読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

唐揚げが生なんだが…


この記事は特に考察とかではなく、日記から気楽に聞いて行って。

  • 贔屓にしてるお店の人としか話したくない

つい最近あった話だ。馴染みの店の一つで、バカでかい唐揚げが出てきたと思ったら…生だった。それを言ったら、すごい勢いで謝られて…後味の悪い罪悪感が残り、かえって不愉快だった。(食べる最中でもなければ、大声でガチャガチャ言ったわけでもない。会計の際に小声で「こういうのがあったよ」程度のぬるい言い方しかしてない)

 

別にさ、それ自体はランチにいくつか出てきた唐揚げの1つだし、他の物に不備があるわけでもないから別にいい。少なくとも「謝って欲しい」とか「お店の風評に傷をつけたい」なんてちっとも思ってないわけ!

 

よしんば、不備だらけの店だったとして「誠実な対応」よりも「さっさと店を出て2度と来ないという意思表示をすることで報いたい」わけ。

人に頭を下げさせたい人間では1ミリもない。見下されるのはやってきたことを否定されたようで嫌な気分になるけど、別に誰かが謝ってもらいたいとか、譲歩させることで自分の権力・実力を示したいとかちっとも思わない。

 

むしろ、そういう人が嫌いだ。だって、下品じゃない?

人間の意思は大きく分けて「もう一回したい」と「もう二度とやりたくない」しかない。もう2度とやりたくないことはたとえ些事であろうと苦痛に感じたことは全力で回避する。

 

僕程度か、僕以上に合理的に生きたいと思うなら大声で店にクレームも、指摘も言わない。

むしろ、好きな店だからこそ「良かれと思って、お店の風評を落とさない形に努めて」唐揚げが生だったと言っただけ。「不良品だったから作り直せ」手間のかかることを言う気もなければ、無料券や優待券が欲しくていうわけでもない。

 

「君の愛憎で、「お店が僕の期待に応えてくれなかった」とでもほざくの?身勝手だね」 とか勘違いされそうだから言っておきたい。別にこの店だけに限ったことじゃない「風潮」で、この店の対応が特別悪いなんて思ってない。

 ただ、ああいう風も指摘をクレームとして受け取る店が増えていると「会話が成立しないお店・店員さんが増えて嫌だな~」と感じるから記事にしたまでのこと。

 

  • 礼儀もミスをしないことも大事だけどさ?

ミスをしないことも、ミスをしたら謝ることも大事だけど…そんなことよりも大事なのは「その客が何を求めているかを読んで次の手を打つ」というさじ加減だよ?

 

客の温度差が見えてない、見えていてもマニュアルが重くのしかかって動きにくそうなホールさんやお店が増えたから言うが…結局は人間同士なんだから会話することや指摘・文句を言われることから逃げ腰なお店ってその時点で「ああ、会話拒否ですか…」としか思えない。

 

お客様は神様じゃないよ…「触らぬ神」とか「邪神」のように扱われているから言いたいけど、相手は人間なんだから!たいていの人は忙しければ察して待つか出直すし、クレームをいう訳でもなく、やるべきことをちゃんとしてくれることを求めているわけで…

 

 小言としかない内容ではあるが、最近あまりにもこういう店が増えてきたから「そういう事されたら、かえってお店に来にくくなるから止めてくれる?」と書かせてもらった。

 

 …マニュアル化?社内の評価?接客の評価ランキング?「そこまでやってくれる」をありがたがるカンブリア宮殿日経新聞…怖いわ~過剰なサービスと管理と謝罪(媚びへつらい)が 客の圧力でもなんでもなく、従業員潰しているさまを見るのは怖いわ~

 

 刺身が生なんだが

 

 タイトルの元ネタはこれ。

 

関連:ちなみに、「刺身が生なんだが」と発言した当人の迷言を綴った「フミコフミオの部長シリーズ」は必見なので、是非!

 上司の言葉をまとめてみたよ。夏コレクション - Everything You’ve Ever Dreamed 上司の言葉をまとめてみたよ。夏コレクション - Everything You’ve Ever Dreamed