読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

今までみた中で一番酷い国会中継


自民党は宮城県気仙沼出身の議員、小野寺五典議員の質疑

この動画について述べる前に、国会中継を見る意義について説明したい。

  • テレビとは全く違う印象を与える国会中継・及び会見

インターネットで国会中継がアップロードされ、麻生政権下ではニュース以上に注目された。麻生政権下では麻生氏の答弁がテレビ・新聞によって印象操作がされている痕跡がある事を支持者達は国会中継の動画を作って証明した。

鳩山政権下でも支持率60%もある総理大臣が他党の議員の質疑に目をうろうろさせながら情けない答弁をする姿がインターネットを駆け巡った。また、国会中継に興味がなかった人の間で小泉進次郎や斉藤健といった新人議員達の野中にも有望な議員がいる事も知れ渡るきっかけになった。

これは国会だけではない。麻生内閣・鳩山内閣ともに様々な会見がアップロードされましたが、鳩山氏についてはニコニコ動画での生中継で『日本列島は日本人の物だけではない』と述べた事が国民主権にそぐわない発言だとして問題になった。(※本人は『日本人ばかりが住み易い国にするのではなく、外国人や他の生物・環境にも配慮した社会を作るべきだ』という意味で述べたそうだ。)

  • 民主党になってからの国会中継。

鳩山氏の答弁も意味不明であったが、鳩山氏よりも酷いのが菅政権だ。菅政権は露骨な時間稼ぎやあからさまに外国に対して弱腰な体勢を取るために、答弁を避けたり・ごまかしたりと言う事が目立つ。(国会中継をいくつか見ればわかる。)

民主党政権になってから、多くなった事は『速記を止めてください』という質疑が止まってしまうシーンが目立つ。
特に菅首相・仙石副官房長官などは質問された事にまっとうに答えない事が原因で、質問者から中断してもらって何度も答えるまで同じところをやり直す事がある。

この動画の中にはもっと酷い光景がある。
と言うのは、委員長が内閣の隠蔽を手伝い答弁をさせないために質問者である小野寺氏を委員長が問い詰める(普通の国会ではありえないことです)、質問を要求した相手に答弁をさせないという強引であからさまな嫌がらせをした。

当然、菅内閣のメンバーも酷い答弁しかしていない。非を認めない、不十分な対策を改善しようと(言及すら)しない、出た事実も酷い。

自民党の場合、被害にあった議員が先頭に立って答弁をしている。地元に帰って実際の被害状況や行政の不備や改善点を国会で追求する。(東日本大震災については東北出身が民主党議員には多いため、民主党の答弁もあるはずです。しかし、答弁の能力の甘さ・言及する内容のレベルの低さから評価されてネット上を駆け巡った物はほとんどありません。私も参議院議長の西岡氏の会見ぐらいしか見ておりません。)


自民党をよいしょしたいと言う事ではなく、東北は民主党の地盤で、被災されている議員も何人かいるはずなので、小野寺氏のように歯切れのある答弁・被災地のつらさが伝わるような答弁をしていただきたいです。

被災地の現状について、各種報道によって伝えられていますが、内閣の対応には報道で被災民が話すような強い危機感が感じられません。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

日本復興計画 Japan;The Road to Recovery

日本復興計画 Japan;The Road to Recovery
著者:大前研一
価格:1,200円(税込、送料込)