読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

女遊びという擬似的体験


久々に時間が作れたのに、書きたいネタが見つからなかったからまた仕事の話。(というよりも、仕事のあとの話。)

なんの話?TM得意のオンナ系の話。

仕事の延長線で、飲み会して二次会にフィリピンパブに行くことがある。…稀だったのだけどさ、いじられキャラ&持ちネタがバカウケしたこともあって、僕はよく誘われる(参加する)方なんだ。

その時の話を酒の席でされたことがある。
「TM、お前、おねーちゃんをベタベタ触るなよ」
と水商売の経営者経験もある人から言われた。ほかの人の話を聞いているとどうもそこの女の子とヤることを考えているそうだ。…世間ではそういう人は多いのかどうか知らんが、職場の中でこういう場所の女の子とは絶対にやりたくないのはどうやら俺だけのようだし、女遊びを自分の金ならしたくないと考えているのもどうも俺だけらしい。

このブログを大きくしたり、同人活動したり…そういう事にお金使いたいからTMにとっては女遊びなんぞに金を使ってる暇がないんですわな。1000万円ほどたまったら今すぐにでも仕事やめてニート生活送りますわ。(ブログと同人やってるから世間的には「ライター」になるのかな?)

ただね、文筆ニートになるために金をケチッて貯金するかというと…それも違う。僕は藤子F不二雄以外の多くのクリエイター(特に大物アニメーター)が言うようにいい体験がいい文章を作ると思ってる。だから、取材のために一度ぐらい自分の金でキャバクラに行ってみるというのも面白いとは思ってる。(通って何かが出てきそうならそれをやってもいいけど、心情的にはやりたくない)

さっきから、どうして『水商売の女とやる気がない』としつこく言っているのか?それは僕にとっては萌えアニメ見ながらブヒるオタクと、キャバクラ・パブで女の子とベタベタする男が性格こそ違えど、ダッチワイフを抱いて話しかけ、返事のないおしゃべりを擬似的に『会話』と名づけているようにしか見えないからだ。

僕にとって女の子を触るというのはアニオタのブヒると同じこと。たったそれだけ。店出てかわいい女見つけたら「あの子かわいいよね」と話変わっちゃう。3ヶ月後に別のアニメキャラを好きになるアニオタと同じ。

TMにとってはさ、如何に好きなスーツ姿であろうが、短いポニーテールであろうが、童顔であろうが…その子が俺の横に座る乗って「お仕事」なんだよね。「横に座りたくなるように口説いてくプロセスを楽しめ」という人もいるだろうけどさ…僕はその行為自体にどうにも興奮しないのさ。

理由はちゃんとあって、僕の好みって「語られない王道」だから、実際に実物を目にすると意外とみんなが好きになるんだ。(それを語らない理由?エロを知らなすぎるからじゃないの?)

人に「好きだろ?」と言われて初めて好きになったような顔して女口説く連中と一緒のされたくないんさ。

僕は僕のこだわりで、その人好きになるし、フェチズムを作ってきたし、何よりも人前で「出会いはパブ(キャバクラ・スナック)でした」と言うのにスゲー抵抗がある。オタクというフェチズムを哲学のごとく語る連中の中に身を置く俺がそんなことを言うことがあるなら、その時の俺に残るものはその女への愛情だけだろうね。このブログでオタクを語る資格がなくなるよ。

話が少しそれるが、エホバの証人というキリスト教の一派こういう言い分がある。
「進化論では人間と動物の決定的な違いが証明できない。それは人間は他の動物のように種を残す事を目的としない事だ」

エホバには色々ないわくがあるが、この主張に関しては「ああ、なるほど。」と思った。なぜなら、僕という人間が単に生存のために、食事も性も求めないからだ。

ある種の潔癖性というのかな…従業員虐めて作らせた牛丼もハンバーガーも食べたくないし、笑顔で擦り寄ることを生業としてる女の子のことを女の子という「性別」は認めても、それって「機能」で終わってしまうんだよね。

生き物として矛盾してるだろうけどさ、自分の生き方としてはそれが正しいんだ。「僕の中の正しい」だから、誰にも共用する話じゃないし、真理でもない。


僕が「彼女」とか「女」とか「相方」ってその人に呼ぶとしたらさ…多かれ少なかれ自分の一部だと思って呼ぶわけだよな…。それが自分の中と矛盾してるとしたらさ、それはお互いのとって不幸さ。

だいたい付き合いたくないだろうよ?腹のそこでは「金さえもらえば、こいつはタダ酒もらって股触らせたり、腰振ったりする仕事をするんだろう」と思っている人間何かとさ。俺が汚い人間ならそれで結構です。ただ、俺にも俺の生き方・価値観・哲学…要するにこだわりがあるから、そのこだわりと共感できる人と付き合いたいんだよね。

相手のために変えていきたい自分の姿ももちろんあるけどさ…絶対に譲れないこだわりだけは認めてくれる人と付き合いたい。…間違ってますかね?


キャバクラ嬢の作法

キャバクラ嬢の作法
著者:酒巻明子
価格:1,365円(税込、送料込)