読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

『まおゆう魔王勇者』3話を見て

アニメ

時間もないし、それほど好きな回でもなかったから、あらすじと簡単な小話だけ書いて今回はおしまいにします。

  • 簡単なあらすじ

開発が順調に行ったのをきっかけに教会の協力を仰ぐことにした魔王と勇者。そしたら、教会のトップがなんと勇者の昔の仲間だった…というラブコメ展開。

凄く好きなコンセプトから始まったまおゆうがIS顔負けの萌豚アニメに落っこちるような影を落とす匂いがして、個人的に「勘弁してくださいよ」な回。そして、「仲間だから」ということで魔界に行った魔法使いまで勇者が助けに行き、魔王のヤキモチが限界までキスを求める…とかなんとかそういう展開。

もう一回言うけど、そういう「童貞が一方的に行為を向けられるラブコメアニメ」はぶっちゃけ嫌いです。甘すぎる砂糖菓子はね…くどいだけなんだよ。

  • 無駄にモテる童貞主人公見てるとぶっちゃけ頭に来る

とか書くと「嫉妬乙」とか言われそうだけど、嫉妬する気にもなれない。

最近、熊代亨というはてなダイアリーで五本の指に入るブロガーさんが出した「ロスジェネ心理学」の中で書いてあった話をしてみよう。

「なぜ惚れたいではなく、モテたいなのか」から20ページぐらい使って語っていることなんだけど、恋愛・結婚って持ちつ持たれつなのに、一方的に愛されること・受け入れてもらうことばっかり望む社会的風潮が熊代さんによれば、あるんだってさ。

ハーレム萌えアニメでも別にいいんですけど、やっぱりそれならばキャラのことが好きな理由がはっきりしてないとさ…女の子のラブコメ展開を応援することさえできないんだわ。

まおゆう見てて僕が個人的にイライラしていることは「魔王ってなんで勇者のことが好きなの?」というのがはっきりしないままデレだけが加速していくでしょ?

アダルトビデオに出てくる痴女じゃないんだから…とかなんとか思うのは僕だけ?

最近読んだラノベ「社会的に死んでも君を」がすごくわかりやすいけど、デレが過剰に多いキャラ…デレという行為と、デレる理由がアンバランスだと、デレを素直に受け止められないんだよ。

「怖!ラブコメ怖!!」「愛が…重いです。」

と。僕らが本来望んでたはずの、自分だけに全力でデレがくる女の子の正体を現実的に直視した瞬間に「うわー!戯言まがいの妄想を抱いてごめんなさい」みたいに思うの!

そして、そういう濃い作品を読んだあとに、ツンとデレの配合・そして主人公が極端に初心を予想あのアンバランスな構造を見ると「嫌々、これ主人公受難だと思うぞ!!視聴者はニヤニヤしたり、嫉妬してる奴までいるだろうけど、主人公からすれば間合いを取りたいただの痴女だと思うぞ?」と思うんです。

  • ちょっとキャラの話とかしちゃおうか

エヴァとかナデシコとかハルヒとか…キャラ論語る上でターニングポイントになってる作品ってキャラクターの「ツンとデレの配分」がちゃんと理由に基づいてたり、無意味にデレたりしないから、良いなぁ…とか思う。

懐古主義者的発想?違う違う。最近の作品で言うなら「灼熱の小早川さん」というライトノベルや、ささみさんなんかがそうなんだけど、キャラがデレるまでのプロセスが丁寧に書かれている作品ってそれをいまかいまかと焦れながら見るのが非常に楽しいわ。

「ツンデレの話したいの?」違うよ!ジャンルとしては「ツンデレ」と言われるけど、そうでないキャラまで含めて、ツン(もしくはデレる理由がない時の煩わしそうな態度・どう接していいかわからなそうな戸惑いの態度)が信用とか好意の積み重ねで物腰が柔らかくなって…つまり…そう!デレに変わっていくのが人付き合いだし、あるいはギャップだし…共感なんだよ。

好みの問題と言えばそれに尽きるか?いや、割りと普遍的な魅力に関する議論だと思うけど。【好みの問題】などという一部の趣向性の議論はむしろ初めからデレている非実在美少女にこそ当てはまる言葉であって、僕が行ってることはむしろ二次元にも三次元にも通じる魅力の話だ!!

  • はじめっからデレてる女とか正直キモいorファンタジー

一部のアニオタブロガーの中には「三次元の女は臭い」「二次元にしか興味がない」とかなんとか申しているから、僕みたいに「現実的な共感」を求める事自体が固定観念であり、間違えなのかも…と思わなくもないんだ。

でもさ、三次元の女は臭いだのなんだのと言っている人にはツン(ですらない、【第一印象だけでとりあえず日和見のリアクション】)の段階でもうその女子ってモノを傷つかないために避けてる人が居るんだよね。

言っちゃ悪いけど、女知らない人ほど、ツンとデレの間の微妙な感情を想像できないんだよね。

よく「男女の間に友情がない」みたいなこと言う人いるけど、ヤっちまったら友達も恋人になるの?スゲーよそれ!僕の出身大学のスイーツ女が聞いたらあまりの童貞発想にあんぐりだろうよ!!ラーメン屋や居酒屋で女とガラの悪そうな兄ちゃんが「あいつとやったのやらないの」の話で盛り上がってる若いのが聞いても…「セックスはいつから結婚になったんですか?」みたいに思うんじゃない?

それとも「信頼関係が築けない」とか「気軽に遊べない・コミュニケーションできない」って言ってるの?だとしたら、それってごく一部の人にしか当てはまらないよね。夫婦生活然り、仕事仲間然り、男女で信頼関係築いてその人達からどういう扱いで見られているのか…っていう矛盾をどう説明するのやら…。

何と戦ってるの?

ロスジェネ心理学】風に言うところの「過剰な自己愛で傷つくところから逃げている人達」と戦ってるつもりですが?ダメ?

日に日にデレが過剰になっていくアニメのヒロイン見てると、個人的には「アニメクラスタからラノベクラスタに移籍しようかしら…」とか思っちゃうのよね。ラノベの方がまだ一定量キャラクターのバランスとか、理由とか細かく書こうとするから、まだ面白いものがある。(情報量として一番安心できるのはマンガなんだけどさ…。)

「アニメにするときは原作が圧縮されるのは仕方無い」…ああ!この反論聞き飽きたし、この手の記事を書くとよく出てくるんだけど、僕に言わせれば「そこを調整してない作品しか世の中にないのですか?」と問い詰めたいわけ。

出来るだろうよ?というか、台詞として時間を割く必要さえないこともあるし、1期だけじゃなくて、二期三期が見込めるぐらいの人気コンテンツなら別に原作を強引に圧縮する必要さえない。(そんぐらいまおゆうは人気のある作品だからね?極端な話ちゃんとしたクォリティーでやれば、間違いなく儲けられる安全株だから。)


萌えシーンだけ切り取って編集する人がいて、そういう素材をアニメにおいて提供するのが一時、流行ってたけど…それは文脈あっての可愛さであって、それ自体の破壊力だけじゃ立ち行かないんだよね。

魔王ってキャラ自体はかわいいんだけど、これが2・3話ずっとデレのテンションだけでこられると「底が浅いキャラ設定・キャラ構造なのかな?」とか勘ぐりたくなるわけ。
「キャラ」という属性・特性のたぐいでなく、むしろその上を行く「多様性・ゆらぎ」にこそ、女子のかわいさがあるんじゃないか?

…誰かが言ったよね?「女子のパンツの色は女性が決めるからいいんじゃないか!」って。僕も同感だ。単に着せ替え人形として都合のいいキャラクターに落とし込まれた意味での「二次元」なんか、具現化する意味がない。

妄想で十分だ。

…こんなところです。

・関連記事
まおゆう1話を見て
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20130105/1357370174

まおゆう2話を見て
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20130114/1358089973