読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいう私も青二才でね

知ってるか?30まで青二才でいると魔法が使えるようになるんだぜ?

まとめばかり作るブロガーの中でも、「調べれば作れるまとめ」ばかり作るやつはゴミ!!

ブログ論 ブログ論-ブログ上達ノウハウ

こんなブログを見つけた。

いい記事書けばブクマつくとか嘘っぱち!こんな嘘がまかり通るはてな界に物申すっ! 

 

…彼の言う「いい記事なのに、ブクマがつかなかった」がこれ。

要チェック!超おすすめのアニソン100曲をまとめたよっ!【神曲】 

 

彼の言う「悪い記事だけど、ブックマークがついた」のがこれ。

【2017年版】おすすめの邦楽ロックバンドなどベスト100を紹介します! 

 

僕の感想

f:id:TM2501:20170221100331j:plain

続きを読む

【レビュー70作品達成記念】レビューしたゲームを紹介していくよ、その漆

ゲーム-週刊フリーゲーム ゲーム

 1年ぶりに、紹介したゲームのまとめを作ります。

 

今まで紹介したゲームはこの2つの記事からどうぞ。

1〜50作目

 

 51〜60作品 

www.tm2501.com

 

それではいってみよー♪

 

総評:マニアックだけどずっしり来る作品がそろった10作品

今回、万人向けなのは「ニュースーパーフックガール」 で、あとは全部マニア向けという濃ゆいラインナップになってます。

 

フリーゲーム=ホラーゲーム」というイメージが浸透しつつあるご時世ですが、もっとゲーム性や作者自身のフェチズムを貫き通したコアな作品が集まってると思います。

 

ホラーゲームかじったり、RPGアツマールとかやって、

フリーゲームなんてこんなもんか」

とか思っちゃった人達が多分やったことないであろうゲームを揃えました。

 

 

61作目

 スマホゲーム「はらぺこフェアリー」がフワフワとお菓子の国を飛び回るよ^^ 

[ジャンル]電撃イライラ棒方式の避けゲー
[プレイ時間]1分〜(クリアだけなら一週間もみっちりやりこめば…)
[難易度]やりこみ度合い次第…。前半は簡単だけど、後半ややりこみ要素はむずい
[中毒性]一度ハマるとずっとやっていたいゲーム
[思い出]「電撃イライラ棒だ!!」と気づいた途端にすげー面白くなってしまった。ゲームとして動いているところが伝えられないからレビューでは全然違う紹介の仕方をしてるけど、このゲームは「ウッチャンナンチャンをテレビで見てた人達」の方が来ると思います。 

 

 

62作目

 フリーゲーム「Girls Carnival2」がそれはもう酷かった!!

[ジャンル]RPG
[プレイ時間]30時間ぐらい…(やりこみするなら100時間程度遊べる)
[難易度]ピリ辛(やり込むと激辛)
[中毒性]夜中にほろ酔い気分でゲラゲラ笑いながらやると…朝が来ます
[思い出]作者のゲームは3作目で、1作目・2作目がすご~く難しかったから腰を据えてやろうと、覚悟に覚悟を重ねてゲームに挑んだ。

 でも、いざフタを開けてみると、作者が「ネットスラングや女の子の楽しさを楽しむゲーム構造」にシフトしてたので、思ったよりすんなりクリアできた。(ゲーム中はそのことが不気味でしょうがなかった)

 

 63作目

フリーゲーム「賢者の塔」の作者はなかなかの賢者だった。 

[ジャンル]ダンジョン探索RPG
[プレイ時間]10時間もあれば終わる
[難易度]可もなく不可もなく
[中毒性]一部の(作者と趣味が合う)男性にはある。
[思い出]フリーゲームの紹介を長いことやってるが、「Read me」を読んでこんなに爆笑したのは初めてだ。

 

 

 

 64作目

 フリーゲーム「ザ・スクールジャック」、不謹慎の皮を被った王道RPGだった

[ジャンル]ジェノサイド系RPG
[プレイ時間]10〜50時間(個人差がある)
[難易度]けっこう大変!!アイテム・ギミックが多彩すぎる。推理も操作技術も、RPG的な計算力も求められるから大変。
[中毒性]ブラックユーモア、不謹慎さを愛せるかどうかによる。
[思い出]2014年にこのゲームを出してきたVIP紅白はすごい!!インターネット全体にライト層、女性が入ってきている時期に、こういうおっかないものを出してくるところがすごい!!!

 

だから僕はインターネットを愛しているんだ!」と再確認した作品。

 

 65作目

 フリーゲーム「武器に願いを2」は、マクロとミクロのそれぞれから戦争を描き出した傑作である! 

[ジャンル]ボードゲーム型戦略SLG
[プレイ時間]2〜10時間(得意不得意で差がつく)
[難易度]ルールを理解してるかどうか次第。ルールを把握して効率よくプレイできるまでに時間がかかる。
[中毒性]もっとやりたいと思う頃に終わってしまう程よい塩梅
[思い出]フリーゲームの世界には「この作家さんはインテリだなぁ〜」と感じさせてくれる人が何人かいる。その一人が、このゲームの作者さん。
その頭の良さに応える形で、ゲームのメッセージ性を僕ごときが注釈する形で、フリーゲームレビューでは異例なほどに政治的メッセージ性があるレビューを書いた。

…そういうことを僕にさせる…しないとゲームの魅力がきちっと伝わらないと感じるような作品はそんなにしょっちゅう会えるもんじゃない。

 

 

66作目

 スマホゲーム「魔王ドミノの倒し方」がありそうでなかった、ドミノ倒しゲームだった!! 

[ジャンル]ドミノ倒しゲーム
[プレイ時間]1分〜(1日もあれば、全ステージクリアできるはず)
[難易度]終盤以外はゆるめ。終盤だけいい感じに難しい。
[中毒性]ある!!実際にやるとめんどくさいし、変化がつけにくいドミノ倒しをゲームにするという発想がいいね!
[思い出]やったことないゲームだったが、いざドミノを倒しきると爽快。あと、ヒロインがかわいい上にドジっ子というのがツボでよかった。

 

 

 67作目

 フリーゲーム「幽獄の14日間」から脱出するために、魔獣を倒そう!!

[ジャンル]脱出ゲーム型RPG
[プレイ時間]1周4時間程度。
[難易度]やや高
[中毒性]好みの女の子がいるかどうか次第(僕は趣味被ってるから、ドハマリしてます)
[思い出]HeroandDaughterのライトさ、敷居の低さが流行ったあとに、同じようにハーレムで自作イラスト構造だけど、中身がずっしりしたこのゲームが出てきたので「あーわかってらっしゃる」という、手を合わせるような気持ちでプレイさせていただいた。

 

Hadも好きだけど、Hadで補いきれなかった僕の欲を補ってくれる作品ですげー良かった

 

 68作目

 フリーゲーム「ニュー・スーパーフックガール」を操って、最果ての地までたどり着け!! 

[ジャンル]フックアクション
[プレイ時間]30時間ぐらい…??(個人差あるし、やりこみ要素もあるから、目安を示すのが難しい)
[難易度]むずい!!腰を据えて取り組むべし!!!
[中毒性]めちゃくちゃ強い!!ゲームがクリアできたりすると、さらにハマる!!!
[思い出]やればやるほど、とにかくアクションゲームの腕が上がっていくゲームだったから、「できるか!!」といつも思うんだけど、いつもいつも練習すればできてしまうため、「難易度調整がうますぎる!」と感動しっぱなしだった。

 

 

 

 69作目

フリーゲーム「ラハと魔法の園〜the graystory〜」の謎に迫れ!!

 

[ジャンル]ノベル型RPG
[プレイ時間]10時間前後。(やりこみとかはない)
[難易度]ややゆるめ。
[中毒性]おたくっぽいものばかりやってる人には新鮮さがある作品。シナリオやキャラクターがおたくとはまた違う形の構造で作られてるから、そこにハマると、ずっとやっていたくなるゲーム。
[思い出]正直言って、最初はあんまり好きじゃなかった。ただ、ゲーム終盤のたたみ方を見た時に、あるいは作者自身がゲームをプレイしてもらうために、ホームページをつくり込んだり、レビューや実況動画をチェックしたり、熱心に取り込んでいるのを見て…更には続編まで作られて、結局はどっぷりとハマってしまった。

 

「作品と作家を分けろ」 と言う人がいるけど、僕はわけてないです。

レビューに理解のある人の作品、ゲーム内の知的さをツイートやブログからも感じさせてくれる作者は応援も優遇もしたくなる。

 

これは「幽獄」の饗庭淵さんにしても、ニュースーパーフックガールのアカウントにしても、このゲームの作者であるコトノハさんもみんなそう。

 

 70作目

 フリーゲーム「盗人講座」で天下の大泥棒を目指そう!! 

[ジャンル]盗人SLG(ちょっとだけRPGもあるよ)
[プレイ時間]5時間前後
[難易度]割と簡単。
[中毒性]世界観にハマる!!オタク的でもオマージュ的でもない小ネタが多くて散策したくなる。
[思い出]古すぎて新鮮というか、自分が小中学生の時にはもうこんなゲームができてたってことにすごく感動した作品。

 

 

 

 

 

では、80作品目で会いましょう♪

「球詠」というマンガは、野球経験者ほど目新しく見える野球マンガである!!

マンガ棚 野球

今日紹介するマンガはこの「球詠」。

  

 

 

野球ファンには違和感のあるマンガだと思う。

 

…というのも、
ミニスカートぐらいのスカート丈でバッテリー・打者・審判と役割分担して野球をしたり…

f:id:TM2501:20170217215209j:plain

 

 

半袖に、ホットパンツみたいなユニフォーム*1で打席に立ったり

f:id:TM2501:20170217215555j:plain

 

(本物のソフトボールや女子野球のようなゴツい選手がいなくて、)全員華奢な女の子達が野球をするマンガだから、すご~く違和感があると思う。

 

「 野球」というくくりにこだわりのない萌えキャラに慣れたオタクたちは

いかにもな二次元美少女が野球してるだけじゃないか!作品のどこが斬新なんだ?

「野球の本来の形なんかどうでもいい。女の子の太ももが堪能できるいいマンガじゃないか!!」

と思うかもしれない。

 

でも野球マンガってモノを見慣れてるとだ!!
野球マンガってジャンルは基本的に登場人物が男で、しかも極端なギャグにするか、作者の生々しいほどの実体験を語るかで、普通はこんな野球マンガ存在しないんだ!!

 

そんなセオリーをぶち破ってだ!!

野球こそしてるけど、こんだけ雑で・不自然に…そして、そのことがかえって目新しく見えてしまう…不思議な魅力を持ったマンガに仕上げたことが、僕はすごいと思った。

*1:ソフトボールには半ズボンのユニフォームはあるけど、ここまで短くない。女子野球は長ズボン

続きを読む

おごってもらうためには、「1キャバ」という単位を覚えておくといい

オピニオン くねくね 恋愛・男女

フォロワーさんからこんなツイートが回ってきた。

 

違うよ!
人にご飯を奢る/奢られるって関係性そのものが、「キャバクラ」なんだよ。

「女だから、美人だからおごってもらえる」はウソ

いい話し相手、楽しませようと気を使ってもらえる相手を見つけたい時に、「その場のお金を出して気を使ってもらう」という男性側の作法なわけ。

友達でも恋人でもない相手と喋るのは、それなりに体力を使うことだから、それをお金で負担してでも話し相手を見つけるシステム…それが、「奢る」という行為の本質だ。

 

よく思い上がった女性が「自分が美人だからおごってもらえる」「レディーファーストだからおごってもらえる」と思ってるようだけど…それは全然違うからね?

 

先日、梅木雄平というITの偉い人がおごり前提で誘ってきた女性の態度が気に食わなくて怒ってた。

 

鮨さいとうを後にして、女はこう言った。

美味しかったね。でも、前の方が美味しかったかな(笑)

・女から『鮨さいとう』に誘ってきて
・会計はもちろん男持ちで
・前の方が美味しかったと言われる

おそらく、並の男であれば、二度とこの女と会うことはないのではないか。

料理の味は自分とは関係ない。しかし、ご馳走した方は、ご馳走された人に「イマイチだった」と言われると、自分自身も否定されたような気にならないだろうか。自分自身の店を選ぶ選球眼が悪かったのかな、とも思う。

しかし、今回は「女が店を予約して」「会計は男持ちで」「そして前の方が美味かったと言われる」。

レストランデートにおいて、こんな3連コンボを決められることなど、人生そう何度もあることではない。

 

鮨さいとうに、誘う女|梅木 雄平|note

 

こういうことだよね。

おごるというのは「なんだその態度は」って相手に不平不満を言ってもいい権利でもあり、相手にこちらの不満を言わせない権利を買うことでもあるからね?

つまり、「ディスコミュニケーションの先払い」という理由もあるわけ。

 

最初に、僕は「おごる/おごってもらうことはキャバクラだ」と言った。

でも、なぜ男達はキャバクラに行くのだろう?

 

それは、男にとって「酒飲みながら女の子と話したい」ってのが理由として一番シンプルで、話の取っ掛かりがつかみやすいから。

 

本当は占いでもカウンセリングでもセミナーでも料理教室などの習い事でも「怒らない他人とおしゃべりする空間」は確保できる。
でも、(スキルの上達ではなく、女と酒を飲んだ時点で目的が達成されるので)コストパフォーマンスを最も考えなくていい。
しかも、対面式のサービスと違って、いきなり大勢を連れていける場所だから、酒と女とボーイさんがいるお店を選ぶ。

 

これが女性とか、若い女性と会話するのにお金を払わなくてもいい状態にある(または話し相手とは別のことを期待してる)男性とかだったら、習い事をしたり、その道の専門家だったり…そういう形で話し相手を見つけてお金を払うんだけどね…。

 

ただ、自分が「ブログレッスン」という形で人に会うと、客層によって次のような傾向がある。

女性の場合は話すことで目的が概ね達成されているから、成果より継続性を求められる。

一方、若い男性は自分に見合ったペース(厳しすぎない程度に)結果を求めてくるからリピーターになりづらい。

 

話し相手に出せる金額はだいたい「1キャバ」である

僕は「ブログレッスン」と称して、ご飯をおごってもらう代わりにブログを教える活動をしている。

 

前提としては、「ランチ」だったんだけど、結構な割合でディナーをおごってくれたり、ランチはランチなんだけどかなり良くしてくださったり…ということがある。

 

僕は

「ブログを頑張って誰もが儲けられる金額なんかせいぜい1〜3万だから、その中から負担にならない/後に回収できるぐらいの2000円程度でレッスンをやろう

と思ってたが、世の中の人は全然違う考え方だったみたい。

 

「人と会ってお話するような仕事は、多くの場合5000円ぐらい払うから、そのぐらいかな」
「見ず知らずの人に出せる予算は1キャバ(1万円少し。キャバクラ1回分)ぐらいだね」

とか思うのが、普段から赤の他人との交際費を出している人達は思うようだ。

 

若い男性・女性の基準は5000円、中年男性は1キャバ。

いずれも複数名の証言と、僕が出していただいた金額を参照した上で言ってる。

 

それどころか、中年男性については

「知らない他人に払える金額は…1キャバだよね」

おっさんが知らない人に話を聞いてもらう場所…言いたい放題しゃべれる場所は君のブログレッスンを買って飲みに行くか、キャバクラに行くかなんだ。で、若い女の子とは話題が合わないから、若い後輩を誘って飲みに行くんだ」

というほとんど同じ証言を頂いている。

 

 

これは僕の実感とも一致していて、

結局、人に会って物を教えるサービスは5000〜10000円きちっと出せる(出す習慣がある)人の間でしか浸透しないんだなぁ〜

と、自分がおごってもらってサービスを提供する側として、よく思う。

 

 

僕がブログレッスンを始めたのはインターネット(ブログ文化)の未来のために、

若い子にスキルや知識を教えていこう

という試みでやってるけど、その期待通り続いた人は少ない。

 

少ない若者も、やっぱり投資をケチらないタイプの人で、支払いが僕の期待よりごきげんで、結局5000円とか1キャバとか払ってくださる。

 

僕も最初は

「男性で、デブで、社会的地位もない若者がご飯をおごってもらうことなんかできるのか?別に、僕を口説き落としたって、何も面白くないけど」

と思ってた。

いざフタを開けてみると、大事なのは「他人と話をするためにお金を払う市場」の存在を理解することだった。

 

確かに、女性は相席屋ができたことで、「女に生まれたってだけでご飯をおごってもらえるシステム」ができたよ?

しかも、居酒屋どころかフレンチまでできてるからねぇ…。

全国の相席フレンチ一覧|相席ナビ

 

フレンチだけで134件…ジャンル問わないなら1600件以上全国にあるんだって。

 

ただ、おごっている側の男性は「善意」でおごってるんじゃないからな?

おごった分話しかけてくるだろうし、おごった分それなりの態度というか「許してもらえるだろう」みたいな感情を持ってくるからね?

そのことについて理不尽だとかなんだと言うのは間違ってるし、ましてや「かわいいからおごってもらえる」みたいな思い違いをしてるなら尚更だからな?

 

おごってもらうにはおごってもらうなりの怖さがあるし、その怖さから逃れようと思ったらその人にしかない価値を作らないと難しい。

いや、「誰でもいいから」とか「女であることだけに価値を感じてもらえればいい(あっちも顔と体にしか期待してないだろうからそこを駆け引きしていけばいい)」とか言ってるなら僕は止めないけど…おすすめできないんだよなぁ〜

 

いい関係を長く続けようとしないで、そういうお店に入り浸るのは「クズとクズのクレクレ対決」にしかならないから…人格も考えも精神もやせ細っていくだけだから、とてもおすすめできない。

 

 なれないコミュニケーションを続けてしまった結果、病んでしまった北条かやさんのデビュー作もそういえば、キャバクラに関するものだったなぁ〜。

 

 

・関連記事 (現場に行かないとわからない話)

ご当地アイドル:宮内桃子さんと共演して、焼き肉して「大人の世界」を見てきた話 

 これもブログレッスンがきっかけのお話。アイドルの撮影現場をみることができるとは

「二次元最高」でかつ、「三次元めんどくさい」と思ってる4つの理由。

オタクやってみると、二次元最高という人の気持ちもちょっとわかる。コンテンツを見た時間や、集めたお金の分相応のコスパが保証されてるから、「二次元最高」はある意味正しい気がする。

 

 

主要なSNSを12球団に例えてみた

ネットウォッチ 野球 くねくね

本編に入る前に

ツイッターで主要なSNSを戦国武将に例えたところ、意外と反響があった。

 

 

ざっくり解説すると

はてな(毛利家)…天下取る気がないが、死なないから。小さい敵と戦う分には強くて、勢力も地道に拡大しているけど、大きな敵と戦うと本家を裏切ったり、脱藩する人が出てきてしまうから。

mixi(今川家)…栄華を誇ったのに、ほとんど自滅に近い形で滅びたこと。織田家(Facebook)に滅ぼされたことに加え、mixiInstagram(徳川家)のユーザー層が近いため。

ニコニコ(武田家)…一時期は最強の人達が集結してたし、伝説も多く残しているのに、途中加入のエリートな役員と昔からの現場叩き上げの人が内輪もめして、ズルズルと衰退していくから。

また、その時代の人材がニコ動の衰退と同時に引退または各方面に流出した人材バンクポジだから。

ライブドア(上杉家)…カリスマ的な指導者がいなくなった途端、グズグズになったから。何かと大きな敵に喧嘩を売るから。

Facebook(織田家)…mixi(今川家)を倒し、ツイッター本願寺)にも媚びず、「覇道」を貫いてるから。

ツイッター本願寺)…Facebook以外は全勢力が

Instagram(徳川家)…mixi亡き後、大学生にとっての後釜ポジでかつ、Facebookと本質的には同じ勢力だから。

 

 

 

スナップショット(伊達家)…おおよそ天下が決着した段階で登場してきたから。

2ちゃんねる…大勢力のくせに天下取りに参加せず、大勢力ゆえに最後まで独自路線だから。また、人材が脆いくせにプライド高いから。

Ameba(島津家)…金太郎飴顔負けに活動している人が変わらないし、勢力も拡大しないから。また、一部の層にはここしかないという場所だから。
YouTubeGoogle(朝廷)…誰が天下を取ろうが、権威が揺らがないし、かといってSNS戦国時代ではそんなに強い存在でもないから。

 

 

ここまでがツイッターの続き。

ここからはブログオリジナルのネタ。

 

主要なSNSを12球団に例えてみた

まずはセリーグから

セ・リーグ

巨人ジャイアンツ…GoogleYouTube

未だに無視できないけど、かつてほどの勢力はなくなったインターネットの巨人。

動きがあるとみんなが話題にすること、宗教じみてるほどに熱狂的なファンがいるのも共通している。

 

阪神タイガースツイッター

一部地域では熱狂的なファンがいるし、「巨人(検索)なんかなんぼのもんじゃ~い」とか言ってるけど、ほとんどの場合は実態が伴わないところが似てるから。

 

あと、阪神に川藤がいるみたいに、ツイッターにも他から見たら理由がよくわからない有名人がいるのも似てるから。

 

ただし、たまにすごい爆発力で社会現象を起こして、巨人を超えてくる時があるところなんかも、阪神ツイッターは共通してると思う。

つーか、勝っても負けても虎命(儲かっていようが、いなかろうがツイッター)ってところもすごく似てる。

 

ヤクルトスワローズ…Ameba

有名な人をいっぱい出しても話題にならない、地味に実績がいいのに評価されない…その辺が似てるからここ。

 

横浜DeNAベイスターズDeNA

勝つ時には一世を風靡しながら、話題になりながら伝説を残すけど、負けてる時がやたら長いし、他の球団では考えられないほど酷い負け方をするから。

 

あとはDeNAベンチャー歴が長くて人材バンクっぽくなってるように、ベイスターズにも「横浜を出る喜び」というのがあるから。

 

広島カープ楽天(ソーシャルニュース、Infoseek、Room)

話題にもなるし、力もあるし、固定ファンもいるんだけど、その分アレなエピソードも多いから。

 

また、強くなろうが弱くなろうが、そこでしか出てこないような話題が出てきたり、楽天経由で出てきた人が話題になる人材バンク感から。

 

中日ドラゴンズ2ちゃんねる

歴史的に安定した強さを持っているけど、最近は勢力が弱くなってるから。

 

あとは、独自路線を貫いていて巨人にも阪神にも与しないところがそれっぽいので。

 

パ・リーグ

ソフトバンクライブドアNAVER

外からの人を多く取り込むこと、生え抜きのユーザーによるコンテンツでトップに立ってることなどから。

 

あとは昔(ホリエモンの時代、南海時代)の伝説を語る人がやたらと多いから

 

日本ハムFacebookInstagram

近年急速に強くなったこと、強くなっても他のユーザー層とは別のユーザーが話題になっていることから。

 

また、なにかとメディアウケがいいところから。

 

ロッテ…はてな

勝とうが負けようがあんまり話題にならないから。

地味に強いのに、強いとか全然言われないから。

 

また、地味にすごい人がいっぱい在籍しているのに、それも話題になりにくいから。

もっと言えば、すごい人が出ても話題の中心になるようなところからお呼びがかかりにくいから。(首位打者の角中も、ゴールデングラブ賞の田村もWBCに選ばれてない)

 

そのくせ、ロッテファンや選手は独特の文化というか、球団愛があって振りかざさないし、振りかざしても話題にもされないけど、芯の部分でそれにこだわってるから。

 

楽天…スナップショット

新興勢力だから。あとは、今までにない層を開拓してることから。

 

オリックス…ニコニコ

強い時にはすげー強かったけど、今ではその影すらないから。

 

しかも、見る影がない理由が「フロント(運営)の自滅」というところが悲しいほどダブっているから。

 

そのくせ、勝って欲しいと密かに祈ってる(どうせ勝たないことも重々理解してるから望んでもない。ありえないと思いつつ祈ってる)ファンの卑屈さというか、やりきれなさがなんかもうね…。

あとは、昔話した時の方がファン同士で盛り上がってしまうところとか…。

 

西武ライオンズmixi

昔強かったこと、勝てそうなサービス(選手)が揃っても勝てなくなったこと、本拠地が僻地であることなどの共通点から。

 

・おまけ

近鉄バファローズ…FC2

勝つとか負けるとかじゃなくて、伝説だから。

 

他の12球団にはないようなどうしようもない伝説が多すぎるから。

 

しかも、伝説を語ると男(おっさん)が熱くなるという変な共通点が。

 

 

 

お粗末さまでした。

 

 

・関連記事(ツイートネタ)

メロスの心がけ1つで #名作をいきなり終了させる - かくいう私も青二才でね

面白いハッシュタグだからまとめました。

【MVP記念】第二回新井さんクソコラグランプリまとめ - かくいう私も青二才でね

野球×ネットといえば、新井さんクソコラグランプリでしょ!!

 

 

スポンサーリンク