読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

女子とパンを味わう koーwa

同人誌

…読み手を腹筋崩壊させる程度に面白かったので、この話をやりたいと思います。今回は「ケミカルガールズスクール」でお世話になったko-waさんの同人誌「女子とパンを味わう」を紹介したいと思います。表紙はこちら。

お品書き

  1. 笑ってはいけない実用系(!?)同人誌24時

内容なんですが…実用的です。パンの作り方とか膨らむ仕組みとか、麦芽とか…ああ、どうでもいいや(笑)

作者が狙ってやったのか、俺がその域に達していないからかは別として…

理論が頭に入ってこない!!!

理由?

ZINには「全年齢」の売り場にあったのに、想像絶するほど「エロい」のだものwwwおまけに…「エロい」のに、笑えるのだもの!!

…ふざけた説明?真面目にやってますよ!

同人誌概要としましては、パンを擬人化するしつつ技術論を語るというコンセプトなんですけど…表紙に出てきてる神戸屋キッチンの制服着た巨乳の女の子をフランスパン。胸に当たってるグレーの制服着た女の子が日本の菓子パン…という設定。

ただ…オッパイをパン・ブラを皮という風に例えられ、金髪のねーちゃんが右・真ん中の女の子の服を脱がせて嗅いだり、舐めたりするという不思議なプレイをしてるようにしか見えない科学読本。これが「百合」という構図だから、普通に考えたら変態っぽいプレイにしか見えない構図でも許せてしまう。(女子がこの同人誌見たらちょっと僕とは違う反応するだろうね。)

僕はこの本に関する解釈としては「女性版くそみそテクニック」だと思ってる。(※後で動画載せるから知らん人はそれをチェックしてね)

百合だから…って単純な話じゃない。「くそみそテクニック」って女の人が見て面白いかは別として、18禁表現が出てるかも別として…不思議なところは「セックス描写しかない話なのに、大笑いしながら見られる」って事。

よくよく聞いていると生々しいのに、セックスの話にしちゃノイズが多くてそのせいでエロさがかき消されちゃう…というくそみそテクニック。パンの話をしてるのに、濃厚なエロい百合モノ…それも美味しい時にエロシーンの興奮の頂点みたいな書き方をしちゃう所を見てると「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」と思いながらも、面白い。

そこに『読んでからすぐに「同人誌紹介のストックがいろいろあるけど、その「色々」を省いてでもやりたい」って思わせるような斬新さ』を感じた。「え?なぜにΣ(゚д゚;)」と言いたくなるような法則無視のゴリ押しで突き進む感じがこの同人誌の良いところ。

『パンを科学するパート』という本筋をすっ飛ばしてでも、普通の百合モノとして上等な読み応えを発揮してしまうこの作品には頭が下がる。…絵柄がかわええのは毎度のこととして、前作から更に笑いの要素まで盛り込んできたから「この作者の底が知りたい」と思える楽しさがあります。

僕は「僕は友達が少ない」の書評を7巻まで書きましたが、あの作者も僕の好みの方向…自分のラノベが抱えるジレンマ、昨今の頭と心の弱い人の萌えからもっと人間味のあるところを書こうと移行していくさまを見ていて楽しかった。

この人にもそういう「買い続けたい」って思う楽しさ、変貌がある。


僕の場合「好み」という横軸よりも、「作者」という縦軸を優先する。太宰治が面白いと思えば、太宰治を片っ端まで。日下公人が面白いと思えば、日下さんの本を片っ端から。岡田斗司夫庵野秀明や…ガイナックスのアニメが面白けりゃ、それも端から。目が超えたり・趣味がはっきりする反面、基本的に「大海」を知らない。

僕はミーハーよりも自分自身がコンテンツに対して技術を持ちたい。語る技術だったり、作る技術だったり。そう思うとしょーもない作品を数見るタイプのオタクにはなりたくないし、なれない。良いと思うものを探して学び取る。あるいはどういうのがいいのかを徹底的に研究したい。出る経緯までね。

僕が同人誌紹介をやっていく上で、変化・成長し続ける限りは新刊出すたびに「ko-wa」さんの作品は固定でやり続けたいなぁ…と思った。(過去のものも含め、どっかで売ってりゃやりたいね。)


  • 参考資料・関連リンク

・参考資料
神戸屋キッチンの制服  http://www7b.biglobe.ne.jp/~kokotana/wr_koub.htm

くそみそテクニック(同人誌ネタチェックしてる時点で知らん人は居ないと思うが、もし「知らんよ」って人がいたら見てね)

・リンク(作者紹介・過去に紹介した関連作品)
まずは関連作品から
■ケミカルガールズスクール
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20120216/1329385396
同作者の作品。学校レベルの化学の復習と、ちょっとそこからランクアップした化学ネタをおなじみの擬人化でお送りする。

■東京の電波塔がこんなに可愛い訳がない モエストロ
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20120208/1328704990
作者は違うけど、「擬人化同人誌」です。東京スカイツリー他世界各国の高層ビルを擬人化。擬人化って事に重きを置くとこっちも良いね。知識としてはかなりニッチなところを攻めてます。


・作者に関するもの
■作者のホームページ「Ko-wa's Inn / ftmm.jpn.org」
http://ftmm.jpn.org/

■この作品に関する委託販売系

とらのあな(作品紹介ページ)
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/02/01/040030020118.html
メロンブックス(作品紹介ページ:初めて18禁扱いになりました・・)
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001048054_kowas_zyoshi.php
COMIC ZIN(作品紹介ページ)
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=11248

■この同人誌の書評を…アキバブログが書くとこうなる。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51323227.html