読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

ゴシップ両成敗


僕のブログの読者は存じてるとおり僕はポンコツライターの三文記事(ゴシップ)が嫌いだ。無自覚に強迫観念を振りかざし、人間を怠惰または神経質な方へと誘う記事を見ていると「だから僕はライターをやらないんです」と言ってる。

今回扱うニュースはまさにそういう記事の典型でございます。

お品書き

  1. 人の努力をあざ笑う人間の浅さ
  2. 手段のために努力する人間の愚

今回扱う記事はこれ。

就活 「意識の高い学生w」はもはや大学では公害で人害と識者 | ニコニコニュース 就活 「意識の高い学生w」はもはや大学では公害で人害と識者 | ニコニコニュース

主張としては同意できる部分もあるのだが、腹が立った部分をいくつか切り出しておきましょうかね。

>>「意識の高い学生w」

まぁ、雑誌のライターが「w」なんてみっともないですね。もうこの時点で誰向けに書いているかが分かって白々しい感じがします。ウェブ専門でもなんでもない雑誌・新聞が元種の会社のライターにしてはえらくお下品な人の書き方ですねw

>>「意識が高い学生w」とは、学生生活、特に就活に前のめりで取り組んでいるのですが、何かズレていて滑稽な学生のことを指します。学生団体の代表などに多いタイプですね。やたらと学生を集めてイベントを開く、暇なベンチャー企業の社長の講演会を企画する、就活のネタをつくるためにやたらと変わった体験をしようとする、TwitterFacebookで意識の高い発言をしまくる、俗に言うセルフブランディングに力を入れまくる・・・。

この「意識の高い発言」というのもまた曖昧ですね。「Twitter上であれをやるな、これをやるなと人に強要する」レスを2chまとめブログなどを経由して聞きますが、僕にはそれと同レベルに思えます。…違いますか?

そして、腹が立ったのがこれ。


>>周りに意識の高い学生wや意識の高い社会人wがいても、圧倒されず、焦らず、面白がりましょう。

…(・。・; ←俺のリアクション。

言葉にすると「いやいや、人が真面目にやってるのを『面白がる』なよ!」って話ですよ。この間まで学生だったから、僕もそういう意識の高い学生達に会って一緒に活動する機会もあったけど、彼らは面白がられるつもりでやってるんじゃないでしょう!

やってることが間違ってるのに、必死だから滑稽?世の中にそんな奴いっぱいいますよ!

それをいちいち面白がる?そういう人間が採用担当やってるから僕は普通の企業には入らなかったんですよ。(かなり変わった中小企業に入りましたが、そこはこういう「人事」なる身分はいません。バカだから、必要とされないのです。)

僕に言わせれば、人事屋も意識の高い学生も同じ性格の人間です。いわゆる「上から目線」…言い方を変えると「高飛車」「傲慢」「裸の王様」「権力志向」…羅列すれば、伝わるものがあるでしょう。

ただね、傲慢でも誠意のある傲慢ならいいよ。というよりも僕がその「誠意ある傲慢」を目指してる人間だからね。

  • 「誠意ある傲慢」

独善的…と言われれば、そうかもしれないが、僕がブログのアクセス数や読者を増やすことにこだわる理由は2つです。
・僕の方が既存のライター・知識人の大半より優秀な記事がかけると半ば本気で思ってるから。
・僕がブログ上で紹介する同人誌やアニメ・本が僕の影響で伸びてくれることを期待するから。

僕に言わせてもらえば、相手に何かするために必要な「手段」がアクセス数なんです。そして、それをやるだけの記事を書く時間が欲しいから、アフィリエイトにもこだわるんですよ。

その点が人事屋とも意識の高い学生とも根本的に違う。だけど、この記事で同意できる部分も1つあって、それは「意識の高い学生」への批判。

僕の中で彼らが優秀かどうかというのは個々人の問題だからあまり気にかけないが、「大物であるかどうか」と言われるとそれはNoである。「意識が高い学生」で終わってる人…自分のやる事に中長期の未来を目指してやってない偽物がおおすぎることには同意する。

わかりやすい言い方をするなら「小手先」なんです。

人間一人が誰かを、何かを「なんとかしてやる」と言って取り組むのは極めて独善的で、傲慢な行為なんですよ。でもね、それがない人間の傲慢はもっと冷たいんですよ。

「叫んだってうるさいだけ。語りかけるんだ。」と言った人がいるが、語りかける相手を自分の考えで作れていない人がその「意識の高い学生」なんだろうね。企業の面接官?社会?色々と彼らなりにあるみたいだけど、それを自分で「これがやりたいから彼らと話をするんだ」という自分達の「理由」が見えない。

いうなれば「サラリーマン的」で長いものに巻かれているだけ。

目標も大義もないくせに、自分が発信することにだけはえらく熱心だから多くの人に見透かされる。たまにハッタリに動揺する人が出てくるけど、それ以上になれない。

だからさ、「バカばっか」なんですよ。意識の高い学生・社会人・ブロガーを嘲笑うネラー、それがウケると思って書く雑誌記者、見下したいい振りで年の功・立場を振りかざして人を小馬鹿にするコンサルタントw、そして「目的もないくせに」自己承認欲が高いナルシストで意識の高い学生。

そういうバカが連なって作るゴシップを成敗したい。そして、もっとまともな質を持った記事、創作物が出回る世の中を作りたい。それが世のため、人のため、お国のため、何よりも自分のために必要だと信じてやまないから僕はブログを書き続けるのです。

だから、今日のタイトルは「ゴシップ両成敗」なんですよ。