読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

今週のお題読書ノートを付けたかったので


高校の編入試験のときに当時の校長から『英語と数学はすごく優秀ですが、国語がよくありませんね。目標を持って本を読んでみてはいかがですか?』といわれて、当時僕は読んだ本を大学ノート1ページに感想やどんな本だったかをまとめる『読書ノート』を作りました。

実際につけた読書ノートのおかげで読んだ本の面白さを人に伝えたり、自分自身がこれだけの知識を持っているという自信になったと学校に通う電車の時間がすごく有益な時間に変わった。(学校自体は出来損ないでしたけどね。進学校を名乗った『お坊ちゃま学校』です。『ライ麦畑でつかまえて』の主人公のように大人がインチキに見えるんですよね。)
その時の読書ノートを『一人暮らしが安定してきた今こそ、再開したい』と思い、再開することにしました。しかし、やり方は大幅に変えました。しかし、紙では一枚につき一時間も二時間もかけてしまうことや自分の字の汚さから読み返さないというデメリットがあったので、あえてブログにしました。(欲を言えば、『耳をすませば』みたいに書いてちょっと経つと同じ人がコメントや星が付いてて『あ、またアイツだ』みたいな展開があると面白いなぁと考えたのもありますけど。)

ブログに付けてから驚いたのは昔は小説と新書が多かったのに、今は政治経済の本や自己啓発の本がかなり多くなったという趣味趣向の変化に気づいたことですね。(小説って読むのに時間がかかる上に外れてしまった時に後戻りがしにくいから忙しい時に読めない事が悩みですなぁ・・)←でも小説が最近読みたくて仕方ないです。
追記
今、読んでいる『新宿歌舞伎町交番』というノンフィクション作家の本が面白いので、ノンフィクションブームが僕の中で来るかもしれない。面白い作家がいたら是非教えてほしい。(その本はブックオフの200円コーナーをあさっている時に見つけたものです。)