読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

躁うつ病の僕がうつ病報道に対して言いたいこと

躁うつ病・発達障害

夜中に眠れずにつぶやいたことが話題になった。

 

うつ病を取り上げてくれることは、各種報道機関に対し感謝している。

しかし、うつ病に関する報道は一番辛いこと、して欲しいこと、肝心な事が報じられない。患者の欲するところではなく、発症時の脳内に起こる変化の説明や企業や自治体の対策を紹介するばかりで、真に患者のためになっていない。

 

そこに、もどかしさを感じる。

  • そもそもうつ病は動けなくなるところから始まる

せっかちな人のために先に結論から。うつ病及び躁鬱病になって困ることたくさんあるが、敢えて優先順位をつけるなら次の通り。

 うつ病患者が強く悩む3つのこと

1、診断されるまでの時間・治るまでの時間が他の病気とは比較にならないぐらい長い上に不確実。これにより精神的・経済的にジリ貧に陥ってしまう。

 

2、体が言うことを聞かない状況、寝込んでいなければならない状況に対して落ち着かなく、心細い。また、少しでも体調が上向くと周囲からのプレッシャー/自身の強迫観念から無理をしがちで完全にうつ病を克服する前に体調の良い状態・悪い状態を行き来することが多い。

 

3、うつ病には「完治」という概念はなく、いつ再発するかわからないため、治ってから社会復帰をしても無茶が利かない。事情を配慮してくれる職場を探すのも難しく、融通してくれたとしても仕事でうつを患った人は性格や働き方を変えにくく、復帰に失敗したり再発することがしばしばある。

 

うつ病報道ではこの3つのことをほとんど触れてくれない。

うつ病には納豆やレバー、マグロの赤身などが効きます」

うつ病を改善するためには運動と、思考を変える訓練セミナーに出ましょう」

(企業人事)「うつ病対策のため社員とコミュニケーションをとるようにします」

 

こんなことを報じられても本質からは脱線している。

 

過労から来る不摂生や精神的なひもじさ、例え大企業にいてもやりたい事ややりがいが見えないことから生じる閉塞感、予期せぬ身内の死や周囲とのミスマッチなど仕事以外の人間関係の悪化…うつ病になる理由を色んな人に見聞きしてきたが…企業が取るうつ病対策は現実の患者とひどく乖離してる。

 

「上司が様子を見る・コミュニケーションを取る」ことはほぼ意味がない!ヘタをすると悪化を招くような筋が悪い措置だ。それこそ、企業側が「対策はしたけど、ああなった。我々は悪くない」とアリバイづくりにも見えるほどの悪意であり、面倒臭がっている姿がまぶたに浮かぶ。

 

それを「うつ病対策だ」と報じられても、患者としては本当に悩んでいること、問題として捉えていることが伝わらず、憤る。憤る元気すらないから頭を抱えてうなだれてしまう。

 

だいたい、うつ病の症状の報じ方も大雑把だ。「寝込んでしまう」などとよく報じられるが、眠れないし、集中力も沸かず何もできない中途半端な状態が続く人も多い。

体のバランスそのものがズレているため、睡眠はもちろん、食欲も過食と拒食を繰り返したり、性欲についても恐ろしくムラムラする時もあれば全く枯れている時もある。

 

体全体のバランスが0と100に触れてうまく調整できない状態が続くのが躁うつ病の特徴であり、うつ病の場合にもこういった「ムラが大きい状態」が続く。とても良く似ているのだが、躁うつ病には「躁」と呼ばれるハイになっていて、能力・活力が高まる状態が一定期間続くことがあり、うつ病の場合にはそれがない。(その代わりうつ病の場合のほうがうつ状態が酷く、起きてから夕方まで動けないまま一日を終えてしまうような人も)

 

頭も動かない、食事も睡眠も不安定なので、とにかく予定が立たない。

 

報道でよくあるのが「体を動かせ」とか「セミナーにいけ」というものだが、ある程度寝込んで体調を良くしても…すぐにこういったことができるわけではない。

特にセミナーなんか論外だ!うつ病になってから半年ぐらいは人の話を聴き続けていることができなかった。たとえお酒の席・喫茶店などリラックスできる友人との会話でさえ、3時間話していると頭が痛くて疲れ果て、だらけた姿勢になってしまう。(うつ病発症直後は30分持てばいいぐらいで、最悪な時は小学校レベルの筆算で頭痛がした)

 

運動も外にでることそのものが苦痛だった時期があった。一番ひどかったのは「散歩も兼ねて川崎大師に行こう」と思い、徒歩10分そこらで駅まで行った所、駅についた途端に「帰りたい!」と駅の前で一人嘆き始めたことがある。

あの時は我ながら「病気だ」と思ったが、当時は大真面目にマイナス思考が折り重なり、小さなことで疲れていた。

 

自分の中で小さいノルマを少しづつ課しながら、「勉強したい」「外に行きたい」「働きたい」と自発的に感じる自分を作る。それだけで半年ぐらい費やしたから、うつ病で本当に苦しんでいる人・一番辛い人の立場で言えば簡単に「外に出よう、セミナーに行こう」なんて言わないで欲しい。…切実に。

 

一番苦しい時は放っておいてもらわないと治したくとも、治せない。本人が一番働きたい、遊びにも行きたい…でも、それができないことをまずは察して欲しい。理解のある人にしか会わない環境が作れたから僕は復帰に専念しているが、そうでない患者は人間関係や理解がない人とのやりとりでもみくちゃになって大変な思いをしてる。そのことが言いたくて言いたくてたまらない!

 

  • 仕事への「ひもじさ」「閉塞感」を取り除くべし

企業のうつ病対策がコミュニケーションや飲み会では解決しないことを言及したから更に詳しく述べたい。

 

職場を通じてうつ病にかかる人の共通点は過労によってお金の有無にかかわらず生活がすぼんでいくさまを目の当たりにすることから生じる「ひもじさ」か、大企業で勤務も比較的に緩やかな場合にうつ病にかかる場合は「自分自身への閉塞感」(受験などの燃えつき症候群に近いもの)がある。

 

仕事を通じて自分がどうなっていくキャリアプランを示せてない企業も多ければ、健康で休みも確保する責任を果たせてない管理職もたくさんいる。

 

うつ病対策」を特別なことと捉えるべきではない。本業を老若男女問わず、末永く働ける職場としてシステム化・機械化させて労働者の負担を減らすように努めることが一番のうつ病対策だと言いたい。

 

経営者や管理職など権限のある人が仕事のあり方を多くの人が続くように見直す。仕事をしている人がもっとたくさんの付加価値を生み出せるような仕事の分け方を考えていく。

 

人力で仕事をさせれば、管理する方は楽だ。機械と違って融通が利くため、無茶ぶりもできるし、できない時にシステムを作った人ではなく、そこで実行した人間に責任を押し付けることもできる。

だけど、責任を取らない人間の下で働いてたら、それだけで自分の仕事をするために複雑な人間関係がからみ合ったり、仕事を効率化させたくても誰に何を言えばいいのかがわからない。

 

特別なコミュニケーションも飲み会もやりがいもいらない。辛い仕事をできるだけ辛くないように効率化させる、配慮できる範囲で向き不向きを調整して精神的な負担軽減に務める…本業の中でできることをかっちりやっていただくだけで良い。

そのほうが病みかけている人にも、復帰する人にも優しい職場になるため、ぜひともそうしていただくことを願う。

 

関連記事

自分自身が躁鬱病ゆえ、興味と言いたいことがあるため幾つかの記事を書いています。良かったら合わせてお読みください。

 

躁鬱病の何が辛いかを簡単に語る  躁鬱病の何が辛いかを簡単に語る - とある青二才の斜方前進

 

 ・【映画】ツレがうつになりまして。 感想  【映画】ツレがうつになりまして。 感想 - とある青二才の斜方前進

 

「新型うつ」なんかはじめからなかったんや!  「新型うつ」なんかはじめからなかったんや! - とある青二才の斜方前進