読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

上下関係の意味も分からんバカは地獄に堕ちろ!〜「一気飲み」強要による死亡事故で、遺族が訴訟へ〜

教育論

まぁ、僕は何も言わないから、まずはこのニュースを見てほしいんだ。この話を永延とやっていくから。

「イッキ飲み」強要で大学生死亡 両親が提訴 8760万円の損害賠償を求める

 愛知学院大(愛知県日進市)の男子学生=当時(22)=がテニスサークルの合宿で酒の「イッキ飲み」を強要されて死亡したとして、学生の両親が大学と上級生ら23人に計約8760万円の損害賠償を求め、名古屋地裁に提訴していたことが23日、分かった。(出典

昔からあるよね?アルコールハラスメント。…うん、アルハラの話だよ。

  1. そもそも、「お酒を造ってくれてありがとう」がない。
  2. 上下関係のなんたるかをわかってない体育会系
  3. 僕が生涯かけてでも駆逐したい人種はこういう連中だよ!
  • 何が腹立つって…大の大人が食べ物、飲み物を大事にしないことさ。

私のブログをよく読みに来る人が「お前はもっとかーちゃんを大事にしろよ」と再三言ってくるので、たまには私のかーちゃんのいい話をしようと思います。

論理性に乏しく、感情的で大人としての資質に欠ける面があるが、モラルとしてはちゃんとした人間だった。

というのも、くだらないバラエティー番組を見ていようなら「それをみて何になるんだ」と憤慨して、志村けんのバカ殿とか江頭2:50みたいな芸風の人が出てるバラエティーは絶対見せなかった。(子供の時は「規制されると見たくなる精神」でバカ殿をこっそり見てたんだけどね。)はっきりといえば、僕の幼少はかーちゃんのモラルの「押しつけ」で、騒いでいる中でも暴力の入ったものや下品なものに対しては「そんなもんで笑いを取るなどけしからん」という人間になった。

そのテレビにうるさいかーちゃんの禁じた番組はバカな芸人だけじゃない。実は「大食いの番組」も我が家では見ることができなかった。(ギャル曽根が出てきてから妥協するようになったが、子供の頃は絶対にダメだった。)

その理由が「必要もない量を不愉快そうに食べるなど、食べ物に失礼だから」というもの。言っておくが我が家は農家でもなんでもないし、宗教にも属していない。

僕が体育会系の人に「なんでダメなんですか?」と言われたら、「そのお酒を楽しく飲めるんですか?」と聞く。それだけで十分だから。

そして、実際に「もったいない」の価値観が当たり前の人達はそんなことはしなかったらしい。実は『アルコールハラスメント』は80年代から台頭した文化でそもそも、昔はなかったらしい。(問題にならなかった可能性も…)

飲み会による交流については「飲みニケーション」なんて言葉もあり、私もバイト先で上司と飲みに行ったことがある。飲みに行くことを否定するつもりもないし、お酒は大好きです。特に日本酒と果実酒に関してはよく飲みます。だけど、おいしいから飲むんであって、別に人を喜ばせるために飲むんじゃない。

…なんでもそうだ!僕はいろんな記事を書いてる。書くためにいろんな本を読むけど、有益な情報、楽しいアニメや同人誌の作家の皆さんにはいつも「ありがとう」と思ってる。ありがとうと思いたいからこそ、自分が見て明らかにひどいものを作る作者に対して「もっと頑張れよ!」と愛憎がわく。

一気飲みを強要する奴に言いたいね。「俺の酒が飲めんのか?」だと!?ああ、飲めないよ!第一てめーの酒じゃねーし。
お前が?キリンでもアサヒでもいいけど、お前がお酒を醸造したの?機械を動かしたの?ホップを作ったの?…いや、酒蔵会社の飲み会ならまだしも、大学や企業の飲み会なら本当に殴りたいね。

何様のつもりだよ?酒に謝れ。作り手に謝れ。「あなた方の苦労を無駄にするような食べ物の扱いをしてすいませんでした」と謝れ!!

  • そもそも、お前は偉くねーよ。

大学であれ?企業であれ?先輩後輩なんてものは僕は生涯一貫してくだらないと思ってるし、先輩相手にいやいや頭を下げたことが人生で数えるほどしかない。(強要されたから謝っただけ。俺が悪くない場面で、むちゃくちゃな先輩風を吹かされたときはどうあっても抗議してきた。)

そりゃ、創設・創業当初のメンバーが偉そうにしてるならまだわかるぜ?だが、世の中の98%の偉そうにしてる先輩はたまたまてめーが年上だっただけなんだよ?同年でも、大先輩でも結局のところ一緒。立派な人には敬意を払うだが、立派じゃない人には殴り合いも辞さない。僕はそれでやってきたし、それで被った損を受ける覚悟もある。強要はしないけど、1つの考え方として聞いてほしい。

大学のサークルの場合でも、企業でもそう。てめーが採用したの?てめーがその会社の何割の利益を出してるの?てめーが手取り足取り俺にサークルのことであれ、会社のことであれ教えるの?

むかし、ある人気アニメで「等価交換」という言葉が多用されたことがあったけど、まさにそういうことだ。

人が死ぬリスクをかけちゃうような遊びを強要するような人が、自分の命を懸けてあなたに何かすると思う?それも出会ってすぐの歓迎会で会う人間に。

出会ってすぐじゃなくてもいいよ?苦しそうに一気飲みをする恋人に「もっとやれ」とか言えちゃうカップルがお互いを大事してるように見える?…自分を大事にするだけの潜在的な優しさの要素がないやつの評価なんかあげても仕方ないよ。チンピラの子分になりたいから頭下げるわけじゃないでしょ?力ある人に取り立ててもらうためだろう?…だったら、それに見合ったいい先輩を選ばないと。

それは能力の有無でも発言力でもないんだ。ボールを投げ返してくれることだよ。

そういうやつは男からも女からもモテるから見ててご覧。みんな薄々わかってるから。わかってることを言えるヤツは痛い目には合うけど、それがみんなが思ってることなら必ずそいつの評価や存在感は良くなる。

僕は組織の中で生きていくには二流の人間だから、そういうので波風を立てちゃう。一流の人間はそれを自分の傷にならないようにやるが…その話はほかのやつに聞いてくれ。俺が知りたいぐらいだから。

「なんで、みんなやってるのに俺だけ悪者扱いなんだよ?」

というパターンになりやすい人間なのは、何であれハッキリといいすぎちゃうからなんだ。そういう出過ぎたヤツだから僕からも相手からも双方の「好き嫌いの判別」が付きやすい。

そういう人間は好きなやつに巡り合えると生きていくのが楽しいが、アルコールハラスメントの現場じゃすぐ飛び出してしまう。

「自主防衛」といえば聞こえがいいが、悪くいうやつは「社会不適合者」とか言ってきやがる。友達もいるし、仕事してもそれなりに続くのに、適合していない部類になっちゃうらしい。適合と追従の区別がつかないやつの日本語なのかと疑いたくなるね。

  • 不真面目なやつが嫌いなんじゃない。人の邪魔をする奴が嫌いなんだ。

「一気飲みを楽しくやってるやつだっているんだ」と弁護するコメントがあったが、そういう連中は飲み方をわかってる。
人をつぶすために酒を飲んだり、飲ませたりはしない。どのぐらい飲んだらやばいかを机上のデータであれ、当人なりの性質であれを理解して「こんぐらいにしといたら?」という線がある。

全部がそうとは言わないが、先輩のいびりの中には「相手をつぶしてやろう」という意味合いのものがある。それは同年代でもある。

私が組織嫌いなのはそういうやつと関わりたくないからだ?一人で何にもできない雑魚が群れて安全圏から言いたい放題。私のブログが名が知れると、そういう人が増えたので「組織が生み出すんじゃなくて、個人個人が持ち合わせた資質なんだ」と気づいてむなしくなったけど…。(※ブログが有名になってきてるのは本当で、ブログタイトルの「とある青二才の斜方前進」と検索してくれる人、略称で「とある青二才」とか「斜方前進」なんて打ち込んでくれる人が多くなってきた。)

私にとってそういうやつが一番嫌いな人種。
「そんなに頑張っちゃって恥ずかしくないの?」
「なに熱くなってんの?気持ち悪い。」
「俺、勉強してないけど、お前よりテストできたよ!」
「お前が馬鹿にしてるやつと、お前の言ってることって同程度じゃん。」
「馬鹿、死ね!」

どれも実際に言われたことがあるけど、それを俺に言ってお前は俺にどういわれたいの?褒めてやると思ってるの?
僕がアルハラ騒動を見るたびに「飲ませたヤツは人殺しをする覚悟はないくせに、つぶしたいという破壊衝動はあったんだな」と心理分析してる。

それが僕の固定観念ならそれでもいい。だけど、僕の中では妥当な説明がほかに思い浮かばない。

子供のころは一々ムカついて「殺してやる殺してやる殺してやる!!!」と意気込んでたけど、もう僕も若くないんでね。
彼らに対して最も嫌がることをしてやろうと思うんだ。

それは彼らの言葉に耳を貸さないこと。耳を貸さないのは優しいほうで、存在の認知すらやめてやろうと思ってる。
僕の人生の中で、自分の姿が見えないままの罵倒、人様の批判なんて言うのは全部ノイズだ。 人のことをめったなことで馬鹿にしないような上品な人が、あるいは人にやさしいからこそ本気で怒れる人が、僕にどう言うか?

そっちのほうが重要なんだ。

アルコールハラスメントとズレてる?いや、この記事のメッセージとしては一貫してる。
僕はこの記事を読んで「嫌なものを嫌という勇気」を持ってほしいんだ。それは小学生のいじめでもいいし、社会人の上司からの無意味な圧力でもいい。

相手がどれだけ権力もってようが、強かろうが関係ない。自分がおかしいと思うことはみんな薄々思ってる。
人のことを貶めようとしてるやつは自分の意見なんてほとんどない。あったとしても、言い出すだけの度胸がない。

そういうヤツを無視・軽視・蔑視するのはたやすい。この記事を読んだ次の瞬間からそれを知ったことで自信を持ってほしいんだ。自由になってほしいんだ。

私のブログにアルハラを減らす力があるとすれば、僕の記事を読んだ人がくだらない掟、くだらない先輩の見る目を変えるように提言すること。私は粛々とそれをやりたいと思うだけだよ。