読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アキバとスカイツリー〜オタクはメイド喫茶なんぞいかないよ!行くわけないんだ!〜


※この話は東京都民でもおそらく3割ぐらいしかついていけないぐらい広範囲でマニアックな話題の記事です。アキバの話がメインですが、


このニュース見て声を大にして言いたいと思ったことを言う決心がついた。

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 秋葉原の添い寝専門店、女の子のお尻を枕に寝れる「お尻枕」サービスも…1分1000円 - ライブドアブログ 痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 秋葉原の添い寝専門店、女の子のお尻を枕に寝れる「お尻枕」サービスも…1分1000円 - ライブドアブログ

僕なんかアキバ歴8年そこいらのアキバ通のみなさまから言えば新参者も甚だしいレベルのアキバの知識しかない人だけども、僕はあの街に対してキモいほど愛着持ってる。ぶっちゃけこの記事書いてる自分がキモくてキモくて仕方がない。

愛国を声高らかに掲げ、日の丸を振りかざすことで日本人だと言い張る街宣右翼と、真の愛国者が一致しないように、僕が今から書く記事は本来のアキバファンからしたらあまり好きになれない記事だと思う。

だけど、それでも言いたいんだよ!アキバを返せ!アキバは渋谷とは違うし、積み上げられていく新時代は過去と接続していない別の虚像だと。大衆が夢見てくるような場所でも、近寄ってお上が栄えさせるべき場所でもないんだよ!!

オタクの間じゃ僕が今から言うことなんか別に目新しいことでもなんでもないんだけどさ。

  • ただの下町としてのアキバ

仕事とか人付き合いの関係で僕はアキバにオタク趣味以外の用事で行く事が多かった。もしくは上野や神田…ひいては鶯谷・日暮里、あるいは足立区や不忍通り方面の西日暮里・根津。要するにあの辺全部を包括的に知ってるんだ。

僕が生まれる前…要するにオタクが牛耳る前のアキバはそれらの街とあんまり変わんない。敢えて言うと「電気街」と呼ぶにふさわしいマニアックな部品や、無駄に安い電気製品が買える街だったことぐらい。青果市場があった時代もあるけど、今はなくなったから人々の気質とか生活感として残っただけだと考えたらいい。

基本は神田明神周辺の下町っぽい風景が原風景で、電気街だった頃からの古くてアットホームな飲食店・喫茶店が並んでる街。下町はどこもそうなんだけど、個人経営者と顔なじみなるのがステータスで、電気街ならその手の学生や専門家からしたらアキバのショップの人と知り合うことがステータス。特に電気街の秋葉原を生きた人の証言はそういうものが多い。学者が古書店の店主と知り合うように、電気系の学生は電気街の店主と仲良くなる。

語弊を恐れないでわかり易さを重視すれば、「理系な神保町・神田・上野」なんだ。いや、住んでる人は未だにその意識の人もいるから時々アキバの話に地元の町内会の人が出てくるんだけどね。

東京知らない人のために補足すると上野〜御徒町はアメ横で有名な生活必需品の専門店街で、神保町(一部の神田)は古書を中心とする書物の専門店街なんだ。そこから派生する古き良き地元のお店が広がって、独自のコテコテ感を持ってる。

北東の東京…具体的には台東・荒川・北・足立・そして墨田区辺りもそうだけど、レトロなまでな下町と、強烈な江戸ッ子意識を持ってる。(新宿と六本木と渋谷が東京だと思ってる人は何もわかってないよ!)

嘘だと思うならそういう痕跡いくらでも案内しますし、アキバになじみある人ほど古き良きお店を食べ物、電気屋、アニメショップ…どれでも言えるし、お忍びで行くの!僕だって古いかはあんまりしらんけど、行きつけの店の一つや二つアキバに持ってる。

だけどさ、昨今流行りの再開発って「僕の街」って概念を許さないじゃん!「みんなの街」アキバになった途端に、誰の街でもなくなるというあの綺麗なだけの空虚な街。…あ〜あ〜「オトナ帝国の逆襲」の心境だよ!!ホント!

今のアキバはオフィス街と電気街とオタク街のキメラみたいな街になった。ここ10年…いや、ここ5年ぐらいが一番すごいけど、上京した田舎者と外国人が行きたがる街はアキバになった。浅草でも六本木でもなく、なぜかアキバ。

  • アキバと萌えを混同して語るな。萌えがわかってないアキバの人の方が多いんだから。

さてさて、萌えの伝導師と言えばメイド喫茶AKB48のようにテレビでは言われているし、上京した田舎者の間では「アキバに来たらメイド喫茶かAKBグッズ」などとほざくヤツを僕は何人も接待してきた。

恥をかかせないために言わせてもらえば、中国の本場の餃子は実は水餃子で焼き餃子は少数派であるように、日頃萌えについて研究し、女の子が何でできているかを四六時中語り合ってる萌え豚共は腐ってもメイド喫茶なんかに投資しない。彼らは『二次元にしか興味がない』を強がりであれ、本気であれ、実践するし、何より女に金をかけるというバブルまでのジェンダー的風習にも否定的なんだ。

社会学っぽく、あるいは文学者っぽく、言葉から現象を読み解くなら「処女厨」や「かんなぎ非処女事件」みたいなものを例に挙げたい。処女なんてファンタジーみたいな存在、実際に承るとしたら重苦しくて恐縮するような「業(カルマ)」を請け負いたくなるオタクの心情というのは強い童貞イズムなんだ。

僕は4年半コミケに行ったし、これからも行く予定だが、僕よりも古参の連中は皆口を揃えて言う。「オシャレでオタクっぽくないオタクが増えた」と。原因はニコニコ動画で活躍する歌ってみた・踊ってみた・コスプレイヤー系のビジュアル的なオタクが増えたこと、もしくは高校・大学まで深夜アニメ見なかった人が突然ハマるなどから「オタクと一般人の境界線」は薄くなった。

だけど、オタク文化を作ってきた人…もしくはものすごい含蓄を持って考察するオタクをはてなダイアリー新月お茶の会などで見学すると全然違うオタクの姿が見えてくる。40前後で童貞だったり、30後半でやっと結婚したり、世間じゃお父さんになってるような年齢の人が「16歳になって、女子高生と青春送りたい」とかエロゲで培った妄想を垂れ流したり…。

ダメだとは言わないけど、そういう人の文化が女性から見たら女性を清いものにしすぎるor口にはできないほどアブノーマルな性癖である事はザラにあり、そしてそういう人からすると実際の女と二次元の美少女は全くの別物なんだ。(あ、声優だけは例外。)

さてさて、本題の「なんでオタクはメイド喫茶にいかないの?」という話に戻る。要するに口下手・コミュニケーション能力の欠如に加えて、現実の女がそれほど好きじゃないって言うのがある。あと、絵師やBlogで考察してる文章系の陰気なオタクの場合、女の子に囲まれて浮かれたノリで遊ぶというのもあんまり合わない。そういうノリができる人は大学で、アニ研漫研で吹き溜まる必要ないし。(だから、もしメイド喫茶に行くオタクがいたとしても僕の世代から下の軟派なオタク。旧世代のオタクじゃない。)

じゃあ、「オタクビジネスと称して、メイド喫茶他耳かき・添い寝・尻枕などの「ソフトな風俗」を持ち込んだ連中とその顧客は誰?」という話が出てくる。それは地元の遊び人ならみんな知ってる。上野のヤクザが持ち込んでる。


東京のピンク街の大きいところをいくつか挙げて見よう。五反田・錦糸町・新宿歌舞伎町・六本木・(渋谷)・(西)麻布…そして、「上野」が来る。僕も遊んだことあるけど、夜の住人に言わせるとこうだ。
五反田・錦糸町は用事がないといかないビジネス街だからあんまり新規のお客が見込めないし、競争・しがらみが激しい。逆に、歌舞伎町・六本木・渋谷は過去に事件が起こってることやピンク以外にも賑わってる場所だから警察が強い。

東京の中でも上野から向こう側は警察の権力が弱くなる。秋葉原はギリギリ千代田区だからピンク街には絶対にできない。(玉座のある街だから、官権で全力で阻止した過去がある)

元々は上野はピンク街としてそこまでメジャーじゃない理由に、新宿ほどの規模を持ってなかったことと、上野で遊ぶ人達(荒川・足立・北区の都民と埼玉県民、墨田区の錦糸町の手前にゆかりのある人)はピンク目的で上野にこなかったから。足立区には竹塚というピンク街があるし、埼玉はそっち系のお店が賑わってると聞く。そして隅田川越えると錦糸町の支配下に入る。

ところがこの勢力図が変わって、上野にヤクザがくるようになった。ぶっちゃけ、夜の街はトラブル処理のためにカプセルサウナでさえヤクザがいて、僕は住吉組のひとから「兄ちゃん、ヤクザはどこにでもおるんや。忘れたらあかんで」と酔っ払った同僚のせいで俺に忠告される羽目になった。

酔っ払った客相手にイチイチ警察呼んでたらやってられないし、何より警察や児童相談所みたいな場所のボンボンな公務員は偏見で夜の商売見たり、自分らの価値観を押し付けたりしてくる連中だから頼りようがないの。だから、ヤクザが一概に悪だとも言えない。個人以上警察未満のトラブル対処の専門家ではあるから。非合法な側面もあるけど。

本題に戻る。最近の暴力団は暴力団だとわかりにくい。昔の商売がことごとく規制されているからね。ただ、ああいうピンクモノで一番ノウハウ持ってるのは彼らなのよ。トラブル処理、ボッタクリ方、女の集め方などなどのプロなの。だから、暴力団無関係な組織・人員でボッタクリ商売ができるとは考えにくい。陰謀論?いやいや、スナックやパブレベルなら素人でもできるよ。飲み屋だから。ただ、ソフトであれハードであれ、性的にしちゃうとそこにトラブルを処理できる敏腕のボーイや経営者が必要になるの。それをヤクザの隣町で、地下が高くリスキーな秋葉原で素人がやると?もし、素人がやってたらどんだけ危ない橋だか…。

土着のオタク、神田・御徒町・湯島的な住民からしたらメイド喫茶レベルのものから尻枕レベルまであんな胡散臭い商売ないのよ。どっちかというと新宿や六本木から着た新参者狙いの商売で設けてきた人たちのやり口。ただの飲食店としてのメイド喫茶ならいざしらず、ピンク色が強い店はどうだかね?

そして、そういうのを利用するライトなオタク、もしくはただの田舎者をボッタくる商売だってアキバの商売じゃないんだよ!!元をたどれば。オタク系の商品が高いのはハンドメイドだからであって、ボッタクリ価格だからではないんだよ。顧客が少ないからみんなで支えるために必要な負担なんだよ。騙すような根性じゃないよ。

最後にケーススタディーを触れておきたい。『ヤクザも怖いんだけども、もっと怖いのは国レベルの開発やメディアの浮ついた報道なんだ。』という話。

ヤクザは自分でトラブルが処理できるお店、助け合える町、あんまりひどいときは警察の力を借りればどうにかできる。ただ、国や大資本の開発は土着の街並み・もしくは商売そのものを潰すから恐ろしいし、誰も助けてくれない。メディアも恐ろしい。目新しいものばかり報道するから全く異なる、地元の人が興味さえないような街の姿を捏造しやがる。

アキバと並んで変貌がひどいのが押上なんだよな。スカイツリー駅?そんな名前で呼ぶ不埒な野郎はどこのどいつだ!…押上はスカイツリーができたせいで、商店街の売上が半分以下になったんだってな。元々は古きよき商店街で、スカイツリーから5分ほど歩くと商店街がズラッと広がってる。…過疎ってるけど。

押上から通勤するビジネスマンからしたらなかなか嬉しい開発なんよ。駅が綺麗になってるし、立体の駐輪場が出来るし、交通の便はバス・鉄道共によくなったし。
でも、スカイツリー線とか改名したバカな路線があるのはね…。調べる気もないけど、それをやった発案者・採用した責任者は一駅一駅の商店街のみなさんに土下座して回ってこい。

アキバも押上も共通してるのは「柿も青いうちはカラスもつつき申さぬ候う」という精神性。美味しくなったところに国とかお金持ってる人が群がって遊牧民のごとく富を貪って、地元には骨すら残さないほどしゃぶり尽くして次々とコンクリートジャングルを作っていく。これが東京のバブル後の歴史。僕はアキバと押上しかしらんけど、調べたらもっと出てくるんじゃない?日暮里も再開発されてる(た)けど、どこまでやるかね?日暮里がただのニュータウンになったら荒川区じゃないよね?

端的にいえばアキバは新宿になったの。まずお金が来て、次にメディアが来て、新参者が来て、ピンク商売ができて、ヤクザが来て…。これが電気街とかオタク街とか下町とか呼べる?秋葉原を愛した・してる連中の魂の安らぎがどこにあるの?

アキバについて回顧する人の中には「アキバはオタク街になってからおかしくなった」という人がいるけど、アレは70点の回答で、続きとして「秋葉原へのマスコミの介入とAKB48がブームしてから本格的におかしくなった。」が付け加わらないと不十分。

というのも、元々は隅田川・神田文化圏を踏襲してオタクショップもあんなに仰々しいものばかりじゃなかったし、今もコアな専門店があるの。それも高層化せず小粒だけどピリリと辛い小さなお店がね。AKB48はちょうどその間ぐらい。地域密着ではもともとあったけど、その「地域」が「メディアが作った秋葉原」なんだよ。

「ラーメンは日本料理」と同じようなもの。間違ってもないが正しくもない。たしかに中国人がつくる拉麺と日本人の言う「らぁめん」は違うもんだが、それは日本化の道をたどった大衆食だが、所詮は100年あるかないかの脆弱な歴史。日本料理としてのラーメンに限って言えばカップヌードルの歴史と同じぐらいの年数しかない。

ラーメンもアキバも同じ。流通拠点から市場へ、市場から電気街へ、電気街からオタクへ…この辺までは草の根でボトムアップ的な変化だった。(市場ができたのだって、ある程度人が賑わうという前提があってのこと)「アキバとは何か」を決める決定権は住民とアキバを愛する人の中にあった。今となってはメディアが作ったアキバに上乗せしてるだけだけどさ。トップダウンのアキバとでも言えばいいかな?

オタクの町でしかアキバを見られていない連中は知って欲しい。浮ついた商業都市でも、ピンク街でもない深く暖かく・何よりも使えば使うほど愛着がわき続けたボトムアップ式の秋葉原の姿を。

僕がアキバを始めてみたときには既に滅び始めてたけど、周りの街はまだそういう姿…住民が街の形を維持し、常に当事者意識を持って街を守り続ける姿を守り続けてる。アキバもそういう人の発言力がメディアやお上には出てこないけど、もっと知れ渡ったら秋葉原はもっと秋葉原らしくなれるんじゃない?あるいは秋葉原を唯一無二に楽しめるんじゃない?少なくとも僕はそうだったけど。


ああ、キモい。死ぬほどキモい。なんで生まれ故郷でも、住んだ街でもないのに、3時間もかけてアキバを語る記事を書いたんだろう?…やらなきゃ死ねないと思ったからやったけど、僕が何か言ったところで、そんなの懐古主義者の老人と変わらないじゃないか。

ただただ、無常感に打ちひしがれるだけなのにね。無情であり、無常だよ。虚しいほどにね。

  • 加筆(2012/1/8)、だからこれ書くの嫌だったのに…。

人気出たから少し返答を書くか。

はてなブックマークのコメントを30当たりの時に見たけど、いつもに増して…キモい!!僕と違って、キモいことを嫌悪さえしないほど、真正面からキモい。

冒頭にも書いたと思うけど、アキバ歴8年ってアキバの歴史からしたらにわかだと僕も自覚の上なのね。id:raf00他アキバ通(笑)が顔真っ赤にして「勝手なこと言うな」「8年前には既に今の風潮あったよね」とか言ってたけど…そこまで説教したいなら私を埼玉の片田舎に呼び出したら?

いやはや、こういう後輩にしか偉そうにできない弱い先輩方が跋扈してるからid:amamakoに「上から目線で、無責任かつ高飛車な留年した文化部の先輩こそはてな村なんだ」と言われ、新月お茶の会からは「あの高齢化が激しい滅びゆくはてな村」とか言われるのよね。俺とあままこさん以外の若手はひねくれものしか老人のいびりに耐えられないで出ていくor近寄りがたいんだよな。

…さてさて、記事への反論の中でもいくつか参考になったネタもあったからそれについてはお返事書こうか。

オタクだってメイドや制服好きだよ。(名制服で有名な)神戸屋などを覗きに行くオフとかあります(ブコメより)
→画面の向こうの存在でいいのよ。別にそれを手に取るとかしゃべって無駄に時間潰すとかそういうピンク街的な楽しみ方する奴と、属性としての制服萌えは別物なのよ。

同人的なメイド喫茶はちゃんとオタクがいて、今の商業的なカラーが強いメイド喫茶とは違う(ブコメより)
→そういう古きよきメイド喫茶を僕が知らないからこういう結論に至ったのはあるでしょうね。この議論をもう少し深くやるならメイド喫茶の歴史を調べて実際にメイド喫茶を数店見ないといけないけど、僕はそこまでやる気が起きなかった。

電気街から変わらないと今のアキバの繁栄はなかった(ブコメ)
→これが難しい。街の住民が街を興して変わっていくのが理想的だけど、滅びるか・変わるかの二択の時はどっちがいいかが主観的にしか論じられない。イデオロギー的対立になっちゃう。ちなみに、アキバの場合はおかしくしたのは「メディアが作ったアキバ」と、「現場の人が作ってきた秋葉原」がオタクのイメージの中でも混在しちゃってるところ。

当ブログの秋葉原論の論点は「メディアの作ったアキバの存在と、元々の進化の過程がメディアや大きな資本によって乖離してる部分があるから、「アキバのイメージ」の中でもそのアキバがどの時代のアキバかをちゃんと整理する必要がある」という話。メディアの言う萌えの町…(何オタクというものがなくひとまとめに)オタクの町と言い張るあのアキバは元々のアキバ系からしたら似て非なる外者がその場所で勝手に作った偽物文化だって話。

マハーポーシャ(ブコメより)
→知らねーよ!!ググッたけど、どんだけマニアックなネタ振ってくんだよ!

そして始まるオタク的自意識チャンピオンズリーグ。(ブコメ「id:angmar」より)
→この俺がドン引きするほどの壮絶な戦いを見た。9時半現在ブコメを開く気になれない。

昭和通りに風俗多いのは昔から(ブコメ)
→だろうね。だって、あっちは電気街でもオタクの街でもないからね。

アンミラ」「Piaキャロレストラン」でググってみてからもう一度書き直し (ブコメ)
→おれよりも詳しい奴がやれよ!このネタは宗教戦争なんだから、id:kanoseクラスの大物が書かないと頭ごなしな罵倒が絶えないからなんども書きたいネタじゃないよ。あとググッたけど、論旨とはズレてた。僕はメイド・制服属性は否定してない。

メイド喫茶にいかないのはてめーだけでそれをすべてのオタクに当てはめるなTwitterより)
→だから言ってるじゃん!コミケで会うオタク、はてなや新月お茶の会で会ったオタク、mixiのニコ動コミュで会ったオタクなど僕は多面的にオタク見てるからメイド喫茶に行くオタクといかないオタク…その区別が付けられるんだって。

mixiのオフだったり、若手でニコ動から来てる新参のオタクは行くけど、はてなダイアリーで吹き溜まりになってる住民はそもそも「三次元の女は臭い」(「春巻き食べた」管理人)とか言う人らなんだぜ?

僕はメイド喫茶に行く金があれば行きます。一人で行くと虚しくなるから連れと金があれば行きましょ?そんなに言うなら「TM2501にメイド喫茶の醍醐味を教えるオフ」でもやったらいかがです?都内在住だから参加しますよ?


色んなオタクをごちゃまぜにして語るな!アニオタにスポット当てすぎ(たしかTwitter
→だって、ここ10年で膨張したのはアニオタ・エロゲオタ(声優オタ)であり、電車男もそういうオタクだということ大前提にやってるでしょ?メディアの論調にあわせて書いてるから、関係ないアイドルオタ・ミリオタ・鉄オタみたいなものは便宜上省いた。俺に単著程のスペースか、雑誌で何千文字もくれるならそこまで調べて書くけど、そういうのはアキバブログさんにでもやらせたほうがいいんじゃない?

僕の切り口ってどこかの専門性に染まりきらないことだし。経済はミクロに、政治は構造的に、オタクは社会や歴史と絡めて思考の補助線を描くブログだからこの分野で厳密な議論を求める人はブログで読まないほうがいいと思う。何万文字・何千文字くれたら違う書き方するけど、ブログで収まる書き方にするなら「思考の補助戦」でちょうどいい。

古参ぶるなよ(ブコメ)
→古参ぶってないよ!はじめに書いたじゃん!!「アキバ歴8年は新参者も甚だしいレベル」だって。「屋久島の大木に前に立てばどんな人間のジジババだってガキ」。でも、ガキだから発言しちゃいけないこともないし、ガキにはガキの視点と歴史観がある。それを綴ったのみ。(id:raf00にも重ねて申し上げるけどね。)

以下、どうでもいいはてな村トーク。
俺の記事をid:REVがブクマしにきたときはなぜかヒットするよね。id:raf00がブクマすると大ヒットするけど、絶対に俺が幸せにならないヒットの方向に行くよね?僕によくつっかかってくる人が「カノセの陰謀」とか言う言葉を口にしてたけど、ぶっちゃけ僕はしの・オオツネ辺りに絡まれた時の方がめんどくさい。

かろうじて賛否両論あったけど、あいつらの揉めそうな記事を探してくるセンスは異常。普段から見てないくせになぜか、俺が気合入れて書いたときに限ってid:raf00が来る。怖いわー。昔ははてな村長「カノセ」の方が怖かったけど、今は彼の方が警戒してる。

以下、参考資料

ラーメンと愛国

ラーメンと愛国

ラーメンと愛国
著者:速水健朗
価格:798円(税込、送料込)


メディアとラーメンの話を読んだときに「そう言えばオタクもそうじゃね?」って思ったのが始まり。

作者ブログもどうぞ→http://www.hayamiz.jp/


・駄菓子屋商売 米津玄師

書くときに使ったBGM。クセになりますよ。(何をどう参考にしたかは言語化しにくいが、多分、伝わるんじゃないかね?この曲聞けば。)


あとは経験則が多いかな?コミケいけ、オフ行け、人としゃべれ!いろんな所歩き回れ!そんだけ。それをやって書いた記事だからね〜。それを速水さんの著書の思念で束ねただけだ