読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

ラノベ評論【なれる!SE 2】 夏海公司

ラノベ

はじめに
当ブログでは2chで散々コケにされているラノベをあたかもすごく高尚な経済小説・文学作品を語るように語ります。娯楽感覚でラノベを楽しむラノベファンには【こんなラノベの読み方しねーよ!】(※俺はそう読んでるんだよ!!)と怒られ、2chのアンチラノベ連中からは【そこまでやる気あるなら、ちゃんとした経済書読めよ】(※読んでるよ!!)って怒られそうな、100人いたら20人くらいしか得しなそうな書き方をしております。(でも、その20人は絶対楽しめる内容にする!!)私はそのマイノリティーだ!という人だけお読みください。

個人的には某2chまとめブログ*1に載るようなラノベを小馬鹿にした読み方ではなく、読み方や中身を真剣に読み解いていけば、多少なり国語力や社会科学の知識が付くということ証明したいのですよ。

理解できないモノを頭ごなしに嫌う連中に苦しめられてきたはずのネラーに的外れなラノベ批判をされている現状が不可解極まりないですね。*2だからこそ、質のいいラノベの紹介、より面白く読める・実力がつくラノベ評論を書いてぶつけてやりたいのですよ。

記事の内容

  1. あらすじ
  2. 会社説明会の10倍リアルで泥臭い社会派ノベル
  3. 意外と「能力」なんてどうでもいいのが社会人
  4. なれるSE!2巻から学ぶ(教科書に載らぬ)経済学
  • あらすじ

大卒でSEデビューした桜坂工兵。1巻ではSE部の先輩【室見立華】のシゴキを受けながらブラック企業の洗礼を乗り越える。2巻では工兵が所属するSE部と同社の部署OS部の仁義なき戦いに巻き込まれる。

何割か実話混じりだと考えられるSE経験者の筆者が贈る【社畜物語】。

なれる!SE (2) 基礎から学ぶ?運用構築 (電撃文庫)

なれる!SE (2) 基礎から学ぶ?運用構築 (電撃文庫)

ちなみに、一巻について知りたい方は【ラノベ評論】なれる!SE 夏海公司をご参照ください。

  • 就活生・新卒リーマンにオススメしたい一冊

アルバイトを始めたときお店の店長が結構横暴な方で、よく残業をさせられたよ。(給料はちゃんと払ってもらえたので、今思うといい思い出だけどね)

僕が自信をもって言えることは【社畜の才能】がないんですよ。

同じような仕事に意味を見出して、技術が劣る分先輩をうまく利用する(教えを請う)、遊びに付き合う、言われる前に仕事を進んでやる…そうだね。【体育会系のノリ】とでも、言ったらいいかな?

技術が無くても、【体育会系のノリ】があると救われるシーンって多いですね。言い方一つで説教が始まったり、クレームになったり…業種によってはそういうことがザラにある。だから、【社畜】などと揶揄されるような仕事ぶりでもそれを実行できることは才能であったりする。

なれる!SEという作品はそういう意味では非常に処世術の高い工兵が新入社員たちの見本になるのではないだろうか?スペックは低いが、それを補うだけの機転が効くといいますか…いい意味でプライドがないんですよね。

僕が最初に【社畜の才能がないんです】と言った理由は色んなことを知りすぎてるからです。自分よりも頭が悪い人、人格的に尊敬のできない人間にどれだけ掟の厳しい組織でもNoと言ってしまうように、生まれ落ちてからずっとやってきた人間です。そんな【反骨精神】の塊みたいな人間ははっきりと言えば、組織の中で流動的に使うのは難しい。

【スペシャリスト】としてどこかに固定しておく事はできますが、社会の右も左も知らない文系をいきなり専門家として使おうという気前のいい会社は世の中にない。(あれば、是非行きたいけど、ない。)

今や個性を重んじるはずの芸能事務所・音楽レーベルでも、【顔が良く明るい子が欲しい。音楽なんぞボイトレとプロデュースでなんとかなる】という始末だから、椎名林檎みたいなアーティストはあと30年は見られないんだろうなぁ…と幻滅している。

【会社が育てるから、癖と欠点が少ない子が欲しい】というのが今の現状だが、それがかえって危機に対応できない原因だということにイマイチ気づいてないから、組織として腐敗している企業を多く見かける。(正しいマネジメントは『育てる』ではなく、『配置する』なんです。仕事ってのはやってるうちに覚えるのだから、問題は本人の資質とマッチしたところに当てはめる上司の問題です。…ちなみに、これは色んな企業で言っている話。)

その意味ではなれるSEで舞台になっている会社は非常に面白い。俗に言う中小のブラック企業なのだが、それ故に個性的な人材と、仕事をこなすために個々の持ち場において優秀なスペシャリストだけが残っていて、話が面白い。

  • そもそもノウハウ化できるのだから、能力は問われていない。

若い人ほど『高度な仕事・遊び・学問をしたい』と思うけど、実は多くの場合【必要のない】ことなんですね。
完全なstand aloneで動く仕事ってそんなに多くない。もし、そういう仕事だとしても、結局自分はいつまでもそこに居られないから引き継げるようにしないといけない。

大きな組織・案件程それを『マニュアル化』『システム化』できないといけない。そうなってくると社会人に問われるものは個人技じゃなくなってくる。(もちろん、最低限度の業界知識・専門知識はいるけど、それは教育することが大前提。)

前項で『企業は『育てる』よりも『配置する』が正しい』と言ったが、それでも『育てる』を選んでしまう企業が多い理由はこの『システムを継続的に運用していく上で合理的だから』という理由がある。
共通の知識・規格の中で仕事をこなすようにすれば、それほど大きなブレは生じず、システムだけは持続可能な存在となりえる。

プロ野球や音楽や文学や…そういう個人で仕事をしていく分野の場合はこの『マニュアル化』をやりすぎると『画一化』を招くから良くないのだが、イマイチそこがわかってない人が多すぎる。(最も有名なのはイチローですね。…今の野球見てると、どれもこれも手塩にかけて育てられている上に、守るべき型に雁字搦めにされて、個性派の選手が減って面白くないんですよね…。)

あるシステム・サービスを運用する際に『どんなやつでも出来る』ものにする事自体は正しいのだが、それが万物に適用されるものではいけない。だけど、多くの人で仕事をするものはシステムとしてどうやって引き継ぐか、どのぐらいまでマニュアル化したらいいかという事を議論しないといけない。

…というのがこのノベルの議論。

  • 経済における【ヤンキーと優等生】

最後に、本編中の印象に残った台詞とそこに関する議論をやって終わりにします。

「そう、それがユーザーの正常な反応だ。問題なく使えて当たり前。障害なんてとんでもない。復旧作業?やって当然だろう。むしろ使えなかった分の料金を減額しろ」(藤崎)

インフラ商売の辛い部分は上記のようなことがあるところだろう。電気・ガス・鉄道から多くの人がアクセスするウェブサイトまで全部同じことが言えるのは【動かし続けないといけない】という事。
非常に言い方が悪いのだが、人間はアホだからね…こういうもののありがたさに気づかないんですよ。当たり前にあるという時代に生まれるとなおさらにね。

そういうモノのありがたみがわからん奴がいきなり【公共事業はいらない】(マスコミ各社)だとか、GDPの1.5%である農業を切り捨ててTPPを見送るなどとんでもない】前原誠司)とか、【海外に移転すれば、コストが下がるからこの国を出よ】大前研一)安直に言い出す。

ネットの話で言えば、ニコ動がメンテナンスに入ることが昔はすごく多かったため「俺の朝の楽しみを返せ」と荒れ狂う人がmixiや2chなどで愚痴を書く人がいっぱいいた。

当ブログでは経営学の話をするときに、楽天の三木谷社長の発言を引用して【幹になるベンチャー】(ビジネスを生み出す・応援するビジネス)こそが強いといい、その一例にインフラを挙げてきたが『こんな欠点もあるのか…』と感心しながら読ませてもらいました。

『優等生とヤンキー』の話をご存知だろうか?優等生が良いことをするのは当たり前だが、ヤンキーがいいことをすると珍しいからすごく褒められるというお話だ。

経済学だと【弾力性】って言葉があって、これはよく『価格弾力性』という形で『値を動かすとこれだけ買う人が増えます』と言う価格と買いたい人の関係を数値化するように使われる。(例えば、お酒は法律である価格までしか下げられないから10円・20円の値引きも大きいが、肉・魚・野菜何かは10円・20円の値引きで買おうという人はそんなにいない。)

この『弾力性』の理論がインフラ、プラットホームになるような商売では『満足の弾力性』として適用されるんだろうね。(その弾力性が大きい。つまり、よければすごく褒められるけど、悪いとクレームと退会者が続出するというもの。)

みんなが大好き(!?)mixiを例に話しましょう。mixi暦3年少しの私はmixiがよかった時期も悪かった時期も知ってるが、そのたびにユーザーがいろんなリアクションをしてる。

mixiの仕様変更は基本的に『模倣』が多い。好評だったのはmixiアプリというモバゲーのパクリとも取れるような課金制ゲームの導入ですね。(今は安定してるけど、当初は利用者がすごく多かった。)
ゲームに参加して、懸賞が当たるものについては積極的に参加してる形跡を色んな人が残してる。

有名なのは@CR-Zってヤツで、車が抽選で当たるとか…というもの。

逆に、良くないと評判なのが『足跡の廃止』。【足跡】というアクセスしてきたユーザーを確認できる機能ですが…これがなぜか廃止されたときには20万人程の抗議のコミュニティーが形成され、熱心な消費者は会社の役員と交渉し、mixi側も騒動を重く取り足跡機能の廃止までの経緯と今後どういった機能を付け加えるかという発表をするに至った。(ちなみに、mixiに登録して、アカウントを放置するユーザーが増えたのもこれが原因と言って差し支えないだろう。)

mixiがワカラン人のために、東電でも書こう…と思ったけど、東電が良いことをして評価されているシーンが思い浮かばないので、やめます。

…インフラって怖いですね。mixiもそうですし、ラジオ局・テレビ局・各種ポータルサイト、鉄道などもそうですけど、儲かるときはすごく安定して見えるのですが、それが必要されなくなると、その衰退の速いこと…
【安定志向の就活】だとか、親が『長く持つ企業』だとか言う人がいるんだけど、そんなのワカランのですよ。mixi何か、僕も登録して様子を見てましたが、すぐに説明会の席がなくなるんですよ。(だから、結局行ってもない。)

今年mixiの内定取れたやつは青ざめてると思いますよ?終わりまでは言いませんが、伸びしろは確実に小さくなりましたからね。自分達が何かしらのアクションを取らないとmixiは本当に危ない。





…ラノベの話からだいぶ離れてしまいましたね。単純に面白いかどうか?ストーリーのまとめ方が上手くて、業界のあるあるネタも一緒に仕込んでいるので、面白いですよ。

きれいにまとまりすぎているからこそ、敢えてラノベの話をあんまりしてないんです。それに、2巻の評論を読むんだ。1巻で作者があれだけシナリオの作り方が丁寧である事を知った上で2巻を読もう・読んだという話になるのだから愚問に等しいよ。

面白いもん面白いって賞賛するだけのブログはいらないんだよ。読んで何を考えたか、何を考えながら読むともっと面白いかと言う+αがなくちゃ!




なれる!SE(2)

なれる!SE(2)
著者:夏海公司
価格:620円(税込、送料込)

*1:主にやらおん!

*2:フジテレビからの不当な祭りへの批判、何の根拠もない社会学者によるニート、オタク批判を受けた世代が年老いたら半可通のラノベ・ニコ動・Twitter批判ですか?テレビと同じ穴のムジナだったんですかね?