読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

恋なんて手を握って永遠を感じあうだけで十分じゃないのか?


成長しないと恋じゃないのか?騒ぐ場所がバリじゃないと恋じゃないのか?二人で写真を撮る場所は自家用車やシャンパンタワーの前じゃないとけないの?

 

この間うっかりはしゃいで書いたけど、僕が「恋しとるなぁ…」と思った場所なんか錦糸町のカラオケボックスの一室で、脱がない程度にいちゃいちゃしてたとこだぜ?1000円かかってないし、飲み物もソフトドリンクさ。

 

※もちろん脱いでないし、やってないから法律には何も反してません

 

暗闇の中で二人で寝そべって「電気消して」だなんだってありふれたやり取りして、特になにかしゃべるわけでもなくひたすらベタベタと抱き合っている時間を過ごして…満足げにやっちまった感を浮かべながら「少し歩かない?」とか言って、二日目のデートをしてみたり…それが恋ってもんじゃないの?

 

「苦楽を共にしました」「学ばせてもらいました」とか別れ際に書いているカップルを見ると「なんか、それって恋じゃないよね?仕事場でいる仲間にも同じことが言えるよね?」という気持ちにしか僕にはなれない。

 

  •  恋できる人は本音と怠惰を見せられる人

この間、人の恋愛経験を聞き、自分の性体験を今になって思い出してみると、恋愛なんてものは「快楽」の類で「自分を高める」とか「お金持ちや信用が欲しくてやる」なんてもんじゃないよ。

 

近頃は、「恋」という「怠惰でむき出しに人間同士でぶつかり合って付き合おう段階」を突き飛ばして、「あいつがお金を稼ぐ」「あいつは家事がうまいし美人だ」なんて合理性の延長で「恋愛という名の損得勘定」をやってる。

 

だって、つまらないじゃない?大人になったらロボットみたいに仕事と資産の損得勘定だけで人と付き合っていかないなんて。

 

割が合わなくても、本音が言い合える相方がいたり、強烈な快楽を味わいたいと切望する人間らしさを突き詰めてみたい…そんな風に思う自分がいてもいい。

仮に、恋愛が結婚になっても、そこは損得勘定だけじゃ割り切れない「聖域」になるから、人間らしい感情とか判断を残することができる。

 

なんか勉強して横文字や熟語をベラベラとしゃべるようになっているけど、男なんか永遠に中2だよ!おっぱいに夢が詰まってると信じてるし、寝そべって女子と恋人つなぎしていると「時間が止まった」ような錯覚に陥る。それはどんだけ学問が高度になっても逆らえない本能だし、そこに人間が還って誰かと「止まった時間を過ごしたい」と願うのが恋なんだ!

 

人は…いや、恋はふしだらなもんだ!

それが何だよ!?

与沢 翼 - [重大なご報告] 私事ではございますが、実は1月の初旬、最愛の彼女「山田るり子」とお別れ致しました。... | Facebook 与沢 翼 - [重大なご報告] 私事ではございますが、実は1月の初旬、最愛の彼女「山田るり子」とお別れ致しました。... | Facebook 

 ここに出てくる次の文章を見ていると「3年も同じ女と付き合っていた人間が言えることがこの程度かよ?お前の恋って何さ?」と僕は感じるんだよ!

 


東京ミッドタウンでお付き合いを始め、六本木ヒルズに引越し同棲を開始、それまでは知らなかった家庭と恋の温かさを知りました。

ご飯を作ってくれ、いつも家で待ってくれている、るりと愛犬。

毎週フェラーリで国内を旅行し、海外にも二人でたくさん一緒に行きました。

バリで過ごしたあの日、コンラッドホテルの真夜中のビーチで語り明かしたあの頃

ハワイで初めて買ってあげたバーキンのローズテリアン

シャングリラの最上級スイートで過ごした彼女の誕生日、二つ目のバーキン

愛犬を連れてミッドタウンの公園を散歩していたフリーエージェントの時代

リッツカールトンレジデンスの居住者パーティでドレスアップした美しい彼女

 

 

 …ねぇ、これで彼女との思い出を語っているように見える?僕にはミッドタウンと愛犬と外車…ついでに言えば、「外国にしょっちゅう行ける金持ちな僕ちゃん」を 自慢しているようにしか見えません!

 

彼女の人格的な魅力とか、彼女からしてもらったことへの感謝とかさ…そういうのがほとんどないじゃない!

 

 何、俺がこのテンプレート真似して書くとこういうふうになるの?

「彼女と食べた三宮での焼肉、錦糸町のカラオケボックスであと10分のお知らせが来るまでいちゃついたあの日、横浜をカップルに混じって夜の街を歩いたあの日…鶯谷の安ホテルで朝になると山手線の音がゴトゴトと聞こえることで目覚めるあの場末感」

とりあえずあることないこと書いてみたけど、こんなことを別れ際に言われても「自分の何を見られていたか」「自分といてどんな気持ちになったか」も全然わかない。

 

当然、自分が読んでわからないのだから、他の人が読んでも伝わるわけがない。その人と過ごしていた時間も伝わらなければ「一緒にいる時間」の空気感や恋愛関係とはなにか…さえ伝わらない。

 

二人で良くも悪くも、甘えたり依存できる「素顔」が見せられないデートや家庭環境なんか考えてみ?休まるところがないと、結局は「一人の方がいい」「結婚することは損(得)だ」という議論にしかならない。そうじゃないん!だれか「厄介を引き受けていいと思う人の支えになってあげたい」「自分はその人と一緒にいられれば(お金とか美人かとかそういう損得を飛び越えて)幸せだ」…お互いが良くなることだってダメになることだってある。それが恋愛だ!

 

むしろ、相手に依存したり、自分が相手のことに夢中になりすぎるあまり「ダメな一面」を見せてしまう・見えてしまうような所さえない恋愛なんか恋愛じゃない!楽しいところを強調して、相手から学んだとこだけを見て「ありがとう」という?…そんなに行儀のいい人に僕はなれないね。欲しい相手のことを一日中考えちゃうし、その人と一緒に過ごす時間のことばっかり考えちゃうダメ人間だね。

 

それは相手の容姿とか明確な基準があって「恋」が始まるんじゃない!美人でお金持ちであったほうが得だけど、そんなの二の次だ!恋したと自分が突っ走り始めた時から恋の駆け引きは始まってるのさ!

 

前にブログに書いたけど、そんなに自分の条件通りのやつと結婚したいなら求人票を出して面接すればいい!(参考:そんなに【いい相手】と結婚したいなら公募でもしたらいいのに(笑) そんなに【いい相手】と結婚したいなら公募でもしたらいいのに(笑) - とある青二才の斜方前進)居るべきところにだけ女の人にいてほしいならそういう時にだけ一緒にいる愛人を紹介してもらえばいい。…でも、それじゃ満足できないから、偶然出会った子との恋愛であったり、怠惰なラブロマンスそのものに憧れるんだろ!

 

だけど、もっと偶然とかその人に身を任せることで人生を楽しんでみたいのさ。…少なくとも僕が彼女の体温を感じているときはそう思ってたね。そして、その瞬間こそが人の幸せだと信じてますよ。

 

 

 

 いいアフィリエイトが思いつかなかったので、惰性でこれにしました。