読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

これが醍醐味なのかな?


初めて会社説明会に行きました。エントリーシートでふるいにかけられて、説明会にこぎ付けた人達だったが、それがぞろぞろと来た。エントリーシートで落とされた人がいるとは思えないほど、人数が多かった。
本や各種報道でも有名なIT系の社長を見つつその人の話を聞いた。ビジネスの概要や今後の展開とその根拠についての硬派なお話でしたが、仮説や理論立てがしっかりした方だと思った。(風邪を引いていたこともあってか、プレゼン力はそこまで高いと思わなかったけど話としては面白かった。)

就活の醍醐味の一つって言うのは選考に関係する説明会に行くと実際に何千億、何兆というお金を動かしている社長にすらあえてしまうということ。これそのものがすごくいい経験で事業の説明が主な内容になってしまうが、これが創業者社長であれば、誕生秘話みたいなものも聞けるからまた面白い。でも、これが書きたくて、この日記を書いたわけじゃない。

今回、一番のラッキーは自分がやりたい職種の担当者がクライアントを招いて、パネルディスカッションをしていただいた点だ。
この類の仕事自体は一年前のビジネスコンテスト以降ずっと興味を持っていたことで、イメージを具体的につかむきっかけができた事はすごくためになったし、嬉しかった。何より、早ければ一年目の新人から担当の顧客を持たせていただける辺りも僕にとってはすごく魅力的で(もちろん不安もあり)、この企業に入りたいと素直に思った。*1
最後に見せてもらった動画をみても、給料を見ても、仕事内容を聞いても
僕は自分の成長が周りの得や成長に繋がるような真の意味でのwin-winの関係が構築できる場所で活躍できる人になりたい。
と素直に思っているので、この企業はまさに自分のやりたい事、ほしい物をしっかりと揃えた企業だと思いました。(以前から給料の高さから入れ込んでいた企業ではあったけど、給料とかそういうのだけじゃないもっと確固たる動機に変貌する機会になった事がすごくよかったと僕は思います!)

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

*1:問題は入館証に書く、大学名の欄が横の人が慶応と一橋だった事ですね。無名大学出身の俺がこいつら越えていかないとなれないって事