読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

ジャージが似合うのはマネージャーじゃねーよ!女子の陸上部員だよ!


 読んだのはこれね

ドワンゴ「助けて! エンジニアが朝出社しないの!」→ 女子マネージャーが弁当を手渡してくれる「女子マネ弁当」システム導入で生活習慣改善へ - ねとらぼ ドワンゴ「助けて! エンジニアが朝出社しないの!」→ 女子マネージャーが弁当を手渡してくれる「女子マネ弁当」システム導入で生活習慣改善へ - ねとらぼ 

そんで、女子マネージャーの写真がこれ 

f:id:TM2501:20130829100625j:plain

 

 

 

記事の反応

・深夜残業に出張ホステス呼ぶのと変わらん

ユーザーが面白いのであって、中の人は別におもしろくもなんともないんだということにいい加減気づけ。最近のドワンゴは、mixiとは別ベクトルの「俺たちイケてるよね感」がハンパなくて見ててキッツい

オタクのホモソーシャル感のキモさ/バイトで雇っているとかは関係なくてこれ自体が女性社員へのセクハラなのに…

 

性的な妄想をするのは自由だと思うんだよ?思うんだけど、それは妄想であり、二次元だからいいんじゃないか?もし妄想ではなく、それを誰かにさせるとなると、その誰かは性的な対象として見るわけだろ?

 

  •  セクハラのラインってどこからだろう?

えっちなのはいけないと思います」とかなんとか言ってエロいものを毛嫌いする女の子がアニメや漫画に出てくるんだけど、実はそんなこともないみたい。

女子に実際に話聞いたり、意外と女子がエロいものを楽しく見るのは好きな人が多い。性癖論争やっても男のそれよりもずっとディープ。

 

セクハラという概念を女性が感じ取る瞬間はむしろ、そういうことを考えている男の目に晒される時で、日本語表現で言うところの「鼻の下を伸ばす」男を見つけた時。女性の防衛本能だろうね。えっちなものを見ること、性欲が溜まることについて容認しても、そういう目で見られたりするのはダメなんだって。

 

セックス自体が気持ちがいいとか悪いとかそういう話なんじゃなくて、相手と気分によってそれが180°変わってしまうのが女という生き物。感情の生き物とか、共感の生き物とか言われるんだけども、性的な部分の完成が特に男と違うね。

 

店に並んでる「アダルトなグッズ・コンテンツ・衣装」を見ること自体は別にいいんだけど、明らかに鼻の下が伸びてるカップルを見たり、そういうことをしてもらうために媚びてる女を見るのが女同士だと受け付けないんだって。変な話、アダルトなものを一緒に見ても女子は服装とか体つきとかちょっぴり違うところを見てて、男とは違う意味で大人のおもちゃ売り場とかでも楽しく見物できるらしい。

  

セクハラのラインは「女性にどう取られるか」だから、女性が嫌だとよく言うラインを知っておく必要がある。もちろん、いの一番に下ネタ振るような非常識は良くないけども、じゃあ健全ならどんな目で見てもいいかと言われると…そうでもないし、下ネタだからダメかと言われるとそれも違う。

 

えっちなのはいけないと思います」の正体は要するに、男が鼻の下を伸ばしている姿が見え隠れするのがいけないんだ。えろいもの自体がいいとか悪いとかというのは個人差があってそのコンテンツを切り取って考えられる人もいるが、これが身内からえっちな写真集やビデオを見つけると話が別になってくるらしい。

 

このジャージ姿が受け付けない理由というのは女性の感覚で言うと、弟や息子、あるいは彼氏の部屋から出てくるアダルトビデオに近いと思う。それ自体が害であるかないかではなく、そういうものに興奮している男の姿を見ると受け付けない気持ちになるんだ。(実際、企画者の個人的な趣味でさせただと記事にあるので、受け手に性的なことを考えさせるような今鉄になっているのは言うまでもない。)

 

「オタクが無理」「オタクがキモい」という人は性的ではなく、そういう女の子の絵だけでアウトだという人もいるわな。

…僕が若い時はそういうコンテンツそのものを批判しているようで「女ってバカだな」と思ってた時期があったよ。オタク的なものが流行った時は「女が批判しといてブームが来たらドヤ顔でコスプレかよ!卑しい生き物だ」と思ってた時期もあった。

 

でも、真相はこうだ!女性が本当に嫌がってたのは「男性が向ける性的な眼差し」でエロいコンテンツや女の子をテーマにした作品でもないんだ!コンテンツを隔離しても何かしら性的なニュアンスを含んだものには不快感を示すんだよ!自分の身内が見ているとね。

 

女性の性的な感性は表裏一体で、生理的に受け付けないことと一番気持ちがいいことはけっこう近い場所にあり、その境界線を口で説明するのはややこしい!

そのややこしい部分がこれなんだよね。「弟に彼女ができた」はいいんだけど、「弟の部屋からエロ本が見つかった」は女によってはアウトなんだ!

 

性的であることを法律や表現規制によってかえって隠蔽してややこしくなったことで、むしろ女性にとっては生きにくくなってる。なぜかというと、性的なニュアンスに対して共感する男性に嫌がるわけだから、男性の目からして「これはエッチじゃない健全なものだ」と言っても、女性からは「でもあなたは鼻の下を伸ばしてみているんでしょ!」と言われたらそれが全てになる。

 

表現規制論者はそこんとこちゃんと考えて欲しいね。高市早苗とかいう自民党の議員さんに対しては。ゾーニングしても、規制しても、女性が生理的に受け付けないモノは消えないよ。だって、性的に興奮している男性を見るのが一番嫌悪するんだから

 

男を規制する?ジョニー刈りみたいでロックやね。…悪趣味だけど。

  • なんで僕があざといコスプレが嫌いなのか?

もういっこ叩かれる理由は明らかなコスプレで、体操服が似合わないような女が来ているから、男性の性的趣向から見ても「悪趣味」だからだろうね。

 

勘違いされると困るから言うが、僕はスーツ萌え・制服萌え・メガネ萌えで、 それにはちゃんと理由がある。 

属性萌えというのは「本来エロくないはずのものにほのかなエロスを感じる」のがいいんだよ!それが見蕩れるほどに見事な時に「蕩れ」という人もいるらしいけど。

萌えでも、エロいでもいいんだけどさ、それって自分の中に見出す共感であって、議論したり、イラストとして表現するこだわりなんだよね…。

 

ジャージ萌えは…、個人的に中学・高校時代に「この子のジャージは良かった」と思う子はだいたい陸上部(時々、ソフトボール部)だった!陸部・ソフト部の女子は姿勢いいし、肩幅あるからジャージが似合うんだよね。一つ一つの動作が美しく見える。そういう女子がする部活動なんかは好感が持てたね。

 

補足しておくと、ジャージ萌えの人が僕と趣味が違うのか、一緒なのかがわからんよ?「ジャージが似合いすぎてスポーティーな方がいいのか、ブカブカで女子らしい可愛さが出るほうがいいのか」という論争の結末を知らないから。

 

でも、似合う・似合わない論争があるときは僕はおおよそ「似合う方」に立つ。ジャージも一つで運動する気のないようなジャージの着こなし&化粧&長髪の女が着てると「ジャージに謝れ!」という気持ちになる

 

服というのは似合うやつが着ないと美しくならない。似合うものをチョイスすれば、「属性補正」で、かわいく見えるんだろうけど…似合わない服を「わざわざ来てます」というのは見ててむしろ不愉快。

 

服を着ている人間に、血が通わない…まるでよくできた人形を見ているような気持ちになる。

 

昔、友達のナースと大人のおもちゃ屋に入ったことがあって、その時にナースが服を見るたびにしょっちゅう言ってた。「スク水もプレイ用の下着もコスチュームも全部実用に耐えない代物だ」と服を見るたびにケチをつけてた。

 

日常で着ない、着れない、実用に耐えない服を男のために着るの、着ないのという程度の性癖論争しかできない男がいるとすれば、それは人形遊びの感覚でしか女の子を見てないんだろ?

 

また、そういうのを着ちゃう方も着ちゃう方で、人形なんだろうね?

だから、僕はあざとい格好の女に立たないし、萌えないんだよ。人形ごっこというのは支配欲であって、多分性欲じゃない。

 

 肉体美や表情などパーソナルな部分を見ない属性萌えなんて、ただのお人形さんごっこで、萌えでも蕩れでもない。誰かに自分の願望を押し付けたいだけだよ。

  

 

・参考資料

日本すごいな……!:スクール水着の女子が車を洗ってくれる「スク水洗車」サービス、秋葉原に登場 - ねとらぼ 日本すごいな……!:スクール水着の女子が車を洗ってくれる「スク水洗車」サービス、秋葉原に登場 - ねとらぼ 

うん、水着になんの愛情も感じない。萌えないコスプレの典型例みたいなやつ。

 

 

 

元記事が朝ごはんの話だったので、僕も朝ごはんっぽいものを貼ることにしました。

朝は軽めのほうがいいそうなので、食べやすい味付きのヨーグルトでも貼っておきます