読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

ささみさん@がんばらない2話をみて

アニメ

ちょっと遅れたけど感想記事を書きたい。

  • 簡単なあらすじ

1話の超展開的な様相に対して、説明するアバンに始まり、怪異の原因とされるものがささみのはまっていたSNSだった。そこをささみの家のPCを使って調べるわけだが…まぁ、視聴者と同じ(あるいはそれ以上)のオタクであるささみは色々と受難するわけです。

申し分のブラコン要素と一緒に自分がSNSの住人であるということをSNS上のキャラを登場させてしまうことで明かしてしまい…(続きは本編でどうぞ)

  • ささみさんの話をするのがたぶんこのアニメの一番正しい見方

僕はこのアニメは「丁寧になった化物語」というのが個人的な現段階での評価。化物語っていろんなオカルト系要素を混ぜるけど、結局は以下にヒロインの魅力を引き出すかという台詞(がやたらと多い会話分)にこそ本質が集約されていて、怪異はヒロインが着る洋服の切れ端みたいなもの。

ささみさんの場合も結局は「いかにささみさんのキャラを出すか」というのが至上命題であるところはよく似てる。ただ、これを化物語よりも大げさに「セカイ系」っぽい要素を取り入れて涼宮ハルヒの憂鬱みたいに怪異にキャラクターの気分を反映させてる。
化物語もキャラのコンプレックスやトラウマが怪異になってるんだけど、ささみさんの場合はもっと「リアルタイムの気分」が投影されてるんだよね。積年の怨念じゃなくて、そのとき・その時の気まぐれな理想や祈りが知らんところで反映されてる。

何がいいたい?要するに手法自体はすごくありがち。ファッションとしての中二要素・マンガ要素が面白いか、詰まんないかをそこで議論するのはあんまり意味があると思えない。
萌豚っぽいけど、ささみさんがかわいく思えるかどうか・・・そこなんだよ。チョコもSNSもファッション。誰かのある時間帯の気分。それがささみさんに投影されるだけ。


このアニメが怪異とささみさんに反映される萌要素の間にわかりやすさの差があるのはこの作品が目指す方向性の問題なんだと思う。シナリオ的に高度なことよりも、萌えとして一味違うものを狙ってるから。

具体的には1話感想でも書いたことだけど、ささみさんはツンとデレの間の感情(が積もって爆発するまでの時間や態度)を丁寧に描いている。女子が感情的というご意見を男子諸君から聞くけど、あるときに気づいたのは「感情的なのではなく、感情を押さえ込めなくなるまで一度どこかに溜め込む生き物」なんだ。コップの中の水みたいなもんなのかな?ひっくり返ると戻らず、満たされるとあふれ出して雰囲気からしてデレる。

怖いほどこてこての女オタクを見たことがないから、ささみさんに関するオタク描写がどこまで女オタクとしてリアルなのかは知らんが、女の子としてはリアルだと個人的に思ってる。

それに加えて、シナリオ自体がかなりキャラの感情ありきで動いていくから、機軸をささみさんとしてみるとあのアニメは恐ろしくわかりやすいと思う。ささみさんが面白いかつまんないかの基準はささみさん基準で見るか、アニメ全体を俯瞰してみるかの違いだと思う。リアリティとか表現しようとするもののベクトルの向きを意識してみるとあのアニメはもっと可能性があると思うので、一度目の印象でつまんないと思った人はささみさんベースでもう一回見てほしい。

その意味ではささみさんがあんまり好きでない人にはつらいアニメかもしれない。

  • 学校が補佐的な意味合いしかない理由

「学校という舞台装置をもっと見直すべきだ」とツイッターで僕は言ったけど、この作品は非常にそれができてる。学校に行く年頃だから学校という舞台装置も用意はしてるけど、結局ストーリーのほとんどはささみ邸で進行しているあたりがメッセージとしてすごくいいと思う。学校の外で話を進行するということは同世代だったり、社会からはみ出した話・設定であるため、たしかに自由度はあがるけど、学校に行かない理由・来れない理由が説明できるような話作り(あるいはどうして学校があんまり関係ないかという距離感の可視化)が必要だといろんな人とやり取りをして考えた。

何でもかんでも学校でストーリーを進行させること自体に僕は反対で、学校以外で話を進めることもまたささみさんという作品の立ち位置を色濃く出せていると思う。

社会性が必要ないストーリーだから、学校からも隔離させちゃってるし、人とあまりかかわらない立ち位置の主人公。…原作は2巻かどっか途中で学校に行くらしいけど、序盤のうちは学校に行かないことはこの作品をよく説明できていると思う。つまり、読者の目をささみさんに集めやすい作品作り…そのために学校を省くのはよい選択だなぁ・・・と思うのですよね。

でも、行ってない・出てこないではファンタジーと変わらないから距離を置いた存在として学校を映し出すのも、良いなぁと僕は思うんです。このアニメって全体的に理由付けがうまいですね。ぶっ飛んだ部分はあるけど、設定や描写に深刻な矛盾はない。それがすばらしいと思うんだ。