読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

公私が分けられないような職場だからブラック化するんだ…


相変わらず、頭の回転が悪めなので、短め。

 

脱社畜ブログさんと僕のブラック企業体験がかぶったからその話を

 「職場の飲み会で親睦が深まる」という幻想 - 脱社畜ブログ 「職場の飲み会で親睦が深まる」という幻想 - 脱社畜ブログ

 

  •  飲み会、接待の多い会社はそこ以外で物事が決まる

僕の勤めていた会社は飲み会に来ないやつから辞めた。

 飲み会に来てるやつ・最後までいるやつは生き残ってたんだけど、俺もやめる直前は体力的に無理がたたって帰るようにようにしてた。

 

すると僕の知らぬところで物事が決まることが増えた。飲み会に参加するだけでなく、二次会のパブ・キャバクラで話が進むケースがね

はじめの方は飲みニケーションを「キツくてもこういうサービスが給料+αで付くならやる気になる」とご褒美のように受け取ってたが、裏の顔もあった。

 

日本人は「参加することに意義がある」の文化が強く、それは仕事場とは限らない。

授業中寝てるようなバカでも引きこもりの天才よりも高学歴になれるおかしな国だ!

 

自由参加のイベントでさえ、事実上必要とあれば亭主持ちも奥さん待たせて帰らずに飲み会に出るし、家まで1時間ある俺だって酒を飲んで夜中に帰る。

 

経営者がそう仕向けるのではなく、同僚や先輩達の間にそういう絆が生まれる。

絆を維持するために「出ないといけない飲み会」というのは接待で、もっと言えば飲み会でも序列関係が適用される。お皿下げたり、お酌したり、取り分けたり…僕はそういうのが苦手だったから「女子力高いですね」なんてのんきなこと言った。が、僕も女子力が求められた。

 

女子力上げたいバカ女はきっと、職場結婚でも目指してるんだろう。雑誌ではおもしろおかしく報道されてるが、いざそれをやらないとガミガミ言われる場所に立つと…辛いです。

 

飲み会で「心が通わせるからいいんだ」と言ってる奴の多くはそういう気分になってるだけで、心なんか通ってない。(下心や見栄が少ない謙虚な人とは心も通うっけど、そう言う人はその飲み会のキーパーソンでないことが多い)

 

キーパーソンは1次会では接待モード・観察モードで2次会にならないと本音で語らない。何人もそういう奴知ってる。二次会で本音がぼろぼろ出てきて、その後の会社の行く末がわかるようなネタがね…うん。

 

脱社畜ブログの管理人さんは僕よりも3倍ぐらいキレ者だから会社在籍中にその全貌が行かずして見えたんだろうね。僕は生き証人としてその現場を見て学んだけど、社畜さんは「察した」んだろう。

 

腹の中を見せない(見せるように、飲み会を盛り立てる)人物が一番怪しくて、なおかつ会社をブラックで、仕事の機能と効率を奪う「癌」だということに彼は気づいたね。僕も経験があるからわからなくはない。そいつの前に立つと本当のことを話したくなくなる…そんな瞬間を経験したことがあるので。

 

  • プライベートを大事にできない会社はブラックになる

飲み会への半強制ならまだいい。もっと酷いと、妊娠出産子育てが会社内でできないような作りになっている。

 

 女ってやっぱり妊娠するよね、当たり前だけれど。 女ってやっぱり妊娠するよね、当たり前だけれど。

 社員が妊娠して穴埋めに困ってる管理職の愚痴なのだが…うちの会社もこれに近いことが起こっていた。勤務時間も長く、飲み会にも出ないといけないため、プライベートがなくなる。そのため女性・若手の離職も早かった。

 

女性がいると「雰囲気が和む」と社長自身会社がハードになりすぎないように、「女の子に配慮しろ」と言ってた。(理解してた)が、これはシステムの問題で経営者がどうにかするしかない。管理職・先輩レベルの努力だと体育会系のタフガイがしきり始めた瞬間に女性が辞めていくため、改革が必要だ。

 

経営者の中には「管理・事務方を女性にする、一般職・パートを雇う」選択肢を取るところが多いが、これは最悪の結果を生む。

短期的には効率良く回る。だが、ろくに現場にも出たことがない・出せないような女がタフガイでブラック慣れした男をギリギリまでこき使う結果になると会社として「血が濃くなる」一方で、ブラックな部分が改善されない。(経営者が寝ててもビジネスモデルの中で効率よく回っていくので、経営者の仕事は人と仕事を投入するだけで商売は成立するようになる)

 

女性を雇う・若い人を雇うというのは建前としては美しいし、会社の中にフレッシュな人が入るのは励みになると思う。でも、続ける努力を経営者がしない限り、フレッシュな空気はすぐになくなる。

 

よく報道で「女性の管理職を増やすべきだ」という意見が出るが、そうではない。あらゆる職種の中で女性がやれるぐらいに分業化・機械化・福利厚生や人事制度の充実が必要になってくる。という議論は出ないね。

 

女性の管理職なんか増やしてみ?仕事抱え込んで余計に「迷惑がかかるから子どもが産めない」と言い出す。抱え落ちして「育児産休に入るから、部下や男性社員に仕事を…」となるが、それは体力が無い企業やタフネスが求められる業種ではほとんど無理!いや、できたとしてそのコストとリスクは誰が持つか?

 

女性や若者など離職率が高いけど、将来のために雇うべき人を守るには3つ重要なことがある(まとめ)

1、意思決定のプロセスを社内で見える形にする…腹の探り合い・理不尽な命令が増えると、会社にいること自体に疲れてしまいどうしても離職率上がる

2、経営者が決断すること日々の仕事ならともかく、人事や会社のカラーを変えるような決断は一社員・一管理職には無理!

3、職人技でなく、誰にでもできることを目指すモデルへ…タフだけが生き残るということは逆に言うとそのタフな社員の文化から抜け出せないこと!

 

ここらへんだろうね。

 

・加筆

はてな村民とは飲むべし!村やネット上の有名人の裏話が聞けるよ。(古参になるとその手の話だけで飲みかわしてる)

 

 

もし、酔うほど飲まされた時・残ったときは大量の水を飲みましょう。(というわけで貼っておきます)