読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アニメ評論『僕は友達が少ない5〜12話』

アニメ

はじめに
…うん、みんなの言いたいことはわかる。原作厨という立ち位置で言えば、あのアニメは失敗してるよ。萌え豚アニメにも慣れてないし、まともなストーリーを描けているかというと…それも違う。

私は1〜7巻読み込んで、はがないのSSも2つ書いたから言うが、何もわかってないと思ったね。
面白い?どこが?パロディーが、声優が?いや、所詮その程度の作品だったって事ではがないを語られては困るよ。

お品書き

  1. 何がしたいか分からない
  2. 根本的なところが矛盾してる
  3. はがないの何が面白いかキモいぐらい語る!!
  • 『軸がない・理由がない・でも、カネだけがある。』…そういう作品。

あれだけのキャストで?あれだけのスタッフで?新宿駅選挙するほど宣伝費費やして?それで蓋を開けたら何もない?

もったいないオバケが出るわ!!

いや、マジで!世の中には予算が足りなくて、ひどいアニメになったもの・作画が安定しないアニメがどれだけあるか…。それを思うと「てめーらみたいなのが、アニメの市場を縮めるんだよ!この面汚し共が!!」と大真面目に怒りたいよ。

原作云々以前の問題。原作が「いいか悪いか」という議論をする前に「これをアニメ化して、誰が喜ぶ・喜ばせる」と言うのが全くない!!新宿駅にポスター貼って誰が喜ぶかもなく、ポスター貼りました。オマージュで「雨宮哲」さん出しました。
…安直だよ。ガイナファンもロマサガファンも禁書目録のファンも…何よりもはがないのファンが怒るわ!!

たぶん、これ読んだスタッフが意に穴があくぐらい屈辱的な比喩で言えば、民主党と同レベル

だってそうだろ?【政権交代】を煽って、結局【何もやりたくなかった(ただ権力が欲しいだけ)】連中。【なんで政権交代なの?】と聞くと「(民主党はもっとダメだということは言わないで)自民党がダメだから」と言い張るだけ。
そっくりだよ!【残念×美少女】と新宿駅で、全国の書店で煽るだけ煽って【パロとスタッフとオマージュしかありませんでした】と言い張りやがる。【残念×美少女の何が面白いの?】と聞いても答えが返ってこない。

僕には何が違うかわかりませんよ。

結果論としても一緒じゃん。明治・戦前・自民が作ってきたものを底抜けに食い散らかした民主党と、過去にあった萌え系・パロディー・誰かが見出したいいスタッフを集めて食い散らかして『楽しいとすら思えない』はがないの製作者と何が違うの?

政治じゃなくてもいいよ。任天堂の3DSでも、どっかのテレビ番組でもいいよ。『それが何をもたらすか』も説明できないくせに一丁前に宣伝だけしたところで、かえって不愉快なだけ。それだけは一貫してる。

原作の場合は3巻までは【萌え:笑い:ストーリー=5:3:2】ぐらいだったけど、萌えるシーン、笑えるシーンガラリとカット。アニメではストーリーだけを膨らませたが、気合はほとんどパロディーにこもってる。
だから、やりたいことがなおさらわからない。パロ押しなら、いっそ【らき☆すた】ぐらい露骨にそれで通せばいいのに、そういうわけでもなく、薄っぺらいストーリーを強引に拡張したから夜空はキャラ崩壊。(あんなに乙女じゃねーよ!!)

笑いはシモネタ中心だからカット。これはわかる部分もあるけど、フラグになってる部分やストーリーの繋がりを補うモノは無し。無難にやれば2期ができるぐらいの人気作だから、控えめに3巻までで終わらせて足りない尺をパロ・キャラシナリオ(2期のフラグになりそうなものをちらつかせる)で補ったらいい。

すごく中途半端。『パロや萌えで面白い』作品させるなら後半部分に「何で夜空に強引にスポットを当てた?」ということになるし、ストーリー推しで行くならば『何で、1巻をあんなに早く閉めて【タカとソラ】の絡みを序盤で出した?』という話になる。

だから、視聴者としては『あれをみて何を得ましたか?どう楽しみましたか?』と問われても何も答えられない。

とはいえ、原作にも大きな矛盾がある。それは「僕は友達が少ない」というタイトルだ。このタイトルが気に食わなくて、漫談まで投稿した人がいたり、2chでも皮肉を言う人もいる。(ちなみに、以下の動画がその漫談。)

原作ではこの矛盾は『7巻』で補完されている上に、作者自身が3巻で小鷹達がリア充であることを明言している。

なんでこの話をしているか?

それは、小鷹が12話の最後に語った『友達づくりが目的のこの部に』というフレーズが引っかかっているからだ!!

このフレーズの違和感を「違和感」として使うのでもなく、「コミュ障」「ノリがわからない」などの言い訳として使うでもない。決めゼリフのような最後のセリフのように言っているから「いやいや、おかしいだろ」と言いたくて仕方がないのだ。

二期フラグ?いやいや、絶対ない!!2期をやるなら歯切れがいい11話の部分で終わってる。11話の後の補足として『12話』があって、閉める形ではなく理科の『ユニバース』で終わる。(※原作では理科が夜空×小鷹のBLモドキを見て【ユニバース】と叫んで鼻血を噴射するシーンがあるが、それを省いている。)
…省いちゃいけないところを省いて、膨らませちゃいけないところを膨らませて夜空と肉の対立軸を煽ってるから2期をやると今度は矛盾する。(※徐々に歩み寄っていくので…。)


これが二期フラグだったら、二期も期待できませんよ!!

個々の『原作』を語ったものは各巻の記事に丸投げするとして、面白い所をずらずらと語っていくとしましょう。

・1巻(部活結成とか)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20110922/1316662751

一言、…くそ、こんなのが面白いなんて

・2巻(マリア・理科・小鳩登場)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111027/1319710061

一言、この時はまだ惰性で読んでいた。

・3巻(夏休み)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111030/1319974411

一言、ここから少しづつ作者の力量が上がってくる。

・4巻(イメチェン回)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111112/1321090194

一言、安定した面白さと球種のおおさに感服

・5巻(遊園地)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111114/1321278359

一言、はがないシリーズの色んな意味で最高傑作

・6巻(文化祭の話)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111118/1321621058

一言、パッとしないようでいて実はすごく濃い巻

・7巻(映画とか)
http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20111119/1321685776

一言、この巻からは「紀元前」が「起源後」になった。


で、総括して何が面白いか?はがないは1−3、3−5、5−7と噛めば噛むほど味が出るように全体が構成されているところが面白い。

1−3はパロディ、萌え、ギャグが中心の「にわかホイホイ」っぽい作品。。
3−5でサブのヒロインや新キャラを使ってキャラシナリオを膨らませていく作品。
5−7はそのキャラシナリオや事実をおおかた出し切ってシリアスに向かっていく作品。

同じノリをマンネリするまで押し込むのではなく、どんどん作品がマニアックになっていくのが楽しい。

おまけに簡単に読める。所要時間がおおよそ2時間。…いや、一番早くて1時間で読めたものもあったな。
ちなみに、僕は速読はできんし、読書スピードは遅いほうです。テスト中に時間が足りなくてあたふたするタイプです。だけど、バスや電車などの「スキマ時間」でスラスラ読めるように作品が作られているから読みやすいのなんのって…。(ゆえに「文学的に未熟」だとか『ケータイ小説のラノベ版』と揶揄されることも…。)

おまけに、作者の文章力が成長していくから面白い。読みやすく・シナリオっぽくなっていく。(初めは台詞だらけだったけど、描写の量や魅せ方が出てきて面白くなってる。)

最初の3巻ぐらいは「萌え豚」が好きそうな作品だと言われても「ぐぅ」の音も出ない。だけど、読み進めていくと明らかに萌え豚作品とは言えない、言わせないようにお話やテーマ性を書いてる。それも最新作である7巻まで来ると硬派な作品にも引けを取らないぐらいすごいことをやってる。

…7巻がアニメ化するところを見たかったけど、あのスタッフでTBS製作なら2期はありえないし、やめて欲しい。もしあったとしても僕が期待するクオリティーまでは絶対にいかない。(原作を粛々とアニメ化してくれればいいだけでそれ以上のことは求めてないけど、どうも見え方が全然違う作りになってる。)


残念だなぁ…嬉しくない方向に。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村