはなかなか生まれてこなさそうなので。

はてなへの依存度は下げようと努めてはいますから、はてなが潰れるまでにはそれを考えずに済む環境ができていくとは思いますが…

 

showgotch 数字で判断してるってことはイケダハヤト師になんか言われたら普通に謝るのだろうか

 

数字(はてな補正)+技術で判断してますね。

数字がなくても僕が一目置いている人(最近だとはなこさんとか杏さん)には土下座も辞さないぐらい謝る用意はありますし、下手だと言われてもどんどん聞きます。

逆に、執筆の実績やキャリアからみたら格上扱いすべき古田ラジオさんなどは仕事を全部見て、ブログもヒットしたものを見て未だに面白いと思ったことがないので、彼に謝れと言われても多分謝らないと思います。部屋と呼ばわりされたら10倍にして返すと思います

 

イケハヤは僕はかなり高く評価してますし、僕よりも圧倒的に格上なんで、へたくそ呼ばわりされても言い返せないと思います。

 

別にお金もらってやってるわけじゃないし、言うこと聞いてれば寄稿依頼が回ってくるわけでもないので、なるべく実力基準で判断してます

 

K-Ono 電子の海に放たれたものは1bitたりとも減ってはならないと思っているけどまあそれはそれで押し付けるもんでもなかろう。

 僕も、可能な限りはそれを貫くつもりです。しかし、欠点を晒しながら戦うのは分が悪いと判断した時は、かつためにそういう理念をかなぐり捨てます。

 

あくまで、目標は勝つことですから

 

 qwerty86 自分で書いて自分で晒した記事に注目されるのが「晒し上げ」という理屈が分からん。ブロガーの馬鹿さ加減は自身の責任で全世界に発信されてるはずだが…その前提すら放棄して「他人のせい」なのか

 確かに記事を書いたのは僕です。それは否定しません。ですが、過去の記事を蒸し返したのは他人です。それも悪意のある他人です。

 

ponkotukko 読者を評価の値としてしか見ないっていうのはどうなんでしょう

もちろん、「しか」ではないです。ですが、最も顕著に出るのは「値」です。おべんちゃらも、お世辞も、ブーイングもネットには本心でないことなんていくらでも書けます。

 

ですが、数字だけは一人二人の意思ではなく、もっとそれ以上多くの人の意志と行動が関わって初めて出ます。それは一人二人の嘘で塗り固めることはできないから信用度が高いと感じているまでです

 

 zaikabou なんかブクマせずにおれない文章が書けるのは才能だと思いますよ

 この記事に関しては全く狙ってなかったんですけどね…書いた後に「ああ、情けない」「なんで書いちゃったんだ」「はてな村民を名乗る僕がこんなにストレス耐性なくてどうするんだ?」という虚しい気持ちしかありません。

 

狙って書くこともできます。でも、それは才能ではなく訓練ですよ 

 

 satromi ほんと、まともな大学出られればよかったのにねという感じ。いや、まともな小学校というべきか

 僕が色々踏み外したのは高校で転校して世界観がまるで変わってからです。踏み外したとしたら僕が横浜に来てから入った高校でうまく馴染めなかったことじゃないですかね?

 

自分としては病んでからがんばって立て直してる自分も嫌いではないですね…一応、体調が戻るに連れてできること、病む前に比べて頑張れてることもとても多いので(あ、これはネット関連の話以外のことも多く含むので、お会いした人だけしゃべる方針で)

 

toksato いつから「業務連絡は中身のないもの」になったんだろう

あ、僕の言う中身というのは「エンタメ性・メッセージ性」など僕がブログに対して供給すべきもののことです。少なくとも、そういうものはないはずです。

 

書いた僕が言うのもなんだけど、ゴミ記事だと思うよ。

 

big_song_bird   この人も、ブログやTwitterは壁に向かってブツブツ独り言を言ってるだけで、誰も聞いてないと思い込んでるクチか。

 逆!オーディエンスを意識してるからこそ、疲れ果てて消耗してしまうクチ。いらないことを言い過ぎるというか。

 

houyhnhm 本当に、早く治せよ。

良くはなってるよ。治ってるとはとても言えないが。仕事で心身を追い詰められた人間としては中途半端な体調で、下手に責任が取れない状態で出て行くことになんのメリットも感じないので、自分では「十分に治ってる」と思えるまではもうしばらくのんびりするつもり。

 

働けのなんのという批判は普通に過ごしてても睡眠不足になったり、人の倍疲れる人間を雇う覚悟がある人だけどうぞ。もしも社会的な美徳や、正義感や老婆心で言ってるなら、そんなものはうんこだ。

そもそも、僕が上司だったら優先して不健康な人を雇いたくないし、雇えるほど配慮された会社なんてほとんどないことを知ってるから「頼らない程度の体力がないとやるべきじゃない」と考えた上なので。

 

mame-tanuki はてなというか、少しネットを控えるべき。ネトゲRMT的にネットで稼いだ数字を現実に還元するのは難しいのだから。生暖かい目でヲチする対象が減るのは悲しいけどさ。

 別に、いますぐ現実に還元する気はないけど、いずれは還元するつもりでいるし、それは病む前からずっとやりたい事なので続けるつもり。

 

ネットを控えるべきだという意見には同感だけど、それは僕自身の生活を律するためであって、別にネットを離れたから精神衛生が安定するとはとても思えない。ネットではなく仕事しててとんでもないヤツとやりあう羽目になってやめた人間だからね。

 

kaionji わざわざ宣言するなんて魚拓をとってくれと言ってるようなもの

 黙ってても、見たい人は何かしらの手段で見ることを知ってたからそこは諦めてる。ただ、一般の僕に対して嫌味な目線を当ててない人に対して見せないことで一矢報いただけ

 

 houjiT  趣味で書いているようなブログなら「曲解されて晒された→削除」も解るけど、論戦を射程に入れているブログでその判断はないなぁ/観客を意識していても、一方的に話してるだけならいないのと同然よ……

 いや、3年もつたない過去記事を悪意がある晒され方して、どうして僕が相手からしてフェアでもないのに、僕だけがフェアな姿勢を貫かないといけないんです?

 

何度も言ってますが、原則はノーガードです。たとえクソ記事でも、自分の書いた記事は今の自分の肥やしだから消しません。

ですが、相手が僕の評判を下げるために嫌がらせ目的であげるなら話は別です。

 

建設的な論戦が期待できない以上消します。建設的なフィードバック、いい意味での読者の獲得が期待できないなら応じる理由がありません。

 

 fut573fut573ぜひ、ブクマ数で誰かと決闘とかしてみて欲しい。

 対決というほど仰々しい事はないですが、僕に数字が近い人がいると目安としてその人の数値を意識してます。

 

最近、僕の数値に近い人で言えば、次の二人が目安になるかと思います。私怨や思い入れ、ジャンルなどは一切無視して「合計のはてブ数が近い3人」を挙げます。

 

LUNATIC PROPHET有村悠さん) 12164

とある青二才    11394

My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Onlyファーレンハイトさん) 10296

 ただし、ちゃんと補足しておきたいのは

・有村さんは助走期間も長く、ヒットした記事でのインパクトも小さいものの、寄稿している場所やライターとしての知名度で言えば、ブログでのそれをはるかに凌ぐモノがあり、ブログやTwitter以上の知名度・観測され度合いがある人

・最近で言えば僕のブログが一番伸びているが、その前の助走期間・ダメ記事が多く、また挙げた三人のなかで唯一ライター関連の仕事が全くなく、数字が確実に出せているのもここ半年ぐらいの話

・数字こそファーレンハイトさんが一番少ないものの、記事数が少ないこと、はてなアイドルと呼ばれる村での炎上芸ではないことなどを考えると最も最短距離で数字を伸ばしていると言える。

 

という風に各々内情が違うため、誰が優秀・優秀でないということを表す数値としては適切ではない。

 

ただ、「どの程度読まれているか?」「ブログ界隈でどの程度知られているか?」という目安にはなるのではなるので、目安として意識はするようにしてる