読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アニメ評論『京騒戯画』 

アニメ

でも、子供相手によくないよと思うよ。一方的な期待の押しつけ!!(コト)

かのアニメ最大手の1つ、東映アニメーションから無料配信された「京騒戯画」について語っていこうと思います。このアニメについては賛否両論ございますが、私は大好きでございます。…どちらかというと批判的な立場の評論が多かったので、全面的に応援する立場で評論が書けることが嬉しいです。

お品書き

  1. あらすじ
  2. 答えは釘宮さんを見たらわかるよ。
  3. このアニメがネットでアップされた理由
  4. ここまで堕ちたか…ニコ厨!!
  • あらすじ

ないです。あるんだけど、お話を辿っていく事というのがさほど重要じゃないアニメなんです。…だから、あらすじなんていいです。(語るけど、知らなくてもいいです。)

  • 何で、硬派アニメに萌豚のアイドル『釘宮理恵』を使ったのか?

アニメが「わからん」というコメントがうるさいので、ニコ厨でも入りやすいお話からやってきたい。

僕は釘宮さんと言えば、ハガレンのアルフォンスをイメージするが、作品数で考えれば、非常に萌系作品に出演した量が多い。(ハヤテのごとくゼロの使い魔とらドラなど)

現在だって銀魂の神楽で知ってる人からすれば、『萌え系声優の大スター』というイメージは持たないだろうけど、現実はニコニコ動画の初期時代(3.4年)に最も人気のあった声優の一人である。(今だと…花澤香菜さんとかがそれにあたるのかな?)

大スターになれる、ブームの息が長い声優さんの条件は「演じ分け」ができることです。アルフォンスという少年役も、萌えキャラの美少女も演じられる釘宮さんだから、長く起用され続けるのです。(釘宮さん以外で「ええ!これとこれが同じ役!?」と驚かされたのは喜多村英梨さんと、日笠陽子さん。)

では本題です。このアニメがどういうアニメかつかみたかったら、釘宮さんの演技を見るのが一番早い。
「一瞬分からなかった」と言う人が続出するように、萌え作品特有の「わたくし釘宮がこの役をやってます」という感じの演技ではなく、「コトという役は実は釘宮が演じてます」という風にちゃんと「役を演じて」いる。

この時点で、ストーリーがあらかじめシンプルな枠組みで収まるようなアニメとして見ると痛い目にあう。…見てる事が苦痛なだけで何も得るものがない。

「難しいものを見る」とか「(中身が)大人向け作品」なんだと思いながらみないとわからない作品ですよ?それを5分でわかるかどうかで「つまらない」と言い出す視聴者がいては「声優オタクってそんなレベルだったの?」と勘ぐりのひとつもしたくなる。…してるから「釘宮演技の違いから、どうやってみたらいいかわかるでしょ?」という言い方からこの話をやってる。

  • ニコ厨と最も不釣合なアニメを東映がわざわざネットに出した理由

ニコニコでウケるアニメの形は大別すると二種類ある。
・1つは咲-Saki-、俺の妹がこんなに可愛い訳がない、お兄ちゃんのことが好きじゃないんだからねなどの、いわゆる萌え系(の癖が強い奴)
・もう1つは天体戦士サンレッド戦国BASARAミルキィホームズベン・トーなどの『説明してくれるけど、日常とは少しズレた作品特有の常識が創作された』作品。

逆に京騒戯画のような「説明不十分で、萌系でもない」作品というのは前例がない。いや、説明がない時点で評判が悪いとマーケティング上は想像できる。

ニコニコに不法にアニメがアップロードされていた時代に、最も評判の悪いアニメの一つが『AIR』(京アニ版)である。今でこそ名作の一つになっているが、当時の評判は散々。5話ほど見ないと何も分からない事、感動のシーンに結びつくまでの間の部分を「○○な気がする」ばかりで説明なし。…ニコニコに荒らしが吹き荒れた事を一度目のニコニコ大会議以前からの会員は知っている人も多いのでは?

要するに「説明しないアニメ」というものがウケたためしがないのだ。サンレッドベン・トーに至るまで、どれももともとあった言葉や概念の定義を変えたことから説明しないと成り立たないアニメなので、すごく親切な作りになっていた。

僕は序盤に説明不十分な位のアニメのほうが好きでね。(ノエインやらエヴァ、FLCLlainなど)
そういうものを投下して見ようという東映の勇気を僕は歓迎したい。

そして、説明不十分なアニメ、一度ではわかりにくいアニメ程ネットで見るべきなのだ。

映像作品は「何度もみる楽しみ」がある。押井守作品や魔法少女まどか☆マギカなど、「見返す事」を前提に作られた作品もあるが、共有された前例がない。ニコニコ動画YouTubeで共有されたときに知っている人、違う解釈を持っている人同士で盛り上がれるというメリットが想像できる。しかし、前例がない。

私などは新劇場版エヴァンゲリオンを見て「本家のエヴァも知りたい」と勉強し始めた人だから、ニコニコ動画でうんちくを動画やコメントで書いてくれる人がすごくありがたい存在だった。

僕は理屈っぽい人、アニメのうんちくがある人が集合すれば京騒戯画も面白いアニメになれると思うのだが、現実はそうなっていないさまを見て「昔のニコ厨はもっとレベル高かったのになぁ…」とゲンナリしたものだ。

  • 世間はお前の親じゃない。

…カイジだったかな?「説明しろ」と吠える債務者に、利根川という銀行員が「待てとか、説明しろという要求をいちいち世間が待つと思うか!」と反論した話がある。

僕も、ニコニコでアニメを見てると「説明してくれる」と期待を押し付けるニコ厨のレベルの低さを見てうんざりした。

…にわかではないんですよ。色々なオマージュには気づいていますし、サブリミナルもよく気づいています。釘宮さんの演技が萌え系っぽく変わるところと、演じている部分の分かれ目にも気づいて「くぎゅううう」とコメントを流している人もいるから、オタクとしてはアニメを見ている人達なのです。


…もうすぐコミケのシーズンだから言いますが、この業界は「お客様」じゃ渡っていけないんですよ

ある程度、オタクに浸かったら「自分もなにかできないかな?」と評論家からプログラマーまで幅広く自分に向いてそうなものを探してみないと、オタクとしてレベルアップできません。

あらゆる商売は「趣味」から始まる。発明だって、金にならないうちは娯楽です。哲学も聞く相手がいなけりゃ、ぼやきです。…オタクがある程度レベルアップしたなら、もっと浸かりたいと絵でもゲームでも小説でも作るつもりで作品を見たらいい。そうするともっと楽しくアニメを見ることができる。


京騒戯画だって大枠だけ語ると『ビシャマル』はハガレンのグラトニーと一緒です。あれは出入口です。出入口の向こうに『古都様』が居て、それを迎えに行くために「コト」が必要だったのだけど、コトはその話を知らなかったし、3人議会のうちの『明恵』はコトがビシャマルに飲まれちゃう事で帰って来られなくなるリスクがあったり、なかったり、よくわかってない部分があるから反対したり…。

あらすじだけ言うとそういう話なんです。

登場人物の間で「情報の非対称性」(知ってる人と知らない人がいる状態)ができている事や「AでありBでありCでもある」という曖昧さを表現してる作品だから、おいそれとあらすじを説明してしまうと、演出したいものとズレてしまう。

安っぽくてもいいから自分で創作してみると、何がしたいか、何ができてないかがよく見える。それをやらない人が評論家気取りすることも片腹痛いし、相手に一方的な期待を押し付けるのもおかしい。


それが、オタクという業界だと思うんですよね。…『スーパーや靴屋』と『コミケやニコ動』とが訪問する時に感覚が同じじゃ困るのですよ。…京騒戯画はそういうアニメです。