読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜

映画の話

久々に映画の話をしよう。…といいたいけど、厳密にはルパン三世のTVスペシャルシリーズの特集です。

炎の記憶/TOKYO CRISIS ― ルパン三世 TVスペシャル第10弾 [DVD]

炎の記憶/TOKYO CRISIS ― ルパン三世 TVスペシャル第10弾 [DVD]

…時間の枠組みもそうだけど、DVDやサントラまでその作品単品で出すならもう映画でもいいと思うんだけどね…。*1

  • マニアックだけど、出演している声優が作品の時代の目安になったりするのですよね。

一般のバラエティーにブームしている芸人や司会者がいっぱい顔を出すように、アニメ界にもブームしているスタッフが何回も様々な番組で出る事がある。

アニメの場合は声優が同じ時期の様々なアニメに出演している事が多い。*2
最近の人であれば、豊崎愛生*3花澤香菜*4がそうですね。ちょっと前の人であれば、釘宮理恵*5もその時期を代表する声優の一人ですよね。


このルパンの映画に出てきたゲストは男女ともに当時、一世を風靡した声優二人でした。(今でも人気です。)

TVスペシャル限定のヒロインが林原めぐみ*6で、重要なキーパーソンとして出てくるのが山寺宏一*7です。

何でこんな話をするかというと…林原ボイスがすご〜くかわいいのです!!この作品。90年代は林原さんと山寺さんの出演・競演する作品が凄く多いのです。しかも両方とも演技がうまく、声の幅も広いため色々な役が見られて面白いのです。

  • ルパンBLもありかな…と思うぐらいキャラがかわいく見える作品

この映画の最大の魅力は・・・ルパンっぽい格好よさが途中まで台無しになっている事です
むしろ、次元と五右衛門にいたっては欠点だらけのダメキャラになっていて笑いが止まりません。

開始10分でわかる範囲のネタバレをすると、今回のルパンはかなりドジです。次元についても銃を撃たないし、五右衛門については斬鉄剣を持っていません。(不二子はいつも通り…かな?)

今回はむしろ主人公が銭形ではないのかと思うほどに銭形の話が多く、銭形にヒロインがくっつく形になります。…今回のとっつぁんはマジでカッコいいです!!銭形が今回の事で好きになりました。(個人的には一番好きなキャラは次元で固定してますけどね。

キーパーソンについても色々と面白いところがあって、一言で『被害者』とか『加害者』とか『資産家』とか『恐ろしい敵』とかわかりやすい言葉で収まりません。全部そうだけど、違う。と言えばいいのでしょうが、それだと説明として不十分な複雑なキャラクターです。

演出が98年の作品にしては古めな部分がありますが、作画がすごくいい。ルパン特有の戦闘シーンはもちろんですが、シリアスなシーンや日常の細かいシーンなども食い入るように見るだけの勝ちある作品。

印象に残ったのは音ですね。時々入るBGMもそうなのですが、SEの入れ方がコミカルで笑えます。何かのバラエティー番組を見ているかのような軽さをちらほらとシリアスなシーン・戦闘シーンにはさんでくるので、終始一貫して笑える作品に仕上がっています。(ある程度、理屈やデッサンが破綻していても、笑えてしまうのがルパンの特権だと思うのですよね…。


とそういう作品です。
久々に映画の話がしたくなるような作品に出会えたので、ついつい書いてしまいました。

やっぱりエヴァ(95)〜ハルヒ(06)の周辺ぐらいの作品っていいなぁ…。*8その後は萌えが中心になったアニメと、子供だましの声優を代えながら騙し騙し続ける大河アニメの二手に分かれてしまったから良作に出会える確立が減ったけど。

この作品も1998年もいいアニメが多い年なんですよね〜偶然にも僕が1,2を争う好きなアニメ『lain』もこの年の作品。(カウボーイ・ビバップとかもこの年ですね。実は主役の声優がこのルパンと同じです。)←他にも彼氏彼女の事情トライガンカードキャプターさくらなどが有名ですね〜今の人でも知っているアニメが出揃う豊作の年の作品なのです。

…今は今でいいところもあるけど、あの時期に小学生の小僧だった事が悔やまれますね。ちょうど今ぐらいの歳で当時に生きていたら私は今以上にオタク文化に燃えていたかも…。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ

*1:ルパンってマニアがいるからそこら辺を厳密にやらないとうるさい人が出てくるかもしれないので、一応断っておきます。

*2:あと、よく見てもらえると主題歌の作詞作曲がある時期に『この人の作品多いね』というのがあったりする。アニメーターや脚本家、アニメ監督はアニメを作るのに恐ろしく時間がかかるため、あまり多く被る事はないのだが…稀に名貸しをしていたり、出番が少ないなど特殊な事情で同じ人が1年間に3,4作品のアニメの掛け持ちをしているケースも無くはない。

*3:けいおん!平沢唯(主人公)、とある魔術の禁書目録の初春(とある科学の超電磁砲では主役の一人)、花咲くいろはの押水菜子など

*4:ISのシャルル、俺の妹がこんなにかわいいわけがないの黒猫、化物語千石撫子など

*5:銀魂の神楽、灼眼のシャナのシャナ、ゼロの使い魔のルイズなど

*6:ポケモンのムサシ、エヴァの綾波レイ名探偵コナンの灰原あい(コナンの正体を知っているコナンと同じ子どもの姿の大人)など

*7:攻殻機動隊笑い男兼トグサ、エヴァの加持リョウジカウボーイビバップのスパイクなど

*8:具体的に言えば、グレンラガンぐらいまでだから、もう少し後までいいと思う。