読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

アニメ評論【ベン・トー】4-6話/『テレビアニメ』の難しさ

アニメ

『腹の虫に従えばいいのよ。野を駆ける一匹の獣のように』(出典・ベン・トー6話【松葉菊】の台詞)


…上記の台詞がかっこよく聞こえるところがこのアニメならではだなぁ…と思うのですよね。

記事の内容

  1. 相変わらずのおもしろクオリティー
  2. 面白さの秘密は【オリジナルリアリティー】
  3. 原作付きアニメの壁
  • 原作が改変されてもそれでも面白いアニメのクオリティー

6話と…多分3話(狩猟犬の回)は原作をかなり単純化していると思います。

だけど…相変わらず、ツッコミどころ満載にしてこのアニメじゃないと絶対に「これおかしいだろ!!」というシーンに割と寛大な気持ちで見ていられるような世界観設定がすごいと思いましたね。

4話で登場する著莪あやめの回、5話のガブリエル・ラチェット、6話のモナーク回とまとめて紹介していくのですが…ベン・トーってあんまり考えなかったけど、結構ハーレムアニメですよね。(まずは4話の話を中心にやります。)

変な人、嫌いな人も含めて主人公の佐藤君がやたらと女の子に絡まれる。ラブコメ要素が今のところは少なめですから、構図がハーレムであってもおっさんが出てたり、過半数の女キャラが主人公に恋愛感情なり愛情を求めたりしないハーレムだと割と落ち着いてみていられる。

禁書・IS・マジ恋・はがない・まよチキなど…最近ブームしたり、アニメとして見たものを見ていると暑苦しいぐらい女の子が絡んでくる作品が多いから距離の取り方が素晴らしいと思います。

私の好きなゲーム「パワプロクンポケットシリーズ」はよく「彼女を攻略するギャルゲー要素に野球がついてる(野球してない)」と言われるのですが、そんなギャルゲーで攻略できないキャラがいると、ファンが「バグ」だと言う。…ゲームを知っている人は1のようこ先生、9の夏目准、9-12のルッカ何かがそれだと思ってください。

…だがそれがいい。

ベン・トーのキャラ配置は「攻略できない、攻略対象外の、恋人っぽくデレないキャラ」の良さを心得ているから素晴らしいと思いました。キャラがぶれないというか…行動原則がはっきりしていて、見る側がキャラの行動を納得して見ていられるので、安定した面白さとか好き嫌いの判断のしやすさが出来ていい。(噛ませ犬キャラが少ないから割とどのキャラも好きですね。)


もう一個ベン・トーの話つながりで、パワポケの話に触れると「スゲー難易度が高くて滅多に攻略できないキャラ」と言うのがいる。知っている人向けに言うと6の秋本彩(ほぼすべて、ランダムイベントの彼女)、10の天月五十鈴(デートすると怒られる、体力が削られるというトンデモ彼女)がそれ。

ベン・トーの主人公【佐藤】の目線で言えば、氷結の魔女こと槍水仙がそれに当たる。先輩に好感をもたれようと色々している様子があるのですが、思いの外うまくいかない。主人公がそういう人物故に見ていて「現実味あるなぁ」と作り物っぽさが消えて楽しめる。自分が結構この「好きな子には好かれないくせ、なんとも思ってない子とは結構仲良くできる」というタイプなので、佐藤の「あうう…」と言いたくなるもどかしいというか、やりきれない気持ちに感情移入できて楽しく見ています

  • 常識を創作した作品

ベン・トーの面白さの根本は何といっても「その作品でしか通じない常識を作ってそれを元に話を進めているというところ」ですね。

1-3話の評論でもこういう事を述べた。

戦国BASARAミルキィホームズ、そしてベン・トー(それ以外ならそらのおとしもの天体戦士サンレッド)が系統的に似ているところはそれぞれにツッコミどころ満載な世界観の中で登場人物はそれに矛盾や違和感を感じることなく、大真面目に戦いを繰り広げ、ギャグにもバトルにも傾かずバランス良く普通のアニメみたいに様々な要素を提供するところだ。(略)私はこの傾向をオリジナル・リアリティー(OR)と呼びたい。(出典・アニメ評論【ベン・トー】1‐3話/≪ネットで見るアニメ≫の輪郭

その典型が6話でウィザードが取ったとんでもない行動(ネタバレのために言わない)だ!!あまりにも酷いので、画面の前で爆笑したばかりかリピートして見直してしまった。

あと5話〜6話のモナークの行動なんかもまず普通の人はやりませんわな…。

僕は経済学部だから、この発想はすごいと思った。…というのは経済学は「最も合理的(得)な行動を人間が取る」という前提ある。一見すると「奇行極まりない行動」も「自分が欲しいモノ、大切にするものを手に入れる・守るためにはその人にとって一番必要な合理性ある行動として表現してしまう」ところがすごい!!

3流のエコノミストはその合理性を「お金」という貨幣で、考える。だから、経済はお金の学問というイメージがあるが、実際は経済が分析したいものは「価値そのものに向かって走っていく人間の姿」だ。僕とか日下公人先生などはその価値そのものに人間が取る行動(選択)の事をお金と区別する意味で「非貨幣経済」と呼んでいる。

すごく「ベン・トー」という作品をややこしく言うと、
「常識を創作し、登場人物に作品固有の価値観を共有させることで、合理的だと思える行動が違う。それがシュールな奇行を自然な営みへと昇華させる。」

…どっかの大学の学者みたいな捉え方だけど、こういう風に体型的にすると応用が効くノウハウになりうる。例えば、作家志望の方に「面白い作品の作り方を教えろ」って言われたら、「どう見ても違法・犯罪・奇行の類をやることが自分達のために一番正しいと思う状況をストーリーに盛り込めば、面白い作品ができるよ」という回答がベン・トーというアニメを知っていれば出来る。

僕はこの作品以外にミルキィホームズ戦国BASARAサンレッドなんかも絡めて「オリジナルリアリティー(創作された常識)を作りなさい」と言う。

  • アニメーション作品に於ける脚本の難しさ

ただ、6話は原作と違う安直な形に収まってしまったという原作ファンのコメントもある。

そこで、スタッフを調べたところ、答えがすぐにわかった。脚本の岸本みゆきさんという方は野球で言えば、中継ぎや代打・守備固めみたいにワンポイントでしかアニメの脚本を書いたことがない。

アニメ屋さんというよりは「文人」…つまり、文章のなんでも屋さんみたいなポジションの方なのだ。

以前に、神様のメモ帳という作品を追いかけていて、3話ごと位で評論を書いていたときにも「脚本家によって尺の収め方のムラがある」ことに気づいた。

僕が「上手い」と思った脚本家は生粋のアニメ脚本家である「綾奈ゆにこ」さんの回。神様のメモ帳という作品は説明が多いこと、展開がアニメにするにしては緩やかであることから時間内に収めるためにはエピソードを削ったり、付け加えたりしないといけないところがあるのだ、その作業の技術が非常に高い。…まして、あのクソ監督の下でよくやったと思うよ。もし、俺なら多分殴り合いになってると思う

逆に僕が「この人の回は酷い」と思ったのが「伊神貴世」さん。この人はミステリー小説の作家さんなので、アニメの尺に収める作業もそうですが、エピソードを付け加えて書いたり、読者にわかりやすく順番建てて説明する技術が低かった。(という話を書いたら、僕よりもTwitterで有名な人に「ピングドラムでもこの人の回は違和感があった」という事を言われた。)

世間の人は要約も読解も創作も全部同じ『国語能力』だと思っているが、アニメにはアニメの、小説には小説の、ブログにはブログの技術ってもんがある

僕はブログに関しては専門家だから言うと、「読みやすい尺」に収めないといけない部分がケータイ・スマホで見るmixiにかくのと、パソコンで熟読してもらうはてなにかくのとでは大分違う。はてなの時はすごくわかりやすさ重視で例え話もふんだんに入れる。目安10分前後で読めるようにしてる。(早い人なら3分ちょっと、普通のザラ読みで3分、熟読で15分)

mixiに書くときはケータイで読む人向けに短めに例え話やわかりやすさではなく、結論だけ箇条書きに近い短さで書く。

小説家の場合は全体が見えるからこれを逆算しながら割り振るから均一の尺には必ずしもならない。ゲームのシナリオライターなんてもっとそうで、テキストの量的制限がブログよりも、アニメよりも、小説よりも優しいからゲームをアニメ化すると脚本家が一番辛い思いをする。

だって、面白くならないんだもん!!

ブログと小説は相手の体力や物理的な量的制限があるけど、何日もかかることが前提でかつ、フルボイスのゲームはデジタル媒体に入るだけテキストを投げ込める。(ハード次第では無限大と言ってもいい。)

だから、キャラの設定もストーリーもいくらでもややこしくできるが、アニメの脚本家からすれば、それを均一に12等分(声優さんが読める量)に収めて、なおかつ視聴者にわかりやすくしないといけないので、テレビアニメは相当難しい。OVAや映画みたいに「ちょっと伸びても…」というのが番組枠があらかじめぶつ切りにされているから許されない。(これってテレビドラマや報道番組などでも同じことがいえて、番組枠が平等であることがコンテンツの可能性・有用性を下げているのではないか?と僕は指摘しておきたい。)

ベン・トーの6話はまさにその犠牲者になった。6話見た時に思ったことは「ベントーの本当の面白さを知りたかったらやっぱり原作読まないとダメだね」という事です。…まぁ、ベン・トー自体の問題として「専門用語が多い、シナリオの幅が広げにくい(弁当取り合うだけというルールが変わらない)」という原作の問題もあるけど、それを承知の上でのアニメ化だから、その欠点を可能な限り克服して欲しいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

…そう言えば、我が家では弁当と一緒にふゆになると、みかんを持たされたのですが、我が家だけですかね?