読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

日本版9.11


今週のお題東北地方太平洋沖地震と言うわけですが、評論家っぽくひねたタイトルをつけさせて頂きました。

マイケルムーアの映画や9.11同時多発テロが政府による自作自演であると唱えたドキュメンタリーの中で『アメリカ人は9.11事件以前の事を忘れてしまい、パニックのまま判断を誤って戦争に加担してしまった。』という言い方をする人が出てきます。

今回の地震は天災だが、地震が起こる以前の事を忘れたままに声を挙げる一種のパニック状態が新たな人災を生み出す、あるいはこれから生み出されるような危機感を感じる事が多かったです。

  • 『嘘』を見抜け!『努力』は応援しろ!

今回の地震が『国難』といわれる事は本当の話だ。津波被害が仙台や地震の被害が酷い福島、宮城、岩手の都市の機能が止まった事で地震の影響がない地域までも食料供給が不足したり、被災地でも阪神淡路大震災を越える死者数が出ている。
という事実はご存知の通りです。僕も東京で色んなところを歩き回って電力不足、建物が法定による点検が必要で開けられない事、食糧不足などによってかつての都市の活気が失われてしまったところを日々実感しています。

だからこそ、そういう地震災害の復興に立ち向かう人間しっかりと見定めた上で『応援』すべきです。(が、別にする義務はありません。それを義務のように価値観を押し付ける人間には私は『猪突猛進』という言葉を送りたいと思ってます。)

  • 電力がなければ、GDPが電力がなくなった分とおなじくらいなくなる。

という危機感を持っていない人間が今回の地震で電力会社に『原子力発電所を止めろ』とか言い出す。(ガソリンで動くものだって元を辿れば、電気がないと製造できないものばかりですから、長期的に見れば電力の喪失はGDPの損失です。)←つまり、5年以上の単位で見れば、原発の廃止を大体の電力供給手段なしに呼びかけるという事は『日本人は3割分貧乏しなさい。たった数万人の何億分の一の死のリスクのために』というわけです。

次に原発への知識がない人が『チェルノブイリの再来』だと煽り立てる。(マスコミはIAEAの出した評価を使って、東電を悪役に仕立てようとしています。)←記者会見で東電のふだんは表に出る事になれていない口下手な人達を計画停電の件で野次りながら、質問していた事を私はこの地震騒動とともに一生忘れるつもりはありません。私は父に『金貸しになるな』といわれましたが、私は息子に『記者になるな』といいます。

ちなみに、原発事故に関するわかりやすい動画はこちら。(あまりよくわかってない人がおおいので。)


さらにはアメリカ側からの協力を拒否したと言う政治サイドのミス(見栄)。
その上に現場への不要なまでの介入が原発事故を大きくしています。

マスコミと政治は相変わらず、事の重大さを認識せずに犯人探しと足の引っ張り合いばかりやってます。

こんな時に自衛隊や米軍への反対運動をやっている集団もまた同罪です。今重要なのは何者かではなく、どうすれば、命とお金とモノの損失を防げるかと言う事なのではないでしょうか?

  • 『個人』という可能性でできた『集団』

今回、その点ではツイッター、ニコ動は重要な役割を果たした。

ニコ動はムードに酔っているだけの人もいるが、その一方でテレビのない家庭でもメディアの発信するニュースや海外からのメッセージを届けてくれたため、地震に対する情報を集めるのに大きく役に立った。(ただ、悪者探しで盛り上がる事やあまり調べられていない嘘の情報を流す事は止めていただきたい。)

ツイッターについては各地の食料状況・停電・地震情報がリアルタイムで届くので、ニュース以上に食料が有り余っている情報や地震に対する注意に関する情報が速く詳しく伝わった。(もちろん、ツイッターだけではできない事もあるが、複合して真偽を確かめながら使えば頼りになるツールだ。)

募金の運動も色んなところで行われている。(問題は偽者がいる可能性を疑わないため、こういう時に騙し取られる人が出る可能性ですが…)
有名どころではイチロー個人と麻生グループのそれぞれ一億円寄付。他にも売上の一部を寄付する企業やイベント、基金を受け付ける組織・募金を受け付けるブロガーなども続出。


計画停電も電力の使用が控えられたため、東京23区ではほとんど停電はしていない。(埼玉と菅側はしているらしいけど。)
食料も全国各地『買占め』が起こっているという話も出ているが、買占め以外にも食糧不足には理由がある。、供給サイドの人のツイートによれば『品切れ』や『パニック』を避けるために『今日の分』を決めて供給制限をしているとの事です。(それでも、売り切れている場合は被災地優先で供給しているため、もともとの量が少ないとのっことです。)


  • 日本人は本当に政治を見る目がない。

『政治ががんばっているのに、あしを引っ張ったり批判をするな』
と言う事を私に言ってきた人がいましたが、地震の対応には懸命にやっている部分よりもパフォーマンスが目立っている。(生産性のない目立つ演出)

青山繁晴氏もラジオの中で『菅首相では今の危機は乗り越えられない』というようにやらなくてもいい事をして、すべき事をしていないのです。

菅首相は災害に対して3人に新しい役職を加えました。が、節電大臣としてレンホーさんがした事はコンビニの視察ぐらいです。(実際にコンビニのパンを見ている写真を見た時は『はやく、仙台に油を届けろ』とパソコンの前で怒鳴ってしまいました。)

どさくさにまぎれて、問責決議を受けていたはずの仙石さんを入閣させるあたりも、危機管理能力としてはいかがなものかと思いました。(もし、仙石さんしか対応できる人が民主にいないなら、人材の層の薄さが浮き彫りになった形であります。逆に、仙石氏以外にも人がいるならば、なぜ問責決議をされたうえに、自衛隊が活動する現場で問題が起こっているのに自衛隊を『暴力装置』と発言したトンチンカンを大臣に指名したのかよく理解ができません。

  • まとめ

首相の対応策、メディアの作る悲壮感(雰囲気だけ)、食料が足りていないから送ろうと言う運動(足りないのは油)、募金をする事を強要する運動、みんながひとつになる事を呼びかける運動


支援正しい情報を伝える、高額な寄付をした団体・個人を評価する、政治に対してミスリードのないよう世論を発信する、地震に対する情報をしっかりと把握する、東日本を中心に地震への備えをしておく。


長くなりましたが、以上でおわらせていただきます。最後までのお付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ

地震イツモノート

地震イツモノート
著者:地震イツモプロジェクト
価格:1,500円(税込、送料込)