読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

【2017年1月前半】久々に気になった画像とツイートをまとめるか…

まとめはうす-ツイートまとめ まとめはうす

データフォルダに保存するだけだと誰のイラストか忘れちゃうので、大量に保存したいイラストを見つけた時、気になるツイートを見つけた時はこういうまとめを作るんです。

続きを読む

男の子は、一度オタクを通らせた方がいい。その方が「オタク文化」を美化しないから

教育論 くねくね 恋愛・男女

少し前に、あきさねさんとご飯をした時。

あきさねさんは多少ガンダムを嗜む程度で、がっちりオタクというわけではない。

身なりにも気を使っているし、ロードバイクという健康的な趣味もお持ち。

オタク的なことも、ファッションも、ロードバイクも、野球も、グルメもイケる。

 

彼の会話の中に、「子ども時代にオタク的なものとどう向き合えばいいか」を考えるヒントがあったから紹介したい。

 

「最近のラノベはつまらなくなった」と早く言わせたほうがいい

続きを読む

マンガ「世界で一番、俺が○○」はアラサー男子のリアルな不幸を描き出す!

マンガ棚

「少女マンガとか、女流作家をもっと開拓したい。いい女性向けは、心理描写が深いし、女の子に憧れや妄想で割増してない等身大のかわいさを見いだせるから、もっと女性向けの作品を開拓したい。」

と思ってた矢先、すごくいい作品を見つけた。

 

それが「世界で一番、俺が○○」だ。

 

 

 

とは言え、「新しいものを開拓したぞ」なんて言うのはおこがましい話。

僕が知らなかっただけで、マンガ家歴20年の大ベテランのマンガを、今さら最新作を手にとって読んで、

「この作者、女性でしょ?なんで、こんなにアラサー男子の気持ちとかわかるの!妄想上の押し付けがましいイケメンではなく、ちゃんと男らしくクズでこじらせた部分を描けてるのがすごい!!

「BL作品が多い人なのに、BL臭いこってり感がなくて、男の俺でも読みやすいぞ!

と、熱中させてもらった。

あらすじ

「この中で一番不幸なのは○○だ」

 という話で盛り上がっていた小学校時代の幼なじみ3人組(ニートブラック企業外資系)のもとに、超常的なパワーを持つ女の子が現れる。年齢は全員28歳。

女の子は「セカイ」という公益法人の773号(※通称:ナナミちゃん)と名乗り、3人に「誰が一番不幸なのかを争うゲームをしてほしい。一番不幸な人には願いをなんでも1つ叶える」とゲームへの参加を促す。

 

そして、ナナミちゃんが不幸が毎日不幸の数値を測りに来て、3人の1日を覗いていく…という内容。

 

この記事では「この辺の心理描写が良かった」というマンガと関連しつつもぎりぎりネタバレにならないような話を書いていく。

続きを読む

俺がマンガランキングを作らない理由

アニメ マンガ棚

クレジットカードの人がこんな記事を書いてた。

Googleで「マンガ おすすめ」と検索すると、上位10記事のうち9記事がはてなブログという衝撃。SEO対策では長さと更新頻度が重要です。 - クレジットカードの読みもの

 

アニメランキングを作ってる僕が言うのも変だけど…マンガランキングってなんか作る気が湧かないんです。

 

上に掲載されてる記事もいくつか見たんです。

検索1位:絶対に面白いおすすめ漫画!今人気の話題作から殿堂入りの名作まで厳選紹介 - 心に火を、指先にペンを

検索2位:【随時更新】本当に面白いおすすめの神漫画ランキング100 - hacogaki

 

俺の感想としては「このレベルから薦めないといけない連中とマンガの話をしたくない」という内容。

そもそも、ジャンプ辺りのおもしろいマンガって、こんなブログに紹介されないとわかんないもんか?

ブックオフの100円コーナーのジャンプマンガから10巻以上続いているマンガを読めば、済むことをイチイチネットで調べる意味がまず俺にはわからない

続きを読む

恋を成就させたかったら恋愛本とか読むな!!〜恋愛オタクなんか永遠に、自己満足の螺旋をまわってろ〜

恋愛・男女 恋愛・男女-フィクションから学ぶ(?)恋愛 くねくね

「かくかくしかじか」がいい作品なのに終盤を読んだ時にもやもやしたので、読まないと決めてた東京タラレバ娘を試し読みした。

 

読まないと決めたのは、嫌いな女性恋愛ライターが相次いで推してる作品だから読む前から「ケッ」と思ってたことと、あらすじを読んだ時に「死ぬほど女々しいクソ女の話じゃないか!」と思ったから。

 

とは言え、かくかくしかじかで作者の力量は知ってるから「面白いなら買います」ぐらいの期待をして読んだんだけど…まぁ、ダメだった。

 

そして、タラレバ娘を読んだ途端に…っていうか、もう「タラレバ」言ってる30代前半が「娘」とか形容されているタイトルの時点で気づけよって話なんだけど

「この人達って大人になれない自分を悪くないとか、男のせいだとか言いたいがために恋バナしとるんやなぁ…恋が成就するとそれはそれで困る人らなんやな。」

と思った。

続きを読む
   Amazon.co.jpアソシエイト