読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

日韓友好という名のすり替え〜日本人が知らない『文化情報戦』〜


昨今、韓国が日本のネット界にこれでもかと言うほどに話題になり、芸能人まで韓国・フジ叩きに回る芸能人と、韓国・フジ派の芸能人の二手に分かれております。私の周りでも経済政策では共闘関係にあるようなブロガーの方々も問題の解釈が大分違っていますし、同意見でも経済的なアプローチと外交戦略からみるアプローチで大分違います。(生粋の経済ブロガーの人と私のように『ミックス経済ブロガー』とはちょっと考え方が違う)

  • 政治の世界でも韓国VS日本へ

韓国に関連して、政治の世界でも大きな事件が起きました。

[http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110801/plc11080108400005-n1.htm:title=
韓国、自民3議員の入国拒否 「両国の良好な関係に役に立たない」 ] 
要約・自民党の国会議員『佐藤正久』『稲田朋美』『新藤義孝』の3議員が竹島から90キロに位置する『鬱陵島』の視察を行うために韓国を訪問したところ、韓国が入国拒否という対応をしました。自民党3議員は『事実関係の確認や現状の把握のために『独島博物館』*1の視察が目的であり、領有権の主張やデモ活動の目的でない』と主張しているが、韓国の空港に500人の抗議する人々(報道では市民団体と言われている)が集まり、視察団に加わる予定だった平沢議員を含めた四人の顔写真の入った旗を燃やす、日の丸を燃やすなどの抗議パフォーマンスが行われた。

1枚だけ写真を見てもらいましょう。何が行われたかという事を分かった上で、私の話を聞いていただきたいので、現実を直視してください。

昨日の産経新聞では一面になった事件なので、ご存知の方は多いと思います。しかし、ネット与論ではイマイチ盛り上がってないのでこの話題についてテレビ朝日の報道と両方を見比べ・総括しお話をしていきたい。

  • 手前勝手な日韓友好主張する韓国政府

テレビ朝日の報道の書き起こしを3つしておきたい。
1、本来、空港でのデモが禁止されているが、500人のデモ隊が来ていた。(報道)
2、『独島は韓国のもの、対馬は韓国のもの』(デモ対の一部写真より)
3、空港の人間は交渉に応じる意思があった。だが、政府の意思で入国拒否(佐藤議員より)

中でも重要なのは1、3ですね。2は『韓国がいかに電波か』を理解してただければ、それで結構です。
1、3によって明らかなことは『政府主導で入国拒否・抗議運動の容認が行われた』と言うことです。規則に則り粛々とやっていないということは作為があった、あるいはあるとみられても仕方がないような行為だということです。

2は韓国国民の中には『対馬をも韓国領』だと思っている人が居て、実際に韓国資本が対馬の土地を買っているということをご理解ください。重要なのは【もしも、デモ自体が政府による動員であった場合対馬の領有権を韓国政府が主張しているという事実】があるので、その可能性を想定することです。デモは容認しただけなのか、デモそのものが動員・依頼したものかという観点は現段階ではどちらとも言えません。しかし、可能性として想定することに越したことはないですというところは十分に抑えられるのではないでしょうか。

テレビ朝日の動画は最後に貼りますが、削除されている可能性もあるので、ご了承ください。

国際裁判、外交の交渉にも立てない、事実関係も検証させないで一方的に【竹島じゃない!独島だ。それは韓国のものだ】と言われても、こちらにとて日本の歴史的事実に基づいて主張しているのだから、双方の議論がないと解決しない。(国際的信用が得られる確信があるなら、裁判でも外交交渉でもやったらいい。そうすれば、領土問題は無くなる。できないということはそれだけの嘘や不確かな部分があると言うことではないのか?)

ここではっきりと言っておきたいのは『政治というのは敵を作ることで権力の持続につなげよう』という権力者の意図的な世論誘導が度々行われる事実だ!!

韓国はその典型で反日・反米・反中と言った行為で自国を高く見せようとする行為(悪意に満ちたナショナリズム)を度々行なっているが、これはとんでもなく幼い。韓国に限らず、アメリカもこの手法が大好きですね。冷戦のソビエト・戦前やバブルの日本・中東の各国などどれだけの国と団体が大統領のプロパガンダに利用されたか…。ちなみに、日本だと菅直人小泉純一郎などがこの手法が好きですね。両者とも【官製企業・官僚】を悪役にしたがる習癖があるが…役者が違いすぎますね。

米韓に共通しているのは日本を悪役にしたがる癖があるというもの。儲からなかったら【日本のせい】なのである。そこで政府ぐるみで圧力をかけてくるところも似てますよね。

『友好しましょう。私たちの文化に慣れ親しんで、どんどん取り入れていきましょう』
とか言ってるけど、都合が悪くなったら、政治家が日本製品壊したり、国旗を燃やしたり…まぁ、そっくり(笑)

そういう「友好」という言葉に騙される日本人はとんだピエロだよ!!


…韓国はアメリカの植民地になったほうが気があったかもしれませんね。
どうしてそっくりなのかといいますと、いくつかの理由がある。両方とも内向きでしかも自国の事で一体となって盛り上がる体質(選民主義…いや、選国主義)である事、歴史のベースが違う国で出来ている(アメリカは欧州、韓国は日中がベースである)こともそうですし、政治制度・経済体型もそっくりなんですよね。

アメリカはPLCの安定期…つまり、『産業に置いて市場がこれ以上成長しない』に入ると少数の企業がその市場を独占してしまう性質を持っています。原発大国なのに、原発をメンテナンスする会社はあっても、原発を作る会社はアメリカにないのです。家電も同じです。(ないものは輸入するスタイルになっていく)
韓国の場合は事業がある程度大きくなると、財閥の傘下に入らないといけません。海外企業が進出してくる場合は、財閥の手を借りるようにしないと政府や経済団体からいじめられるような国です。日本も経団連が目の上のたんこぶとして嫌がらせをしますが、日本よりずっとひどいです。なぜなら、財閥が国であり、財閥が経済のほとんどを掌握しているのですから…。(日本の若者いびりのスタイル+中国の国に賄賂を渡す汚職経済=韓国式大資本のための経済

そして、何よりも似ているところは【政治制度】です。大統領制という事もそうなのですが、やたらとトップが死ぬところが似ています。アメリカの場合は在任中に死にますが、韓国の場合は退陣後に歴代のほぼ全員が逮捕・死亡のどちらかになります。

菅直人はこの韓国のスタイルになることを恐れて『【党代表】誰かにさせるから、【総理】はやらせて!』という頓珍漢な事を言った。(彼自身の献金問題で逮捕されるのを避けるために首相を続けるという【鳩山システム】に加えて、【首相のうちにやりたい放題やろう】という大統領制のような思想も韓国の政治史から来ているようにも見える。

  • 戦争しない国家侵略

戦争ってのは何も【兵器による肉弾戦】と【交渉による外交戦】だけじゃないということを日本人は知らなすぎるので、最後にこの話をして終わりにします。

今の日本では【文化情報戦】の時代です。これは私の造語なので、ちゃんと説明しましょう。

文化情報戦の最も古いものは中国による【圧倒的な文化力の差を見せつけて周辺国に朝貢外交や使者の招待をする】というものです。これはイギリスが昔の植民地によくやっていた手法で、イギリスから独立しても『イギリスに留学したい』と言わせて、アカデミックの頂点に常に居続けることに成功した。

最も露骨かつ日本人が引っかかったものが【GHQ】の『日本人にパンを食べさせよう』と給食にパン食を入れたこと。パン食以外にも色んな文化を入れた。80過ぎの左翼は少ないが、団塊の世代に向かっていくに連れて左翼が多かった理由は『米兵が自分がもっていた食べ物を渡す』『アメリカの流行を日本で流す』『アメリカこそが時代の寵児であるように演出し続けた』などいろいろとあるのですが、団塊から四十歳にかけては常に『日本は欧米に比べると遅れた国』だと思い込んでいる。

…一度外国文化の洗脳にかかると今度は韓流でも洗脳に係る。『アメリカ文化が入ってきて日本は国際的な国になっていくことを感じた。だから韓国文化だって入ってきてもいいじゃないか』というふうになる。

しかし、それがおかしい。

どれだけグローバル化しようが、住んでいる土地に適した食べ物や特産品は変わらないし、住んでいる人のライフスタイルだってその土地にあっていないものはどんどん消えていき、文化的な所は根本的には変わらないいや、変わってしまえばただ『かぶれる』だけだ。アメリカかぶれ、韓国かぶれを国際人というなら、私はそんな人になりたくないので、結構です。そういう国際人になりたくもないので、海外にも行きません。(でも、台湾・スペイン・イギリスは一度行ってみたい。別に押し付けられて好きになったわけじゃないですし。)

『自国の文化・習慣があって、他国にもそれがある。しかし、ビジネスを行うときはそういう軋轢には目をつむりましょうね。郷に入れば郷に従って地元の人を尊重しましょうね。』
というのがグローバル化の正しい本質だ!!ハーグ陸戦条約にも書いてあるぐらい昔から当たり前の話ですよ。(現地の法律や政府を尊重しましょうねって書いてあるのですよ。)

韓国の文化をゴリ押しして『韓国文化に慣れ親しむことが日本の友好の形です』というならそれは間違えです。日本で生活・商売する以上は日本のルールを外国人でも守り、韓国で生活するならば日本人でも韓国のルールに適応する。

資本を使って法律違反の実効支配・政治介入したり、嫌悪感剥き出しで相手の否定をして日本人の気分を悪くする事は国際化でも何でもありません。情報による侵略行為そのものです。

韓国の今行なっている『韓流』ブームは日本史史上最も露骨な文化情報戦です。GHQに並ぶかそれ以上ひどいです。(GHQは最低限日本に『戦後復興』『その後の日本文化の基礎形成』というメリットがあったから、許せる部分もある。韓国の場合はどうだ?『韓流』が広がったところで経済的・文化的に日本が豊かになるのだろうか?)


最後に
テレビ朝日の放送を貼って終わりにします。最後までありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

私は日本を守りたい

私は日本を守りたい

*1:独島というのは竹島の韓国名。