読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

JSが俺を取り合って大変なことになっています  糸緒思惟

ラノベ

はっきり言うが、これを読むだけ時間の無駄。僕の書評もその人の作品も。レベルが低すぎてまともに評論すると弱いものいじめみたいになるから僕はやりたくない。作者やファン、僕の記事をはてブする人がわざと読み違えて予防線を飛び越えて文句を言うことが想定できるからやりたくない。


はてブTwitter上で「作品を見ずに否定するなど卑怯だ」論がやかましかったので「お前らみたいなレベルの低いのは作品を一々見る無駄な時間を使うのか…」と嫌々で買いました。買ってから読み始めるまでの20分間に「600円分は面白くなりそうな展開」をいくつか予測しましたが、どの展開にもならず、それどころか当初予測してたレベルを著しく下回った作品だった。(僕が一番安直だと思った展開で的中。)

「金払ってもらっても嫌々レベル」が僕の評価。はっきり言って、後にも先にも作者に対して「お前は才能がない」「5年もすれば誰もお前のことなんか覚えてないよ」と断言できてしまうレベルの作品をコレとあと1名しか知らない。その一人の話はもうしたから、この人の話だけしようか。




何がひどいって全部ひどいのさ

まずはあらすじから見ていこう。
あらすじ
ざっくりいえばこうだ。高校生の主人公がいて、その妹がアニキが好きで、妹の友達も彼が好き。子どもの時のお約束で「お嫁さんにもらうよ」って二人共に言ったことに加えて、親同士の取り決めたお金持ち許嫁が乱入。
彼らの共通点は全員が小5で、生理も来てないらしい。それで三つ巴でアニキを奪い合ったり、お金持ち許嫁のメイドさんが様々なエロシチュエーション(みんなでお風呂、全裸でプール、更衣室に4人だけなどなど)を作ってチビッ子たちを裸にしたり、お漏らしさせたりする…という話。

久々に変わった書き方で勧めていこうかな?

■Question time
Q1,なんでこの作者が「お前は才能がない」と断言できるの?
A,こんな内容が10作目でかつ、同じ芸当で荒稼ぎしたケースが同じ作者・同じ絵師であったから。自分の「得意芸」のつもりなのだろうが、本文中に芸らしい芸がない。

最近読んだ人の例を挙げると「僕の妹は漢字が読める」の作者のように、工夫を凝らして作り上げたようなキャラクターや設定もなく、「僕は友達が少ない」の作者のような読みやすさもなく、「神様のメモ帳」の作者みたいに中身を掘り下げていくとリアリティーが詰まってるような…要するに「作家性」と言える作家性がない

10作もライトノベル出版してる人が2chのできそこないのSSやコピペ並の「文体」でネットスラッグを連発して描くもののどこに才能を感じろと?申し訳ないけど、こんな作品がまかり通ること自体が他のラノベ作家に失礼だと思ったね。同人で小説書いてる人も含めて。

Q2,でも、それってあなたの趣味ですよね?
じゃあ聞くが、お前らの父母にこのラノベ薦められるってヤツは一歩前に出てください。…いたら、その家は家族ぐるみラノベオタクの家か、家族でペドフェリアを肯定してるかどっちかだろうね。(後者については犯罪者予備軍的な側面すら感じるわ)

僕が保守的なオタクだと言われるから言うけど、僕の基準って「自分の好きな作品を作った・アニメ論を唱えた先輩orアニメの「ア」の字も知らない友人に自分の名前で「これ面白いよ」と言って薦められるかどうか」だからね。

萌えアニメ否定論者ではない。はがないは「5巻まで読めば絶対面白くなる」って行って薦めるし、むしろ狼と香辛料なんぞ真っ先に薦めた。ハーレムや女子しか出ないアニメでも面白いと思えば薦めるね。過去に薦めたものならエルフェンリートとか灰羽連盟とか…(エルフェンリートはハーレムアニメだけど、ハーレムとしては薦めません。発狂する人が居るから。)
「萌え」なんぞオタク特有…それも、ここ20年ぐらいで急ごしらえで追加建築した価値観でそれが基準でアニメ見るほうが僕からしたら偏向してる。間違ってるとは言わんが、他コンテンツを見る時にも適用できるような普遍性はない。だから、萌え・エロの割合が多い癖に他の良さが見いだせないモノは人に薦めたくない。

Q3,ブログ上で再三「文章読めば心がわかる」と言ってますが、作者にどのような心を感じましたか?

A,軽薄さと甘え。自分が現実的にモノを捉えられないから自分の好きな18禁のエロゲーぽく書いて、「これで売れるんだからいいだろ?」と一迅社やネラーに楯突こうとしてる子どもっぽい正当化。その証拠に会話がこれっぽっちも子どもっぽくない。例えるなら…そう、年齢詐称のアダルトビデオでも見る感じ。この場合は未成熟幼女と言ってバインバインのおっぱいの女がランドセル背負ってセックスするような感じ。

会話が本人だけじゃなくてみんなネットスラッグ使うからこっちまで「日本語でおk」って気分で見てますよ。

自分のテリトリー以上の事をやろうとする気概もないし、調べた痕跡もない。ただ、好きなものを正当化するだけの見苦しい根性しか感じない。(俺に何か言いたい奴はどうぞご自由に。)

同人でやれば、僕がこんなに怒ることはなかった

学生時代から言われ、企業に入って、バイトでも言われることだけど「組織の名前を背負って行動してる」って言われるんだわ。この言葉ほど商用と同人を明確に区別する言葉はない。(組織ぐるみのサークルも同人の世界にはいっぱいあるけど、企業と違って解散するのがたやすいわな。)

アマチュアが自費出版する同人作品と、出版社がお金と編集者などの労力をかけて自分の会社名を出して出版する商用作品は根本的に違います。企業が出すもの、書店で万人が手に取るものである以上の最低限度のマナーってモノを守らない作品を商用として置くような出版社は、本だけじゃなくて、自分の会社事焼き払うべきです。それが僕の「JSが…」を読んだ時の感想です。

同人作品は個人の名前、自分のお金、そして好きな人しか目が触れないような場所でやるのだから、そのTPOさえ守れば、僕は何も言わない。そして、それは世間も同じ。ポルノであったり、コアすぎるジャンルを見て無責任に「わからん」「けしからん」という事も本人が作品を出すところさえ選べばない。

本人の願望と作品が不一致な時は僕も「これはおかしい」と言うけど、それ以外は言わない。

商用はいくつか守らないといけないルールがある代わりに「全国津々浦々の書店においてもらうチャンス」がある。そこを履き違えちゃいけない。その一つが表現、その一つがクオリティー、その一つが読み手にとって手に取りやすい編集や本文以外の製品価値なのだが、どれ一つ満たしてない。まして、ラノベなんてジャンルは未成年が沢山触れるジャンルにも関わらず「低年齢向けポルノ」と揶揄されるような内容しか載ってないノベルを一迅社の名を名乗ってまで出す理由はなんですか?自分の会社にとってどういうイメージ・利益をもたらしたくてそれをするんですか?と。商用ですよ?

…あ、経済合理性って回答は無しでお願いしますね。低年齢向けポルノ紛いの作品って一迅社以外にもいっぱいいますし、今回読んだ「JSが…」の中身ははがないとまよチキの悪い部分だけをマイナス足し算したような内容ですから「ブルーオーシャン戦略」だの独自路線という言葉は受け付けません。(両方足してさらにひどい領域まで言ってるからなおさら悪いですし、もうちょっとラノベのジャンルを俯瞰してみてる人からすれば、表現が15禁か、18禁かという議論は意味を成すのでしょうか?挿絵が過激なことで強豪と差異を付ける?何屋ですか?)

いや、もうちょっといえば、脱げばエロいと思ってる時点で「JSが…」がオカズにするにもあまり優秀なツールだと思えない。(エロくした理由はオタク界隈でオカズとしての機能を期待したものだからという意見があったし、それを狙って全裸ばかりの挿絵部分にしているのだろうけど、申し訳ないけど、文が全然エロくない。)←これは萌えについても同じ。全裸萌えなんて属性は無い。あったら色々ヤバいし、少女に性的な事を連想させうる、エロシーンしか連想させないような書き方する時点で萌えでもなんでもないよ。

僕には一迅社が何を狙ってこの作品を一迅社の名前で出してるかがわからない。作者の合理性は「売れる」とか「絵師が調達できる」とか色々とメリットが見えるけど、一迅社はいつ規制されてもおかしくないモノでブランドを確立しようとしてるところに僕は頭の悪さしか感じない。

何なら僕が今持ってるこの本を日本ユニセフに送り付けたら?東京都のPTAに送り付けたら?って思いますけどね。(僕はやらん。もし規制されるようなことがあったら他の人だよね。)

オタクってのがエロい人の同意語や、現実逃避のために作品にしがみつく人の集まりだったら…って話は以前したからもうしない。だけど、リアリティーってモンが分からんなら、語るしかないわな。

本文で言っちゃってるよね?

74,75ページだったかなぁ?ツンデレキャラ」の女の子が「お前にモテる要素(魅力)あんの?」って言われちゃって返す言葉がないシーンがある。…これって僕が読む前に指摘したことなんです。↓証拠

いい加減にしろよ〜さるラノベが示唆する「記号化するコンテンツ」〜 - とある青二才の斜方前進 いい加減にしろよ〜さるラノベが示唆する「記号化するコンテンツ」〜 - とある青二才の斜方前進

読む前にここまで展開を予測しちゃうとは…みたいなことは思ったけど、それはどうでもいい。
ラノベやエロゲの主人公ってよく見るとモテる理由があると思うけど、これの場合って主人公自らそれが見いだせないし、何か魅力的にモテようって努力もないんだよね。

もうできあがった既成事実や結論の上でイヤヨイヤヨという振りをしてるだけ。しかも、自分は相手の純情を忘れていて、あちらは一生のことのように覚えてる。…なんかのび太くんが幸せになりすぎるドラえもんみたいで不愉快。嫉妬したくなるような幸せではないけど、主人公見て腹が立つね。

ウチの母の口癖で「そんなモン(テレビ番組)見て何になるの?」という台詞があるけど、僕が思ったことは全く同じ。このノベルを読んで、何があるんだろうなぁ…と。何かテーマ性が貫くわけでも、ユニークな雰囲気が作品を覆うわけでもない。まして、登場人物に魅力があるかと言われると主人公はもちろんのこと、他のキャラも割と見慣れたテンプレートの中で書かれた人しかいないからない。

誰が得するんだろう?これ。

考えてみてくださいよ。手垢が付いたような設定を見てまずそこそこ作品の数をこなしてるオタクは喜ばない。(今回は僕でもここに入れちゃうぐらいの数で良いわ。この作者がエロゲオタクなのだろうけど、ここまでテンプレ通りのキャラしか書けない、書こうとしないのはいかがなものかと。)
逆に、ほとんどアニメオタクの間で人気の「萌えアニメ」「深夜アニメ」を知らない人からしたらこのネットスラッグだらけの作品の何が面白いか…という以前にスッポンポンの10歳が沢山描かれた作品を読み切る事は難儀だと考えられる。

…絵だけでいい人はこれの絵を書いてる小路あゆむさんの同人誌を購入すればいい。18禁だけど、この作品に出てくるような子どもの裸をいっぱい書いてるからむしろこっちの方がオカズになる。正直「絵を見るために買った」と言って、このノベルを正当化してるなら小路あゆむさんの同人誌を買えばいいじゃん!別に糸緒思惟さんいらないじゃない?(「ラノベはイラスト」って妄言が蔓延してるから言うけど、だったらその本人が出してる同人誌や他のイラスト作品まで買えば?そのほうがラノベ買うよりずっとまともな金の使い方だと思うけど。)


言いたくないけどさ、文章200ページもいらないわ。イラストが30ページで同じお金出したほうがマシ。全裸とかじゃなくて、小学生特有のひらひらした子供服の女の子書いてくれた方が僕はずっと嬉しいわ。…ああ、同人誌になっちゃいますね。そうだよ。600円あったら本当に同人誌買えるじゃないか。

そうだよ。萌を求めている、良いイラストを求めてるならくだらんラノベ買うぐらいよりコミケ行くほうがいいじゃん。…おあとがよろしいようですね。 今宵はここまでにいたしましょう。



・関連記事
ラノベがバカにされる理由はジャンル分けが雑ゆえに、低俗なものが悪目立ちしてしまうから - かくいう私も青二才でね
ラノベがバカにされる理由も何も、こういうラノベのせいだと言いたいのが実は本音
フリーゲーム「巡り廻る。」をゲーム廃人になるほど遊びつくした! - かくいう私も青二才でね
本業はゲームレビューなんだが…
なぜそれなりの文字数が書ける人でも小説だけは書けないのか? - かくいう私も青二才でね
小説に関連した記事。書く人目線でライティングに関することを語った記事