読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

誰かがメジャーに行くたびに、他の日本人選手と掛け算するスポーツ記者とファンが大嫌いです


あまりにもひどいニュースのやり取りがあったことを、さる筋からタレコミをもらった。

 

というのも、田中将大ことマー君が元ヤンキース松井秀喜から入団を後押しされた…というニュースが報じられた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000213-mlbjp-base

 

で、それがデマだった。田中将大自身が否定している。

http://news.livedoor.com/article/detail/8458681/

 

考えてみれば、当然のことだ。聞いた瞬間に「そんな流れにキャーキャー喜ぶのはマスコミだけだ」と気づいてしまった。

というのも、田中将大という人物が私の1つ先輩で、世代は同じぐらいなんだ。

 

そして、僕や田中氏の世代から言えば、野球を始めた頃にはイチローと松井はプロのトップ選手(※ちょうどイチローについてはパワプロでオールAがついていた時期)で、プロに入った頃にはベテランの大先輩になってる…ような選手だ。

 

そりゃ、田中将大は後にプロになる選手だったから、高校時代にアメリカで松井秀樹と握手した写真が残ってるよ?だから「全く同じ」と言うつもりはない。

ただ、「存在が遠いすぎる」よ!引退もしてるし、田中がプロになった頃にはメジャーにいた人から突然「後押しの電話がかかってきたよ」なんて言われても、困惑するよ!田中だって人間だもの!(野球しているときは人間離れしてるけど、野球してないと「ただのアイドルオタク」だぜ?)

 

これが同じリーグで野球してて、なおかつ現役であるダルビッシュならまだ「あったのかもしれない」と思わないでもない。(そんな情に訴えるような小細工を裏方がするかどうかがそもそも疑わしいけど、もしそういうことが日常茶飯事なら遠い人物・OBよりも近い人物・現役の人・活躍中の選手を選ぶだろうね。)

 

でも、引退した松井はもちろん現役のイチロー、日本球界にいた時期がわずかに1年しか被っていない黒田博樹については、完全に「直接は知らないけど、プロになる前から知っている伝説の大先輩」だ!

 

日本人選手同士じゃれあうことをスポーツ新聞の記者連中は期待してるが、そこまで歳が離れて、なおかつチームどころかリーグも違っていていれば、完全に他人だし、絡むとしても何年も一緒に仕事できるほどぬるい職場じゃないよ!

イチローとマー君に至っては年の差15よ?親子か、親戚のおじさん・お義兄さんの類で、繋がりがあっても全然親近感がわかないレベルよ?会社で一緒にいたら、どう頑張っても話が合わない先輩後輩ですよ?

 

それを「イチローとやってけるかな」「黒田とやってけるかな」とかなんとか騒いでいる人見ると、

「いや、そこまで年の差もあってプレイするポジションや過去の交流のなさを考えたら、事実上【知らないところに飛び込む】のと何も変わらないわ!」

とつっこみたくなる。イチローだって、日本球界にいれば伝説の人物だろうけど、アメリカでましてや入って数年のヤンキースともなればベテランではあっても「ボス」的なポジションでもなかろうし、ドロドロの人間関係の中でボスになりたいようなタイプの人物でもないし…。(あ、松井秀樹に先輩風を吹かしているイチローはテレビで見たことがあります。でも、それ以外で「ワイが、先輩や」的なイチローはほとんど見たことない)

 

野球選手だって人間だし、数あるお仕事の1つとしてそれがあるだけなのに、そこにいる人間が特別すぎるキラキラなイメージで凝り固まった人は当たり前のことも想像せずに妄想だけでモノを言う。

「もう、妄想はお腹いっぱいですよ?」と作り笑いを浮かべながら、誰かがメジャーに行くたびに僕はくそどうでもいいメジャーニュースを見るんです。本人不在のまま妄想と期待をぶつけられて選手は大変だろうなぁ…と。