読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アニメ人が怖いんだけど?


具体的には俺妹やにゃる子さんが顕著な例だと思うが、美女ばかりが出てきて自分の体型にコンプレックスがない。それどころかチャームポイントをゴリ押ししてくるような女をアニメを見ていて(見かけることが多くなって)…個人的にはああいう女が自信過剰すぎて怖い。

女子のファッションをアパレル系通販サイト・ファッション雑誌、もしくは規定のキャラデザに合わせて「描くだけ」の二流の絵師には分からぬかもしれん。だが、本当に女子の話を聞きに行くと、女子は巨乳でも貧乳でも悩むものだ。諸君がお世話になっているアダルトビデオもまた、ひどく自信過剰な女が出ているものであって、実際は体を見せること、ひどい人は線が見えることさえも嫌う。*1

それは男子の目線が…という話ではなく、そういう生き物なのだ。だが、ここ10年ぐらいのアニメに出てくるキャラクターの多くはも自分を美人だと思い込んでいるキャラが圧倒的に多く、カメラワークもその美人なキャラが自信過剰なポーズをとっている。

大昔に、そのさまを見た妹がにゃる子さんに対して「あれじゃまるで風俗嬢だ」というコメントを出している。(参考、ちっともエロくない人工エロス〜なぜ、AV・エロアニメのフェラチオ音はやかましいのか〜 - とある青二才の斜方前進 ちっともエロくない人工エロス〜なぜ、AV・エロアニメのフェラチオ音はやかましいのか〜 - とある青二才の斜方前進

背中を伸ばすとおっぱいが浮き出る、綺麗な曲線が浮かぶといった日常的なソフトエロがどんどん描かれなくなり、テレビ的で映像的なソフトエロが増えすぎたアニメの女は正直言えば「怖い」のだ…。あまりに自信過剰すぎて、見てるこちらが疲れてしまうのだ。…諸君らに言いたいのだよ。

「ソフトエロとは、若き頃の勝手な勘違いと妄想で与えられるものでなかったはずであろう?」と。

  • きっかけは「巨乳すぎて下着に悩む」ラジオ投稿

さるラジオ番組で「巨乳が悩みです」なる趣旨の投稿を聞いた。聞けば彼女は下着でおしゃれをしたいそうだ。だが、あまりにも胸が大きすぎて、好みの素材でかつ、国産の地味めなデザインの下着がつけられず、悩んでいるそうだ。

そう言えば、涼風というマンガでも「おっぱいばかり褒められて、おっぱいの話を男からされたくない」という巨乳キャラが出てきた。「性的愛玩物」としてみられることへの不潔感を感じる女性は多く、友情だったものが恋愛感情に変化することを拒絶した描写を描くノベルも存在する。(灼熱の小早川さん)

女性のファッションの目的意識は男性が思っているよりも、【自分のために行なっている】ことが多い。ゆえに「モテる格好」ならいいというわけでもない。アニメやグラビア・アダルトビデオみたく出るところばかりが出てるポーズ・ファッションは形式美であって、実態が伴わない。(『コンテンツのお決まりに毒されてる』としか思えないわけです…はい)

女は胸・尻がでかくても小さくても、肩ががっちり・なで肩でもコンプレックスを持つ。美人キャラなるものがアニメの世界にはたくさん出てくるが、キャラ達のような全能感を自分の見かけに対して持っている女性に少なくとも僕は会ったことがない。母親でも、他人でもいい。自分の体の気に入らないところを聞けば必ず一つぐらいは出てくる。いや、聞かなくてもそのことばっかりしゃべってる。

また、女性は肌の美しさのピークが20前(女子高生〜女子大生)で、自分の体のシワやたるみに気づくとファッションをそれを気付かせないための「フェイク(演出)」としても用いるそうだ。(参考:このまま30歳になってもイイですか?)

『アニメキャラに10代が多いから自信過剰なファッションでいいのでは?』との意見もあるだろう。それを言った人に聞きたい。『君らは青春時代・もしくは思春期の人生で最も色艶や筋肉のあった体に自信をもっていたのか?』…もってないだろ?

その割には…にゃる子さんと俺妹などの「売女ファッション」というか…『自信過剰すぎて怖いキャラクター像』にメスを入れる人がいないから怖い。最新だと『まおゆう魔王勇者』に出てくる「魔王」というキャラが矛盾してるよなぁ…「駄肉」なのに、いつもいつもおっぱいが見えやすい服装ばっかりで、胸を隠そう(視覚効果で小さく見せよう)とする服を着てることがない…。二の腕の下がプルプルであることをコンプレックスにしてる描写がまおゆうには出てきたけど、腕に無駄な脂肪がついてない人の方が少なくない?

それなりに運動できる人でも二の腕の下がつまめる人はそこそこいるのに、どうして駄肉コンプレックスの始めに二の腕の下を挙げたのかが未だに謎だ。(アニメ人は二の腕で交尾でもするのでしょうかね?…と芝居がかった口調でイヤミを言いたくなっている自分がいますよ…はい)

共感していただけなかった人のために2つの問いをかけましょう。
1、リストカットした腕を見せたいと5年後・10年後でも思いますか?切った後のふっくらとした傷を見せたいですか?
2、体重100キロのデブが水着を着て、女の子と歩きたいと思いますか?あるいはそういうデブを見て、あなたは何を感じますか?

昔の有名な作品なら、ファーストガンダムのハヤトさんや巨人の星の左門など、割とブサイクなキャラが主人公の憧れやライバルになって出てくる…そのシーンに出くわす機会が多い。『ガッチャマン』だってワルガキとデブが居て、今ほど美男美女ばかりでもない。

最近で言えば、東のエデンの【パンツ】というキャラがそれに近いものがあるんじゃないかな?あと、体にコンプレックスをもった女性が出てくるなら「かんなぎ」の名前を挙げずにこの話は出来ないだろう。*2

だが、一方で美男美女のアニメばかりが増えてしまったのも事実。主人公でさえサブカルこじらしたように「世間の美人像とちょっとズレてる」作品の方が僕は親近感がわくが…完全に顔立ちが整った女の子ばかりが出てくるアニメが出てくると、もう「女の匂い(臭い)」がなんだったのかさえ、そのアニメを見ていると忘れかけてしまう。獣臭いよ?女って。だから化粧してるのよ?

ちなみに、腐女子達に人気の男性からも汗の匂いがしないなぁ…と最近思っている。

割と古くからオタクをしていた女性にBLの話を聞くと、どこにでもいるようなイケメンじゃない男性同士で妄想するケースが多い。いや、イケメン好きは大いに結構なのだが、イケメンに男が引くような生々しいプレイをさせるから腐女子は男性のオタクの中でも「生理的に受け付けない」 と拒絶する人の声をちらほら聞いた。

だが、にわかの腐女子の間で流行っている作品を見ると、イケメン同士が手を握ったとか、目があっただけで「ホモー」とか言い出すよ。男も男で「キマシタワー」という声を特に来てもないのに、挙げる人が多くて、ゆるゆりのブーム以降、ニコ動やアニメ実況をみるのに、うんざりしている。*3

そして何より、美男美女ばかりのアニメやマンガを見ていると、「汗の臭い」と「女の臭い」がしない。キャラクター…でさえないな。単なる属性。スク水とか、ニーソとか、ポニテとか、攻めとか受けとか…見る人がわかるようなキャッチーな値札とPOPでキャラクターが「消費」されているさまを見ているような印象を受ける。

完全に『アニメの見方』が変わってるよね?昔はほかの映像コンテンツや読み物みたいに感動や教訓・余韻などを求めてアニメを見ていたと思うが、今のアニメはもう原作なんかなんでもよくて、萌えるかどうかになっちゃってる。(だから、平気で原作を大幅に省かれてしまう作品も増えたし、「3分アニメで十分だ」なんて言う人まで出てきた)

…「3分アニメで十分じゃね?」という趣旨のスレッドがあるまとめが出てきたときは『もう、お前みたいなハゲオヤジがアニオタ名乗るなよ!!』と画面の向こうで僕は狼狽したよ?高校時代に「アニメはこんなに面白かった!」と思い始めた時期に興奮気味に古今東西いろんな面白いアニメを紹介されたのを頼りに見まくった『おじさんの純情』返してよ!!処女膜は再生手術はできるけど、俺の純情は再生手術できないんだからね!!

おっぱいとアニメには夢とロマンが詰まってないとダメなの!!だから、美人だけの薄っぺらいキャラ(と言う名の属性)萌えアニメだけじゃおじさん生きていけないの!!

…だから、最近アニメ熱が失せて漫画やラノベばっかりに手を付けてるんだよ(o≧口≦)o

  • 「シコれる作品が好き」と言ってる奴がコンテンツをダメにしてるんだろ?

個人的には大真面目にそう思う。何しろ、彼らの言い分がよくわからないのだもの!

『シコれる』とは何ぞ?触れることもできない、『視覚的・聴覚的な憧れだけで作られたひらべったい偶像』でどうやってシコるのさ?それこそ、大音量でかけたアダルトビデオみたいに「よっぽどそれに集中すれば」抜けるだろうけどさ…シコる、シコらないは本人の妄想力と集中力によってなせる技じゃないの?

「シコれる」をなんで、アニメやエロ漫画に求めるの?全部相手に筋書き作ってもらわないとみこすり半劇場もできないの?そこまで作られた『エロ』は…エロじゃないよね?言っちゃ悪いけど、「シコれる作品を求める行為」が如何に妄想を放棄してるか…簡略化させたいと思ってる未熟なオタク力の人らのモンじゃない?

…もうちょっとはっきり言うよ!

富野由悠季風に言えば、最近のアニメキャラはオマンコ舐めたいと感じるキャラがいないのよね…そもそも女性特有の甘さと血なまぐささが混じったあの匂い(臭い)がしない。僕のブログにコメントしたあるオタクの言葉を借りれば「三次元の女は臭い」の「臭み」がないの。

むしろ、実践では『感触』と『臭い』と『音(≠声)』こそがエロであって、視覚的なものは女性が見せたがらないのよね…。大多数の女は数人のスタッフにライトやマイクを当てられながら、セックスするアダルトビデオみたいなことはできないからね?恥ずかしくて。(それどころか、そもそも写真撮られること自体を嫌がる人も結構いるよね。裸見られるとかどうかとかじゃなくて)
AVの「喘ぎ声」なんてものは女の人と一緒に見ると「アレじゃ動物ね」の一言で片付けられる。

この場ではっきり言いますよ!喘ぎ声は「漏らすもの」で「上げる」モンじゃないの

そろそろ意味が分かってきてくれたかな?僕に言わせてもらうと、オタクの言う「シコれる作品」なんかないの。リアルでもないし、妄想する余地もない没個性化の産物。それでシコってる自分が情けないとさえ思わない恥知らず振り。

そもそも「誰かを好きになる」「自分が相手に官能的な魅力を感じた」という感情の伴わない「シコれる」とはなんや?『官能的な魅力』とやらだけをリアルの女性からひっぺがしたそれは…何?

妹の言葉を借りれば、本当に風俗嬢だよね?風俗嬢じゃなければ、映像の世界にいない「仮想」。もはや、現実とつながる気さえない『パラレルワールド』。…僕個人としては本当に作中の自信満々なカメラワークやポーズ、あるいはナルシスト的な言動が怖いですよ(笑)

それはそれで「ニッチ」としては有りだと思うけど、それらの仮想感がアニメやエロ漫画の大前提となったら、ジャンル自体が衰退するだろうね。

テレビが本格的にオワコンをたどって行くほど起こっていったことと同じ事がアニメで起こっているのに誰も指摘しないのは変だよね?なんで、美人じゃないとJ-POPシンガーになれないの?なんで、イケメン(でジャニーズ)じゃないとドラマに出られないの?お笑い芸人なのに学歴が問われるの?

テレビに対してはこの辺の指摘する人はいたよ?ことアニメになるとそういう人がめっきり減る。

「シコれる」を主張するオタクの気持ちがわかんない。萌えもシコるも与えられるものではなく、見つけて抱きしめるものだったはずだ!!既製品買ってご満悦な連中が「オタク」とか名乗られたり、同類にされたりすることそのものに嫌悪感抱くね…。自分達で面白いものを開拓したり、必要とあらば作っちゃうのが元々のオタク文化の良さだったのに、そういう空気がなくなった最後は「妄想」まで金出して買うのかい?

…キモチワルイ

  • 関連記事

ちっともエロくない人工エロス〜なぜ、AV・エロアニメのフェラチオ音はやかましいのか〜 - とある青二才の斜方前進 ちっともエロくない人工エロス〜なぜ、AV・エロアニメのフェラチオ音はやかましいのか〜 - とある青二才の斜方前進
大元締めはこの記事です。

コンテンツと生活の距離感〜なぜ右子左子論争は拡大したのか?〜 - とある青二才の斜方前進 コンテンツと生活の距離感〜なぜ右子左子論争は拡大したのか?〜 - とある青二才の斜方前進
この記事の続編がこれです。それぞれは独立してるけど、実は3部作だったりします

  • 参考資料

このまま30歳になってもイイですか?

このまま30歳になってもイイですか?
著者:鳥居志帆
価格:1,365円(税込、送料込)


体型に見合った洋服の着こなし方のパートは絵師さん・ラノベ作家必見!


逆に、「人間臭いアニメ人が出てくる作品」でまっさきに思い浮かんだのが「かんなぎ」。作者が女性だけあって、「男の望まなれてない女性のリアル」を書くのがうまい御方だと思う。(色々と事件があったけど、アレも女流作家だからこそ地雷を踏んだ事件だと僕は思ってる)

最近ニコ動やインターネットに熱中し始めたばかりの人は是非ともこのアニメをチェックして欲しい。嫌な事件があって影を潜めているが、クオリティーはすごく高いので是非見てください!!

・謝辞
この記事はコミティアで僕の小説の売り子をしてくれたマイミクのナースさん及びその娘さんとの合作記事です。酔いどれ気味だったけど、彼女らからもらった提案を持って帰って形にしました。原案は僕ですが、形としてずっしりとまとまったのは彼女らのおかげです。

ありがとうございましたm(_ _)m


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Twitterやってるよ〜
https://twitter.com/tm2501

*1:仕事柄見せるのに慣れちゃったり、元々が変態だったり…要するにアダルトビデオ程体が見えまくるセックスは特殊なんです

*2:かんなぎの作者は女性。あと、ハガレンの作者も女性だけど…アレは理系女性だから銀の匙のたま子みたいなキャラが作れる。

*3:ゆるゆりの作者の画力は認める。だが、ゆるゆりが現れたせいで、にわかオタクの質が驚くほど下がったことは言及せねばなるまい