読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

僕が「ブログお悩み相談」を始めた理由

告知とか

単著を出すレベルのブロガーさんがやるべきことをなぜか俺がやることになっちゃいました。

 

あらすじ

 青二才さんがブログについてアドバイスしてくれるよ!! - はてブのまとめ 青二才さんがブログについてアドバイスしてくれるよ!! - はてブのまとめ

 

青二才ってどこのちくわだよ!

この辺我らが会長青二才さんは完全に意見が真っ二つになるほど持論を展開することができ、増田から投げてくる石にも耐え切った孤高の人(褒めてるよ)ですので、なぜ伸びないかを的確に判断してくれるでしょう。校正とかではなく魂のこもった熱弁が聞けそうな気がします。
知らない方はこちらをどうぞ。
『とある青二才の斜方前進』 の人気エントリー - はてなブックマーク

 

って、これうちのブログやん!そう、 このブログの管理人は三沢文也とかtm2501と呼ぶ人もいるけど、青二才と呼ばれることではネットでは圧倒的に多い。

 

「全然告知してないじゃん!どこに相談しに行けばいいのよ!」

 

今回は僕の2つ目のブログである「泡沫ブログの会公式ブログ」で募集してるので、よかったらどうぞ。

 ブログお悩み相談室をやるよ! - 【泡沫ブログの会】公式ブログ ブログお悩み相談室をやるよ! - 【泡沫ブログの会】公式ブログ

来たら来たで嬉しいし、来ないなら来ないで仕事が減って嬉しい(笑)そんな軽すぎるノリでお待ちしております。

 

  •  キレたいと思う投稿にキレる場所が欲しかった

この企画の元ネタがこれ。

 れるりり(当社比P)ブログ『至高の当社比』 れるりり(当社比P)ブログ『至高の当社比』

 れるりりさんというボカロPが悩み相談のメールをしに来た人に、罵りながらお答えするブログ。あまりにも言いすぎなぐらい罵るので「酷い」と言われるが、僕はこれっぽっちも彼がひどいと思えない。

 

むしろ、彼のような人間にこそプロ意識と優しさを感じる。彼に比べたら僕なんか大したことやってないんだけど、言いたいことはよくわかる程度の努力と訓練はしてるつもりだ。

 

 彼の脳漿炸裂教室という悩み相談企画に投稿してくる奴らがまたひどいのばっかりでしてね…。伸びてない動画を「どうして伸びてないんだ!」と言う人の多くが「伸びない理由」についてあんまり自分で研究・もしくは実験しないままできるの・できないのと言ってる。

 

 希に原因が自分でわかってる人についても、自分でわかってることを実践してない。(人に背中を押してもらいたいと言うネットメディアには不向きなことを考えてたりする)

 

ネットというのは殺伐した場所で、いちいち人に相談しないと何もできない人・自分で考えること頑張りぬくことができない人にはまず向いてない。そう言う人が甘えた気持ちで「あの人のブログに貼ってもらえれば再生数が伸びて反響があるかもしれない」と(甘すぎる)期待して足にすがってくるのは、本当に鬱陶しいよ?

 

もっと評価されるべきもの・やる気がある人が一言二言のアドバイスで評価されるであろうところまで来てる…そういうコンテンツを助けたい・伸ばしたいという善意はネット上の「あともう一歩なコンテンツ」を見かけるたびに思うことだ。

 

動画でも絵でも、あるいはブログでもね。

でも、彼らを助けるつもりでブログや動画を使って講座やノウハウ提供をしても…必要な人が使ってくれない。(熱心に努力する人なんだけど、それほど情報収集をしてないケースが多い)

 

そこで、直に「あと一歩で伸びるコンテンツを持ってる」彼らと語らう場を作ろうとするんだけど…その場には全然違うやつがたかってくる。

自分でこそこそと努力を積み重ねてきた人はそもそもそういった相談の場・人の力を借りようとする場所には来ない。(技術的には決して悪くないんだけど、人の目から見てどうなのかを考えてないから伸びきらない。そう言う人に直にアドバイスしたり、言いたいことを言うとたとえ批判的な内容でも、指摘が間違ってるような違和感を感じても聞くだけ聞いてくれる)

 

でも、「少ない努力で注目や成功をしたい」ということを考える軽薄なやつはすぐ人に相談しにくる。しかも、言ったことを生かしてくれない。生かしてくれないだけならよくて、ただただ注目されたさだけでくる。相談を受ける方の気持ちも考えてくれないし、もっとひどけりゃ普段のブログが読み手のことを全然考えてない。

 

自分の記事を読み返して「面白い」と思えるかどうかを考えてない。

情報収集が足りないなんてレベルじゃなくて、自己分析すら足りてない。

 

そういうコンテンツを垂れ流す輩に「いいなぁ~あなたの動画は伸びて」「青二才さんはいつも注目の的で羨ましいです~><」とかいわれたら…キレるよ?

 

わりゃ、なめとんのかコラ!って。軽い気持ちで、浮ついた相談をしに来る人に対して「わりゃ、なめとんのかコラ!」とキレる場所が欲しいわけです。

 

元ネタのれるりりさんだって1回目のブログを見てみると、そこまで喧嘩腰な酷い物言いでもなく、どうやったら伸びるかをちゃんと参考動画まで貼って説明してる。

親切な作りで書いてた人がどうして罵倒だらけで、見る人が見ればアドバイスになってないようにすら見えるような書き方になったか?それは「おんどりゃ、なめとんのか!」以外のセリフが思い浮かばないようなひどーいコンテンツを出して、何にも思わない人がいるからなんです。

 

  • 自分の頭で考えない人には知識も助言も無意味

資質があるのに伸びきらない人の場合は頑固な努力家であって、それは初期段階ではむしろ大事なことなんです。自分の頭で考えに考え抜いて「伸びない。」と悩むと、色んな情報を仕入れたり、努力を見てる人がタレ込んで群れるようになるので、ほっといても伸びるんです。タレ込む人を作ればね。

 

でも、自分の頭で考えない人が人からアドバイスを期待するケースの場合は、アドバイスをしても、結局はその人の言ってることを聞いてるフリだけ。次に何があるのか、どうやったら相手の言うことを忠実に再現したり、もう一歩上のことができるようになるかまで考えない。

 

そう言う人に「勉強しろ」「授業にでろ」というのが学校という場所であり、日本人の言葉では「教育」と言うんだけど…教えるだけ無駄。教わる気がない・教わっても「知識」を活用して「知恵」に変えようとか考えない。

 

「そんじゃーねー」と逃げ出したくなる気持ちになるね。そういうひとをみかけると。でも、頑張ってあれこれと試行錯誤をして、努力をしてる人・あるいは意志を持って「こうしたい」という具体的な願望がある人を応援したい。

 

というわけで、よろしくお願いします。