読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

なんで学校に行くかと聞かれたら答えたいこと

教育論

若い人が僕のブログを見てくれない(o≧口≦)o女子高生と(ニコ)生がしたいのに、BBAしか周りにいねぇ!!巷じゃBBAと書かせて「ボインボイン姉貴」とか読むらしいけど、ボインボインな人もなし。

子持ちのお袋さんが見るような「アダルト(行き過ぎ)」なコンテンツに成り果てたブログの読者の若返りを狙って、こんなテーマをやってみたい。

私たちはなぜ学校に行かねばならないのか? 学校に行く3つの理由。 | ニコニコニュース 私たちはなぜ学校に行かねばならないのか? 学校に行く3つの理由。 | ニコニコニュース

プロポーズも彼女も用意する前から、子どもにどう接して、どんな風に育てるだけをぐちゃぐちゃ考えてるTM2501にはこんな質問は持ってこい。*1

  • 遊びに行けばいいんだよ!!遊ぶために学校行くんだよ

拙作【ニコ動とはてな村とクールジャパンと】の中でも触れたことだが、学校の中での遊びの面白さは今日のインターネットの面白さやあらゆる文化が形成されていく面白さに通じている。

既存の完成品を『使う』だけでなく、その場・その人に合わせてアレンジを加えていくプロセスこそが遊びの醍醐味。だから、学校で遊ぶということは「面白いとは何か」を本質的に理解することなのだ。何千本・何千冊のゲーム、DVD、マンガを読もうが、自分で文章も絵も書いたことない奴に「面白いとは何か」がわかる訳がないのよね…。

小中学校でやってることは「勉強」じゃない。「遊び」だよ。勉強と呼ばれるものがいっぱいできるとそれだけたくさんの遊びができるようになる。体が動かせれば、それだけ人よりも遊びが上手くなるし、遊ぶ幅も広がる。勉強だとか、良い学校に入るとか、良い大人になるとか…途方もなく遠い話じゃなくて、「問題が解けたらスッキリする」とか、「本が読めたら面白い」とか「ニュースで見た事件や政治問題が語れるようになったらかっこいい」とかそういうしょーもない動機でいいよ。『大志を抱け』だって?そんなものは犬猫にでもくれてやれ!志を高くもったほうがえらいとかなんとか思ってる意識の高い人と接するのは大変疲れるので、僕は遠慮しますよ(笑)基本的には「楽しけりゃいい」という快楽主義。昔は快楽を重視する考えは「卑しい」と思っていたけど、それは遊びの深さを知らなかったからだ。

遊ぶのだって、やっぱり上手い下手がある。それはコミュ力かもしれないし、みんなが楽しめるように考える優しさかもしれんが、そういう「センス」は学校で勉強したり、遊んだり、カバンをうちにおいたら友達の家へ駆けていくようなワンパクで真面目に「子ども」してたヤツしかできんのよ。極端な話、好きな女の子できたときに「どう言えば、どんな状況で表現すれば、より感動するかな?」って言うのも読書してるかとか、言葉を勉強してるかとか、人とよくしゃべるかとか…そういうスキルがないとできないよね(笑)

低俗か、高尚かに問わず、大人になってやる遊びのほとんどがそういう基礎学力があってできるものが多い。特に文系の歴史・英語・国語は本当に遊ぶのに役に立つ。…理数系は本当に好きな人はそれ自体が遊びになるけど、高校の理科・数学の理論を使った遊びが少ないのがネックだよなぁ…?

おままごとが料理になったり、絵本が絵日記になったりと、ステップアップを重ねるには勉強がいるから勉強する。それで十分。おままごとが料理になって、料理を覚えるのが楽しくて料理本になるかもしれないし、自由研究で「魚の骨」や「腐った食べ物」を研究することにつながってお仕事につながるかも…結局は全部遊びをレベルアップさせて仕事になるんだから、仕事も遊び。金もらってるかどうかの違いで、おままごとだって仕事かもしれないし、遊びかもしれんし…そういうふうに考えたらいい。

  • 商売だって遊びです(笑)

極端な話、生涯賃金に相当する2億円が今手元にあっても、「明日は職場に仕事しに行きたい」と思うぐらいじゃないといかんのだよ。
「好きを仕事にするな」とか「部分的に仕事が好きでも、そればかりはできない」というのも正論だ。僕だって、好きな商売・好きな上司に恵まれたけど、体力や人間関係で揉めて仕事やめたことあるから言いたいことはよくわかる。

『仕事は仕事として…人生を楽しくするためのライフワークではなく、食事をするためのライスワークを心がけるべきだ』…ごもっともだ。何も間違ってない。でもね、そんなに人間は忍耐強く生きられるもんかね?

ノルマとか、コスト意識は好きなことをやらせてもらってるお礼ぐらいのもんだと思って、好きな仕事だと楽しくやるぐらいでいいんじゃないですかね?
商売やるなら商材仕入れたり、研究するならその施設や素材を用意するのに、お金かかる。でも、個人でやるよりは安い。

例えばさ…年代物のボロトラックを首都高で乗り回すお仕事があるんだけどさ…めちゃめちゃ楽しいですよ(笑)仕事帰りに見える東京スカイツリーのライトを見て「ああ…仕事したなぁ…」とか感じるわけだ。*2

だけど、ボロトラックでも買えばお金かかるし、燃費悪いからガソリン代かかるから個人ではこんなのやりたくはないわな…。でも、「経費で落ちる」から(笑)経費で落としてくれるから楽しく遊べる。…トラックでね。

これってあらゆることを楽しい遊びに置き換えて、個人でやるのと会社でやるのと比較してご覧。個人的に研究者と料理人は特に美味しいと思ってる。料理人なんかいいぞ。料理を作るのが好きな人にとって問題なのは「作ったモノを処理しないといけないこと、皿をあらわないといけないこと」は煩わしい。だけど、これはえらくなれば好きなもの作ってるだけで食べてくれる人と皿を洗ってくれる人が勝手につくから自分は好き勝手に料理してればいい。おまけに料理に使う食材もこだわりの道具も経費で落ちる(笑)

いやはや、最高じゃないですか!!

僕が初めて付いたお仕事で、会長さんからよく言われたこと。それは「仕事だと思っちゃいけない。遊びに行く、遊びでやる。そう思ってやるんだ」としょっちゅうい言い聞かされてきてからなるべくそう思うようにしてる。

仕事ってめんどくさいと思えば、全部めんどくさい。何が悲しくて朝早く起きて、遠くまで出勤して、何が悲しくて粗末な昼飯・不規則な時間の晩飯を我慢して、何が悲しくて客のワガママを頭下げて聞かないといけないのか?理不尽なクレームを言われても言い返すこともできない…いやはや、生きるということは理不尽だ。

…正しいかもしれんけど、こんなこと考えちゃって楽しいですかね?

学校でやる勉強…いや、学校生活だってそうだね。何が悲しくて早く起きて、何が悲しくて満員電車に乗り、何が悲しくて硬い椅子に座って勉強し、何が悲しくてこんな教え方の下手な先生の言うことを聞いて…そう思ってしまうと辛くてしゃーないぜ?

みんな知ってるよ!学校なんてくだらないって。学校出たって立派な人になれないし、大して金ももらえない。学校の勉強なんか仕事の場所では役に立たない。

…だから、学校なんて場所は遊び感覚で行けと言ってる。一つはそのほうが楽しいから。一つは過剰な期待をして偏った育ち方にならないで済むから。

大学なんてどこ行っても同じ。そりゃ、役人になりたいとか海外で活躍したいならそういう人脈が作れるところに行けばいいけど、先生の質・設備の質はあんまり変わらない。同じ志を持った仲間に会えるかどうかの差。

だけど、そうでもないなら別にどこ行っても一緒。まして、『学問で遊ぶ』なら御用学者が少ない大学のほうがいいよ。民間とか国際機関から来てる人の方が視野が広いし、実用的で面白い。僕がいた大学は偏差値がさほど高くなかったから、ちょうど「生粋の学者」と「研究者」と「民間上がり」がほどよく混じってて色んな学説・経験談を聞けて面白かった。

  • 塾行きたいとかほざき出したら、「半額払うから俺の授業を受けろ」と言います(笑)

最近の子どもは「塾行くのが当たり前」だとか言うので、言いましょう!僕は高校の勉強までなら教えられるから「お前が行く塾のお金の半額を渡すから同じ時間だけ授業を受けなさい。塾なんか言っても遊びが上手くはならないから、僕が勉強教える」と言います。

僕が中学時代に行っていた塾の月謝が二万円ぐらいだから…僕の子は僕の「そこそこの授業」を塾のかわりに週2・3回受けてりゃ1万円もらえるんですよ。そのほうが家計に優しいから良いよ!(入塾料や講習の費用含めると塾って高いからね。半額のお金を子どもに渡した方が絶対安い。)

それに、子どもにとっての1万はデカいよ。*32ヶ月でゲーム機買える(笑)半年我慢したらコミケで好き放題買える(失笑)一年我慢すると…安い株ぐらい買えるんじゃね?…どうせ、その時期のAKBとかモバゲーに当たる「何かくだらないもの」に使うんだろうけど…そういう失敗を買うのも良いよ。小遣いなんだし、若いってそういうことだから(※身に覚えあり)

どのみちに進んでもいいんだけど、絶対に決めてるのは「遊び上手になりなさい」ってことと、「金を得る味・失う味をなるべく早く覚えなさい」ってこと。そう考えるとニュータウンで子ども育てたくないんだよね。自分がニュータウン育ちだからわかるけど、子どもの時に「偏差値競争こそが世の中の真理」であるかのように教え込まれて宗教のようにのめり込んで、それをコンプレックスにしたり、癇癪起こす原因になる。別にバカでも生きていけるのに、スマートになろうとするからしんどくなる。

頭使うときは欲望と直結するときなんだよね…だから、早いうちに頭を使うこと・勉強すること・学校に行くことなど、普通に考えたらめんどくさいことを「楽する」とか「楽しくする」とかそういう事に使う習慣をつけるようにすればいいと思う。

…おじさんがブログ書く理由?だって、ブログで有名になったりモテたりしたらかっこいいじゃないですか!いいレビュー書いたら憧れの作家とつながれるし、女子高生と(ニコ)生できるかもしれないし…それって楽しいじゃないですか!!

理想は趣味ではなく、それが経費で落として本読んだり、映画見たり、同人誌集めてこられる身分になるともっといいよね(笑)俺の金でやると別の面白いことを見つけないといけないけど、一番楽しいことだけやってられたらもっと幸せだろうけど、何やってても楽しいと思えるようになれちゃうとそうならなくても割りと楽しく生きていけるんだよ…

『心頭滅却せば火もまたすゞき』じゃないけど、心がけ次第で変わることって意外と多いわなぁ…。学校なんて場所は僕はそういう要素強いと思うよ。『誰かよりいい立場にいないと楽しめない』とか『誰かより成績よくないと楽しめない』とか『勉強しに来てるのに、バカな教師とうるさい生徒が煩わしい』と考えちゃうから疲れる。そんな「意識の高い」ことはやめちまってただ楽しめば?

ダメ?

平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書

平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書
著者:安東邦彦
価格:1,470円(税込、送料込)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Twitterやってるよ。

https://twitter.com/tm2501

*1:つうか、彼女持ってこいよ!!…ってそこ!!ラブプラスのことじゃねーよ!!

*2:例えばさ…商売やってると「お兄さんから買いたい」と時々嬉しいこと言ってくれる人、売れないときに助けてくれる人何かが出てくるんです。そういう人にあった日はやりがいを感じて面白いわな…

*3:大人で言うと70万円ぐらい