読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

英語と人材と教育と〜ノートも使いこなせない人がスパコン買ってどうするの?


僕の意見だというと、一部のひねくれものが「もう、おまえが喋ってる時点でダメだ」みたいに言うから、「俺だけの意見じゃなくて」という前置きの上に述べると「企業によっては、大卒や留学生よりも中卒・高卒の方が良い場合もある」んです。…まぁ、あとでそういことを言ってる人の本は出すので、詳しくはその人の本読むなり、公演に行くなりして「たまには青二才もちゃんとした人を紹介するなぁ」ぐらいに思ってください。*1

  • 新卒叩きするぐらいなら、受験や就活の競争なんて辞めちまえ!!

この記事を書くきっかけとなったのはゲンダイさんから出ていたこのネタ。
大研究 なぜ日本の企業はこんな採用をしているのか ユニクロ・楽天・グーグルほか 急増中!「英語ができて、仕事ができない」若手社員たち  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 大研究 なぜ日本の企業はこんな採用をしているのか ユニクロ・楽天・グーグルほか 急増中!「英語ができて、仕事ができない」若手社員たち  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

内田樹がいったんだっけ?シロクマが言ったんだっけ?そこらへんの細かいところ忘れちゃったけど、バブル以降もバブル前のゆくゆくは医者か、博士か…みたいな教育をすることで、母親は自らの存在意義(ネットで言う「承認欲求」)を満たし、子どもは競争に勝つことを自分の存在意義にする。(そこでスクールカーストの下位に行くと、「趣味人」や「アスリート」として勉強という競争で承認欲求を満たそうとし、僕のようなキチガイブロガーが生まれる。)

↑考えてみたらすごいことだからね?20そこいらの若者が、あのゆうきまさみ*2に批判されたり、本物の編集者のカノセさんとああだこうだ言い合ってるんだから、誰もができることじゃない。(ここまで、熊代亨著「ロスジェネ心理学」の内容)

次に、内田樹「下流志向」の内容なんだけど…競争の勝者は当然、企業や学校・家族に対して、それ相応の待遇を求めるんだよね。プライドが高いとか我が強いとか、そういう人が多く出現したり、競争が続きすぎることに限界がきて、うつ病を患ったり…ってオレだね(笑)

断言してもいいね。僕はあと3年以内に死んでるか、プロライターになってると思う。でないと生きていけないもの。そのぐらいの時間も手間も浪費し、病むほど頑張ってきた。そうすると、対価求めずに入られないもの。(実際に数値として・反響として手にかけてる部分もあるしね。)

もう、何度話した分かんないけど、僕は優等生として育てられられ、夫の釣りバカ日誌さえ捨てさせられるようなアンチオタクの母親からオタクブロガーになったんだぞ?お前達にどんだけ俺が大変だったかわかるか?岡田斗司夫みたいに生まれながらに与えられた人ではなく、ナイチンゲール*3今井哲也さん*4みたいに「家庭環境からすれば明らかにそうじゃない人」がそっちの道に進むのがどんだけ大変なことか…。それでもプロになった今井さんや、彼女に振られても猟師になった岡本健太郎さん*5はもう、「憧れ」というよりも「希望」ですね。

「対価を求める」という行為自体は人間としては「生理現象」みたいなもので、希望がないと少なくとも若年層は生きられない。歳をとればどうなるか知らんが、若いうちは頑張ったら頑張った分だけシアワセになれると信じ込まされる。「いい成績をとればいい学校に入れる」なんて大それたものから「いい子にしてればサンタさんが来る」みたいな小さなものまでね。

そのノリで企業に入るから「TOEIC900点のエリート様の俺には俺にふさわしいビックな仕事が来る」と思い込むわけ。…これが楽天みたいなベンチャーで拡大主義で「クレーム上等」な企業ならいいんだけど、ちょっと安定した商社や国策企業になると、「お茶汲み」から入る。そんで、「100人に一人をくぐり抜けてきて、こんなさえないジジイのお茶汲みなんてできるかボケ!」と新卒がやめる。

…新卒側からしてみりゃ当然よね。それが仕事に必要だと説明しないような会社なら尚更、説明してくれる企業でも「じゃあ、茶葉の勉強でもしてればよかったわ」みたいな話になってくる。

ちなみに、これって趣味の世界でも同じこと。ガイナックスというエヴァンゲリオンめだかボックスなどのアニメ原作・アニメ化をやった会社に入ってくる社員はそこの幹部曰く「この世で一番絵がうまいと思ってるような奴らが入って来る」という。(5年ぐらいに一回のペースでオタク界で伝説になるようなアニメを作る会社ですからねぇ…)

そのガイナがやる事は新人達のプライドを絵でズタズタにすることだそうな。絵をチェック・指導する人にボコボコにされて、それでも生き残った人だけがその人がスタッフロールに流れただけで歓声が上がるような有名アニメーターに育つという…まぁ、すごい会社(笑)しかも、ガイナックスの場合、新人時代にプライドをたたきつぶされても、結局大成すれば、だいたいは独立したり、フリーになったりして、高いプライドを維持しながらアニメ制作をし続けるのだからあそこの会社は別の意味で興味深い。

TOELC900点取るような人はそういうガイナックス的な事を期待して入るが、商売に大事なことって、意外と上座・下座みたいなしょーもないマナーだったりするから、案外学んだこと・積み上げてきたことが役に立たない。それで実績がないし、使える見込みもないから「人罪」などと揶揄され、挙句「人財が欲しい」と世代叩きを会社の人事やら、メディアが煽って見るものだから30・20代ブロガーが相次いで「働いたら負け」「社畜何かになる必要なし」とか言っちゃう。…あ、僕は「働くこと自体」はいいと思うんだけど、「無い物ねだりしてのぼせたこと言ってる上司は読者であるあなた方が(社会的に)殺してやってください」と言ってる(笑)

こう見えても、ゴシップからマジネタまでムダに「情報もだけは広い」僕に言わせてもらえば、新卒や未経験者採用で即戦力を求めるのもバカだし、中途採用で会社を回していくのも「バカ」なんだよねぇ…ある程度優秀な人事関係者と、中途で複数の会社を渡り歩いた人に話を聞かないとわからん話だけども、中途採用って魔法じゃないからね!採ったやつにざっくりと賞味期限を考えて「このぐらいになったら使えなくなる」と想定して採用するものだし、されるものだ。

前に、伝説のウェブデザイナーを探して | 株式会社LIG 伝説のウェブデザイナーを探して | 株式会社LIGという広告が出ていたことがあったけど…伝説のウェブデザイナーなんてそもそもいないんだよね。いたとしても、その会社に定着しないの。

だから、「育てるしかない」というのが本音なんだ。

よく人を「人材・人財・人在・人罪」と分けて、会社の中で人を評価したり、採用方針を掲げる企業がある*6んだが…そんなもんは「現場とマッチしてるか」とか「うまく、育つように采配したり、立場を変えて【見せ場】を作ること」が全て。

…俺なんかひどいぞ?部下につけられた人が体力勝負の仕事でお荷物と評判の障害者と、わがまま女と、ハゲジジイと…挙句ゆとりの草食系だったんだぜ?それでもその人らうまく使って売ったし、他の人がさじを投げても俺だけはその人らが独り立ちできる腕前まで育てたよ!
多分売上を上げる「最強チーム」を作ったら、僕は同期の中で外れると思うけど、野村再生工場顔負けの人に合った売り方や采配をその会社でやってみせたから、僕自身の売上実績よりも実力は評価された!(まぁ、政敵扱いされて、僕の1派丸々潰されましたけどね(笑))

僕自身が一歩間違えたら「人罪」だったし、一度たりとも初めから「人財」だった人をもらったことがないからよく知ってるけど、「人財」なんてものはよっぽど条件に恵まれないとできない。仕事と上司(職場の体質)に恵まれないと絶対に人なんか育たないし、仕事なんかしない。断言してもいい!

喩え話をしようか。ウチのオヤジはその職種では20年以上のキャリアを持つ人で、中途採用市場でもそうとうな金額を積まないと彼を雇えない。ただ、オヤジを雇ったから業績がその人件費分だけ上がったり、経営者の右腕になり得るかというと…その会社次第。

経営者経験がないからオヤジを使える上司だったり、オヤジが根回し・手回しする相手がわかる程度には「責任の所在がはっきりした会社」でないと彼は実力を発揮できない(と、本人が申しておりました)。また、「中途だったから、今の待遇・今の職種になれたけど、新卒なら無理」とも言ってる。
オヤジは典型的な山本勘助や竹中半兵衛的な人材だからねぇ…中途採用者として結果は出してるけど、仕官先を間違えたら採用さえされないor採用されても冷や飯食らいの人だからね。

「人財」を求めるとか言っても、組織の体質が変わったり、待遇が変われば「人罪」にだってなりえるのが人事の怖さであり、面白さなんだよね。今挙げた「勘助と半兵衛」って主に拾われなかったら無職と隠居人だからね!そして、優秀だからずっとうまく行くわけでなく、勘助はキツツキ作戦に失敗し、半兵衛は早死する。

採用するならクセのあるやつのほうがいいのよ。辞めるなら早くやめるし、続くとハマるから。(というのが僕の持論だけど、)正直、誰でもいいの。それを育てる環境があるかないかを常に企業側が試されてるのであって、人は入ってみないとわからん。実績なんて関係ないの。スキルはあったほうがいいけど、メールとネットしか見ない人がスーパーコンピューター「京」を買ったって、邪魔なだけですよ(笑)

  • じゃあ、なんで英語力?

個人的には採用をアナログにしたり、課題を手間かけさせたりして、応募者自体を減らせばいいと思うのだが…それよりももっと手っ取り早いのが「英語」なんだよね。
例えば「車が運転できる」とか「ボランティア経験がある」ってのは技術として使わない場合がしばしばあるし、その技術の差を持って採点することは難しいけど、英語ならできる。

別にしゃべれる必要はないけど、TOEICの点数が取れる人ならとりあえずは「ポテンシャルが高い人が来る」というのだけはわかる。(というバカバカしい話)

本当は討論をさせる・居酒屋で喋ってる様子を見てみる・ゴルフなど接待や接客などの経験を問う…というのもありなんだけど、やっぱり数値化できない。5ヶ月だって、ナンバーワンになったり、常連客に惜しまれながら辞めた人かもしれんし、4年やってたって「人罪」かもしれない。

数字はその点でわかりやすい。雇う・雇わないは責任ある人物が見るため、別に問題じゃないけど、「書類選考」の段階は振るいにかける手っ取り早い方法は「勉強ができる」とか「点数がいい」という話。作文が問われる企業なら僕みたいなブロガーは結構高い確率で通過してた(※実話)なんだけど、点数や学歴のテストは本当に僕は苦手で、就活の時には泣かされた。

そういう内輪向きな「合理的な採用」には『その後のことを約束するパッケージがないと、悪い噂や離職につながる事について企業がむとんちゃくになってる。なぜなら、競争を勝ち抜いた分、要求もストレスも大きな負担をして入社してくるのだから』という視点が欠落してるから今の採用事情は恐ろしい。

採用前の「お客様」的な扱われ方のノリで社員になるから、「お客様」のままなんだよね。

そういう僕が批判がちに書いている人に限って、今書いてる「お客様」という皮肉の意味もわかってない。「コミケに行けばわかるよ」と言うと「児童ポルノ買いあさるような場所に誰が行くか」と罵られる。…はいはい。僕は児童ポルノ評論家ですよ(-_-;)性的に熟成していない毛の生えてない陰部とかめっちゃ見てみたいですよ(つд⊂)ぷっくりしたつるんとしたピンク色の乳首とかマジで憧れますよ( ゚皿゚)

…これって、婚活とかでもそうでさ、「年収1000万円以上のイケメン20代と結婚したいです」とかいう女を見かけると、僕は2つしかリアクションしませんよ。

リアクション1、「浮き沈みの激しい商売をしてる人でもない限りそんなにいかないよ(マジレス)」
リアクション2、「大きくて黒くて出っ張った乳首の女とやりたくないから僕も結構です(ロリコン)」

ひねくれずに、真面目に取り合うと…結婚も採用も結局は自分で人を育てないとどうしようもないもので、ちょっと優秀な人が入ってきてもそれを持続する力・仕事が企業になければ、みんな出ていくのだよ。

遊び半分で「児童ポルノ評論家」だの、「二次元大好きなオタク」とか書いたけど、同世代の女子がいるかどうかもわからん白馬の王子様ばかり愛でるなら、僕だって近所の公園で遊んでる幼女を眺めてる立場に行きますよ。

お互い様なんですよ。ダメな部分が互いにあって、それを我慢しながらやっていかないと労働とか結婚みたいな付き合いはうまくいかないの。「こんだけやったから帰ってくる」なんて等価交換を望む学生も高望みだし、「そのぐらいやってくれないと」と未経験者・新卒にないものねだりをする企業も、「人の稼いだ金でエステに行きたがってる、整形女」もみんな死ねばいいんです。

だって、一緒に生きられないんでしょ?人のこと平気で、病ませたり、文句言ったりしないと生きられないんでしょ?だから、みんな死んじゃえばいいだ。



◆参考資料
…カノセにボコボコにされてすごく(眠れんぐらい)悔しかったから、参考資料をいちいち貼る。ウザイけど、ご了承ください。

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか
著者:樋口弘和
価格:777円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


この人の本はなかなか面白いんだけど、なぜかあまりこの人自体が表に出てこないんだよなぁ…。

GAINAX NET|GAINAXアニメ講義 GAINAX NET|GAINAXアニメ講義
大昔に見たので、ぶっちゃけどこを参考にしたか覚えてませんが、ガイナ関連の資料であるのは間違いなかったはず。(徹夜明けに探す気力なんぞねーよ!いくら悔しくても。)

ロスジェネ心理学

ロスジェネ心理学
著者:熊代亨
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


下流志向

下流志向
著者:内田樹
価格:550円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


これと…

https://twitter.com/a_park/status/328065957287321600
最後の方のロリコン云々の元ねたこれです。


(元ネタ喋るのもいやなぐらい有名だけど)「だからみんな死んじゃえばいいんだ」はこれね。



…他にも元ネタが聞きたい奴とか、小ネタを仕込んだ気もするけどポイントは抑えたはずだから、これで許して。

*1:いや、俺が紹介する人って視点としてはどれも面白いし、博識だけどね

*2:あーるとか、鉄腕バーディーの作者

*3:伝記漫画がソース

*4:コミティアのカタログかなんかで読んだ

*5:出典:山賊ダイアリー

*6:参照仕事理論 - 人材、人罪、人在、人財の考え方 仕事理論 - 人材、人罪、人在、人財の考え方