読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

映画版、マルドゥック・スクランブルを見て

映画の話

祝日に池袋の方に映画を見に行きました。タイトルの通りマルドゥック・スクランブルという映画です。

予告からしてすごく格好よく作画や雰囲気、更には音楽も好きだったので、最近見た酷い映画よりも期待できると思いつつ見に行きました。


原作はライトノベルで、漫画版も出ています。実は漫画版を1冊だけ読んだだけで原作についてはそんなに知らないのですが、かなり楽しく鑑賞できました。(マンガの方もライトノベル原作とは思えないほど、マンガとしてのレベルが高く面白いです。)


『感想』
すごくよかった戦闘シーン、脚本、声優の演技力、映画としての演出、音楽など全てがよかった。65分しかない映画なのですが、むしろ65分が充実してとても短いとか物足りないとか思わせないしっかりしたつくりでした。
・『脚本』については原作者の冲方丁自ら脚本を書くというこだわりよう。
・『声優』に関しても林原めぐみ若本規夫などアニメに興味がない人でも一度は聞いた事がありそうな豪華声優陣が出演。(実際声に関しては文句の一つもない。映画に引き込まれた。)
・作画に関しては車のアクションシーンや銃撃戦、大量のガラスが一度に割れたり、激しい爆発シーンがあったりと盛りだくさんだが、作画はすごく安定している。それどころか、何度かある繊細なシリアスシーンもすばらしい。表情が複線を作っていたり、揺らいだ感情をうまく表現しているシーンが満載。
・音楽はその時々で多彩に変化するも、激しい戦闘曲からしっとりしたピアノ曲までどれもすばらしい。主題歌はアメイジング・グレイスで歌が本田美奈子さんというところもすごくよかった。
原作をこれから読み始めたくなるほどのすばらしい出来だったので、興味がある方は是非劇場まで。…といいたいけど、後悔している映画館が少ないので、ホームページでチェックしてから行くといいでしょう。マルドゥック・スクランブル
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村